こちらのは募集が終了しています。

  1. 眠っている本・DVD・スマホで、スンバ島の子供たちに絵本を送ろう!

    更新日:2017/06/10

    眠っている本・DVD・スマホで、スンバ島の子供たちに絵本を送ろう!

    特定非営利活動法人 地球の友と歩む会
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    fe048ed247-online_international_recruiting_60692main.jpg

    ご自宅の古本やCDを送ると買い取り金額が寄付されるシステムです。

    活動テーマ
    • 国際交流
    • 自立支援
    募集対象

    国際協力に興味のある方。
    子どもが好きな方。
    不要な本、CD、ゲーム、スマホ等がご自宅にある方。

    ぜひ、御参加くさだい!

    注目ポイント
    • ご自宅のいらない本やCDが、本を読む機会のない子供たちのミライにつながります!
    • 本を読むことで、スンバ島の子供たちが学校以外で学びの機会が得られます!
    • せっかく小学校で学んだ文字。読むことの楽しさや喜びを知ってもらえます!
    物品の種類
    • 古本
    • 中古CD/DVD/ゲーム

    募集詳細

    古本6冊で絵本一冊

    古本20冊で世界中の子どもに読まれている名作を1冊購入できます。


     スンバ島には本屋さんや図書館がないので、子どもたちは本に接する機会がありません。現地のNGOが本を集めて事務所の前を開放し、子どもたちが読書を楽しめるようにしていますが、まだ蔵書は多くありません。

     古本募金は皆様のご自宅にある不要な本やCDを古本業者(きしゃぽん)が買い取り、その買い取り金額がLIFEへ寄付されるシステムになっています。その寄付金でLIFEがインドネシア語の子供向けの本を購入し、現地NGOへ届けています。

     スンバ島の農村部にはまだ水道設備がありません。子どもたちは学校から帰ってくると、川に水を汲みに行きます。毎日家族のために水汲みを頑張るスンバ島の子どもたちに古本募金でいただいたご寄付で本をプレゼントしたいです。

    LIFE事務局長から現地NGO代表へ子供向けの本を手渡す。


    ☆きしゃぽん申し込み方法☆
    ①お電話:0120-29-7000
    「地球の友と歩む会に寄付したいのですが・・・」とお伝えください。



    ②Web申し込みはこちら
    WEB申し込みへ

    • 901aa626e8-1917471_10205370468853367_1394127615548576649_n.jpg

      子ども図書館で本を読む子どもたち

    • 7d49d049be-1917522_10205370468333354_4144998066443475524_n.jpg

      水汲みのお手伝いをする子どもたち

    • a522f1cacb-CIMG3249.JPG

      水汲みのお手伝いをする子どもたち

    • 80b226d8c0-CIMG3249.JPG
    • 32bf54513d-1917522_10205370468333354_4144998066443475524_n.jpg

      子ども図書館で本を読む子どもたち

    体験談・雰囲気

    このの体験談

    年末の大掃除やお引越しの時などに古本募金をご利用いただています。要らないものがスンバ島で役に立っていることを皆さんとても喜んでくれています。

    このの雰囲気

    要らない本やCDを5点以上箱に詰め、電話やウェブサイトから集荷の申し込みをします。集荷は無料です。


    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    特定非営利活動法人 地球の友と歩む会

    代表者

    米山敏裕

    設立年

    1986年

    法人格

    NPO法人

    地球の友と歩む会の法人活動理念

    「水・緑・人で国際協力」をテーマにインドとインドネシアの農村で活動をしているNGOです。

    次の理念を掲げています。

    1. 同じ地球に住む全ての人々との相互理解と協力を推進し、平和な住みよい社会の創造、豊かな自然環境の保全に貢献する
    2. 前項と共通の目的を持つ人々が集い、自発的に活動に参画することを通して自らを向上させる事ができる場を提供する

    地球の友と歩む会の法人活動内容

    南インドとインドネシア離島を支援し続けて、2016年に当会は設立30年を迎えました。

    その間、インドとインドネシアの経済発展は著しい成長を遂げました。都市にいけば、そこには日本と変わらない生活水準を過ごしている現地の人たちもいます。


    しかし、インドネシアの首都から離れた離島には、道路やインフラ整備が追い付いておらず、電波も届かない場所があります。そこで暮らす子供たちの日課は、往復2時間かけて水汲みをしてから学校へ行くこと。靴を持っていない家庭も多く、舗装されていない道路を裸足で歩きまわる子供たちがいっぱいいます。伝統的に自給自足の生活を行っていた村人は、意図的に家畜や作物を増やす方法を知りません。開発で森が消えたスンバ島では、環境変化による蝗害も頻繁に発生し、村人の生活を脅かしています。


    かつては香木として名高い白檀が自生する豊かな森があったインドネシアの離島のスンバ島。

    島の学校。遠い子はサンダルや裸足で片道2時間もかけて通学。

    水汲み中の女の子。この島は森が少ないせいか、岩肌がこのようにむき出しの場所が多いです。


    インドの農村部も、厳しい状況に置かれています。インフラが整っていないために、雨季に降った雨を留めることが出来ず、乾季に農業が出来ない村人がいます。乾期は出稼ぎに、男たちが都市部へ出稼ぎ労働をしにいきます。女性は、村の外で働くことに強い偏見と抵抗感があり、村の中で仕事がない農家の女性は、乾季が終わるのをただまつしかありません。また、南インドの中学進学率は高い水準を保っていますが、高校進学となるとお金が足りない家庭が多いです。親世代はお金を借りででも進学させようと必死です。


    「ずっと農業をしているからノウハウはあるんだ。でも水がないと農業できない。」

    「子供を高校に行かせたい。でも農業だけでは足りないの。村の中に工場があったらな・・・。」


    「私は学校に行けなかった。だから子供は高校に進学させたいの。でもお金がない・・・。」


    問題解決に向けて、私たちは以下の取り組みを行っています。


    水:井戸や用水路などの給水設備を整えて水の安定供給を図る

    緑:土壌流出や環境改善、生活向上のための植林を行い森を増やす

    人:お金のかからない自然農法や、職業訓練を行い収入向上を目指す


    水・緑・人 この関係性のバランスが取れるように、現地NGOと協力して問題解決に取り組んでいます。


    地球の友と歩む会のボランティア募集

    地球の友と歩む会の職員・バイト募集