こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【夏休み・宮城】気仙沼市本吉町小泉地区小泉公民館まつり手作り作品サポートボラ募集

    更新日:2016/09/02

    【夏休み・宮城】気仙沼市本吉町小泉地区小泉公民館まつり手作り作品サポートボラ募集

    一般社団法人KOTネットワーク本吉
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    95e9b2b78b-11825908_1126008277413781_5643202670768890450_n.jpg
    活動テーマ
    活動場所
    • 茨城

    小泉公民館 http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/contents/1334648712794/index.html

    必要経費

    有 ※詳細は事務局迄お問い合わせください。

    募集対象

    ・1日だけでも参加OK,初心者受け入れ可能!
    ・学生さん歓迎!,短期可,友人と一緒に参加可
    ・平成28年7月現在、満6歳以上(小学生以上)の方で心身共に健康な方
    ※小学生は保護者同伴にて参加可能です
    ※中学生・高校生は未成年保護者承諾書が必要です
    ・現地集合現地解散ができる方
    ※最寄り駅からの有料送迎も可能です※詳細は下記事務局に確認して下さい
    井谷 080-4764-6535
    ・自己管理、自己責任において仮設住宅の方々との交流活動、避難所体験活動ができる方
    ・現地でのボランティア業務に理解があり、互助ボランティア活動に関心のある方
    ・団体の活動登録するボランティア登録シート記入、団体の趣旨活動規約に賛同して同意書提出できる方

    注目ポイント
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • 小中学生

    募集詳細

    ■活動内容
    東日本大震災にて5年目を迎える
    気仙沼市街地から40分ほどの気仙沼市に合併した本吉町小泉地区に昨年にようやく建設された「小泉公民館」と「一般社団法人KOTネットワーク本吉」は連携して今年初めて単独での開催となる小泉公民館まつりに出品する手作り作品を志縁する団体夢ネット21(仙台中心に活動する夢に向かい志があるメンバーの互助団体)の先生のサポートや小泉公民館の準備するサポート、仮設住宅の方々と交流を中心に参加者を募集します。
    この趣旨にご賛同頂ける個人の方(小学生から参加可能※小学生保護者同伴、中学生保護者同意書提出有)、ご家族、企業、団体、学生ゼミ、学生サークル等の皆さまのお力添えをどうぞよろしくお願い致します!


    震災後継続して、全国の人達や少数ですが世界からの人達を志 縁交流の居場所づくりと、日本ならではの災害時はお互い様の 共生社会を実現すべく互助ボランティアを尽力してきました。 ボランティア活動以外にも希望者には下記の体験やガイドが可能です。
    このチャンスに自分や自分の愛する人、地域の人達を守るために、次の災害に備えるための活きた教材から学べる減災体験や語り部ガイドを希望して下さい。
    ●減災体験活動を通して、災害への心構えと、自然と共に生きていく知恵を学ぶ場所。
    ●ライフラインがない中で、自分を守る術を、他者と助けあう大切さを学べます!!
    個々のニーズにあったボランティアコーディネートも!!
    ●「東北のこと」ではなくて「自分のこと」にできる場所!!
    震災から年目をむかえる今も、たくさんの苦しみを抱えて生きている人がたくさんいます。
    しかし、時がすぎるにつれて風化ていく厳しい現実。
    あなたの笑顔が、あなたの元気が、必要です! お気軽に宮城県本吉町小泉地区へお越しください(^_^)
    ■キーワード
    7月 8月 9月 夏休み 大学生 ボランティア 手作り 宮城県 気仙沼市 語り部ガイド 小学生 中学生 高校生 大学生 女性 シニア 長期 短期 初心者 復興支援 小泉公民館



    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎

    法人情報

    Square tiny 1 author image 791user
    Square small 1 author image 791user

    一般社団法人KOTネットワーク本吉

    代表者

    阿部 寛行

    設立年

    2011年

    法人格

    一般社団法人

    KOTネットワーク本吉の法人活動理念

    本吉町は気仙沼市の南部に位置する、海と山に囲まれた歴史の魅力あふれる町です。

    東日本大震災ではその地形から、想定以上の大きな被害を受けましたが、復興への取り組みもようやく形になり始めました。

    町の歴史は平安時代から紐解かれ、海の幸と山の幸に恵まれた自然の中で人々は育まれてきました。

    そして東日本大震災により甚大に被害を受けながらもその歴史を資産と捉え、さらには震災被害を生きた教科書として内外に情報を発信する事により、社会への新たな役割として取り組んでいくこととなりました。

    本吉町は気仙沼市の南部に位置する、海と山に囲まれた歴史の魅力あふれる町です。

    東日本大震災ではその地形から、想定以上の大きな被害を受けましたが、復興への取り組みもようやく形になり始めました。

    町の歴史は平安時代から紐解かれ、海の幸と山の幸に恵まれた自然の中で人々は育まれてきました。

    そして東日本大震災により甚大に被害を受けながらもその歴史を資産と捉え、さらには震災被害を生きた教科書として内外に情報を発信する事により、社会への新たな役割として取り組んでいくこととなりました。 当該地域外からの交流人口を増やし、地域内の人が安心して集まれる場、雇用の場を創出することが必要と考え、ここ本吉広域資源を活用した、ボランティアツーリズム、復興エコツーリズムを提唱、ボランティアしながら地域交流、避難所体験、自然体験学習、被災地ガイドも出来るツーリズムを構築していく。

    気仙沼市でも積極的に推進している教育旅行の受け入れ、この東日本大震災にて教訓としなければならない減災プログラムを取り入れた防災教育を子ども達やまだ災害において何をして良いかわからない人達に教えるという減災体験キャンプの提示を全国に発信する。

    そうしたことを通して観光場所、観光施設が、ほとんど無いこの本吉地域に交流人口を増やす創意工夫になると考え、ここに「一般社団法人KOTネットワーク本吉」を平成25年2月28日に本吉町住民、全国の賛同者と設立しました。

    今後の事業としまして、本吉復興エコツーリズム推進協議会の事務局、本吉町の地域活性化になる事業を中心に一同邁進してゆく所存にてますますのご理解とご協力を賜りますようによろしくお願い申し上げます。

    KOTネットワーク本吉の法人活動内容

    一般社団法人KOTネットワーク本吉は、平成27年度事業

    として下記の復興創生3本柱事業をして参ります。

    ① 三陸(南三陸・本吉・気仙沼)復興観光コンシェルジェセンター事業

    ② 減災体験・避難所体験・減災語り部事業{小泉コミニティパーク運営管理}

    ③ 東日本大震災復興志縁ボランティア事業{小泉ファンクラブの運営管理}

    KOTネットワーク本吉のボランティア募集

    KOTネットワーク本吉の職員・バイト募集