こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 大阪のボランティア募集一覧
  3. 大阪での国際系ボランティア募集一覧
  4. 【10/13(木) 大阪】変わりゆく世界の難民問題ーシリア難民支援の現場から

更新日:2016/10/25

【10/13(木) 大阪】変わりゆく世界の難民問題ーシリア難民支援の現場から

特定非営利活動法人 難民を助ける会
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「難民を助ける会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

d83a085b0b-AAR_1.jpg

NHK二村伸氏とNGOスタッフが、難民問題の潮流と現代の「難民」の姿を語ります

活動テーマ
開催場所

大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール
(大阪市北区中之島4-3-53)
https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/

必要経費

無料

無料

募集対象

難民問題や難民支援に関心のある方、どなたでも大歓迎です

注目ポイント
対象身分/年齢

募集詳細

今、シリア危機などによって、難民の数は戦後最大に膨れ上がりました。

世界はその対応を迫られており、日本の私たちも例外ではありません。

では、現代の難民とはどんな人たちか?

「難民は難民キャンプにいる」「食料や住居の支援を求めている」といった、これまでのイメージだけを基にしていては、

難民問題を考えていくことはもはやできないほど、実態は多様化しています。

NHKの二村伸氏から、世界の難民の潮流をお話しいただくとともに、

国際協力NGOの景平義文が、シリア難民支援の現場から見える現代の難民の姿を語ります。


【日時】2016年10月13日(木)午後6時30分―午後8時30分
【会場】大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール(大阪市北区中之島4-3-53)
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分、ほか
【参加費】無料
【定員】180名(先着順) 事前にお申込みください
【主催】大阪大学/AAR Japan[難民を助ける会]


登壇者プロフィール

event1603_1975_nimura shi.jpg

二村 伸 氏 にむら しん(NHK解説副委員長)

1980年よりNHK記者として国際報道に携わり、東京の他、テヘラン、カイロ、ボン、ベルリン、バンコクに駐在し、

中東・アフリカ情勢や欧州政治、東南アジア情勢、難民問題などを取材。

イラン・イラク戦争、湾岸戦争、アフガニスタン攻撃、イラク戦争、アフリカ各地の紛争を戦場から伝えた。

2009年より解説委員。現在は解説副委員長。大阪外国語大学(現大阪大学)出身

event1603_1975_kagehira.jpg

景平 義文 かげひら よしふみ(AARシリア難民支援統括)

2012年よりAARでトルコにおけるシリア難民支援を担当。年間の半分をトルコで活動し、

日本ではNHK総合「ニュース深読み」、BS朝日「いま世界は」などに出演、

シリア難民の窮状を伝え続けている。大阪大学出身

法人情報

特定非営利活動法人 難民を助ける会

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

理事長 長 有紀枝

設立年

1979年

法人格

認定NPO法人

難民を助ける会の法人活動理念

1979年にインドシナ難民支援を目的に日本で生まれた国際NGOです。特定の政治や宗教に偏らず、多くの方々からのご寄付に支えられ、現在は、17ヵ国で活動しています。紛争や災害などの困難に直面した人々へ、「困ったときはお互いさま」の精神で直ちに支援を届けるとともに、誰もが生命や生活を脅かされることのない社会を目指した活動をしています。

難民を助ける会の法人活動内容

AAR Japan[難民を助ける会]は、難民や自然災害の被災者への緊急支援などを実施しています。現在は日本を含め、世界17ヵ国で活動中。内戦が続くシリアの国内に取り残された人々に食糧支援を実施し、トルコに逃れてきた難民には生活に必要な法的相談に乗り、語学教室などを提供し、なかでも戦闘に巻き込まれてけがをした人や生まれつき障がいのある人には車いすなどの歩行補助具やリハビリを提供しています。またギリシャでは、一人で逃れてきた身寄りのない子どもを保護しています。ケニアの難民キャンプでは、南スーダンなどから逃れてきた人々を支援。難民の多くを占める子どもたちの教育支援を実施しています。国内でも東北と熊本の被災地で支援を継続中です。こうした緊急支援のほか、障がい者支援や地雷対策なども行っています。例えば、ミャンマーでは差別や偏見などのため教育を十分に受けられず、家にこもりきりになりがちな身体に障がいのある人が、就職して自立できるよう、職業訓練校を運営。地雷被害がもっとも深刻な国のひとつであるアフガニスタンでは、地雷の事故にあわないための教育活動や地雷除去支援をしています。

難民を助ける会のボランティア募集

難民を助ける会の職員・バイト募集