こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 7年目を迎えた「いま」の東北を知っていますか?

    更新日:2017/06/05

    7年目を迎えた「いま」の東北を知っていますか?

    Youth for 3.11
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    1-singly_environment_recruiting_5532main.png

    東北の仮設住宅でボランティア!現地の方々・高校生・大学生・留学生・社会人の交流あり!

    活動テーマ
    活動場所

    宮城県牡鹿半島、石巻

    必要経費

    無料

    5月活動
    交通費: 約15,000円
    宿泊費: 約2,000円
    食費: 約5,000円
    活動協力費:1000円 (ボランティア派遣事業の経費に充てさせていた大ております。)

    【ICU生に朗報!】JICUFより交通費・宿泊費の全額補助があります!
    【高校生にも朗報!】Youth for 3.11より交通費を最大1万円支給します!
    【明治大生にも!】東北支援活動には最大10,000円の補助があります!

    募集対象

     ・現地の状況を知りたい方!
     ・お年寄りのお話しを聞くのが好きな方。
     ・お掃除が好きな方。
     チームあすなろの活動では、外国からの留学生の参加が多く、外国からの留学生との交流が可能です。また、社会人や現地の方と共に活動するため、学校の生活では接点作りが難しい人たちとつながる機会もあります!

    注目ポイント
    • 現地で盛んな漁業体験ができる!
    • 顔の見える復興支援!

    募集詳細

    ※最新の情報、詳細はをご覧ください。

    〇活動日程と活動内容

    5月の活動 5月19日(金)〜5月21日(日) 仮設のお掃除とお茶っ子
    6月の活動 6月23日(金)〜25日(日) 海鞘の養殖お手伝い
    7月の活動 7月21日(金)〜23日(日) 網地島 桜並木復活のお手伝い
    びっくりするほどきれいな海での海水浴付き!!
    8月の活動 8月 4日(金)〜 7日(月) 気仙沼大島
    ホタテの耳釣り作業お手伝いと気仙沼みなと祭り見学
    びっくりするほどきれいな海での海水浴付き!!
    9月の活動 9月 8日(金)〜10日(月) 仮設のお掃除とお茶っ子
    10月の活動 10月13日(金)〜15日(月) 仮設のお掃除とお茶っ子
    11月の活動 11月10日(金)〜12日(日) 仮設のお掃除とお茶っ子
    12月の活動 12月 8日(金)〜10日(日) 仮設のお掃除とお茶っ子
    仮設住宅の方との懇親忘年会
    2018年
    1月の活動 1月19日(金)〜21日(日) 仮設のお掃除とお茶っ子
    2月の活動 2月9日(金)〜11日(日) 仮設のお掃除とお茶っ子
    3月の活動 3月16日(金)〜18日(日) 仮設のお掃除とお茶っ子


    〇活動内容

    チームあすなろの活動内容は主に、「漁業支援」と「心のケアの場作り支援」の2つです。

    わかめの加工や出荷作業のお手伝いをしたり、

    仮設住宅でのおしるこ落語会や音楽会など様々なイベントの手伝い、仮設住宅内の掃除の手伝いをします。

    地元の方や社会人ボランティアの方と関わりながらボランティア活動をするため、

    自分の目で現状を知るだけでなく、さまざまな視点から東北の今を知ることができます。

    • 1-singly_environment_recruiting_5532sub1.png

      漁師さんのお手伝いもします!

    • 1-singly_environment_recruiting_5532sub2.png

      漁師さんのお手伝いもします!

    体験談・雰囲気

    特徴
    雰囲気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    代表者

    武井 裕典

    設立年

    2011年

    法人格

    NPO法人

    Youth for 3.11の法人活動理念

    Youth for 3.11は東日本大震災を受けて、「学生のチカラを東北に届け、震災の経験を未来へ繋げる」ことをミッションに掲げ、

    2011年3月11日に大学生4人によって設立されました。私たちは、将来の日本社会を担う学生は、社会問題解決において重要な存在であると考えています。

    ボランティア参加をする事自体のハードルとなる料金や準備物、交通手段を全て用意し、学生にとって参加のしやすいボランティアの機会を提供し、

    一日も早い被災地復興の一助となるとともに、学生が日本の社会問題の解決に参画できる社会の実現を目指します。

    Youth for 3.11の法人活動内容

    東日本大震災から丸5年がたった経過した現在、仮設住宅にはお年寄りが多く生活しています。新居を構える人的資源や金銭的余裕もない一方で、仮設住宅の解体が迫ります。今回訪問するのはチームあすなろと長年親交のある仮設住宅です。あなたのその目で「災後」のいまを確かめてみてはいかがでしょう。

    Youth for 3.11のボランティア募集

    Youth for 3.11の職員・バイト募集