こちらの海外プログラムは募集が終了しています。

メインビジュアル背景画像

基本内容

15dff79286-image__4_.jpg

Youth for Youth Project

活動テーマ
活動場所

ネパールTarakeshwor / Okharpawa、Kathmandu(Tribhuwan International Airport、Kathmandu)

必要経費

ボランティア登録費1万円、現場キャンプ参加費230ユーロ(約3万円)
(航空運賃別途)

募集対象

18歳以上の方

注目ポイント
  • ボランティア登録費1万円今なら1万円キャッシュバックキャンペーン中!
  • これからのネパールを担っていく若者たちに教育支援ができる
  • 世界中の人とボランティアを通して仲良くなれる
対象身分/年齢
募集人数

4名

募集詳細

ネパールの若者達の現状

一国の将来の発展の可能性は完全に若い青年たちに左右されます。そのため国は青年育成に積極的な姿勢で取り組んでいます。現在のネパールは、全体の人口の38%程度を青年で占めています。300万人以上の青年たちが、インドを除く海外で外国人労働者として仕事をしています。

しかし、インドで仕事をしているネパールの青年達は、上記の数字よりもはるかに多いとされています。ネパールの青年たちが直面している問題は非常に多くあります。様々な形で失業、企業の経営者の機会の不足、貧弱な実用教育、不完全な正式な教育、エイズや薬物中毒、健康についての無知、不均衡な教育と訓練、、創造的な仕事とレクリエーションのための施設不足、アルコール中毒や薬物依存、現代の技術に関する知識不足、非効率的なIT技術、スポーツやゲームのための良い環境がない、家族や社会のための義務と責任感の不足、道徳的退廃、自己の権利に対する認識不足など...

若者の状況は、社会的、経済的および地理的な要因によって異なります。都心に住んでいる若者と農村部に住む若者たちの間でサービス、施設や資源などのアクセシビリティの違いがあります。農村地域の青年たちの資源、財源、チャンスは非常に限られています。



活動目的

- 参加者間の文化交流、結束力を固める

- 青年たちに起業家的マインドを植えつける

- コミュニティの認識の増大、リーダーシップ能力習得

- 青年たちが前向きに成長するように支援(彼らが共同体の中で、商業的あるいは社会的自立ができるよう支援する)


活動内容

- スポーツ、協力、ITクラス、あるいはその他の社会活動の組織

- 教育的なボランティアの仕事


食事

現地食で一日三食提供


宿泊

ホストファミリー/ホステル(寝袋必須持参)


  • 59492f2dd7-image__3_.jpg

    教育を通してネパールの青年と交流します

  • ea8e04a203-image__2_.jpg

    スポーツは最も簡単なコミュニケーションツールです

  • 6ee7caf95f-image__1_.jpg

    スポーツは最も簡単なコミュニケーションツールです

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

法人情報

アジア希望キャンプ機構

代表者

KYU CHEOL CHO

設立年

1999年

法人格

NPO法人

アジア希望キャンプ機構の法人活動内容

「日韓」とアジアの交流、多文化社会の実現

1999年発足以来行って来た多様な日韓交流をもとにして、アジアとの交流を行っています。

「日韓」がアジアに希望の種を植えて多文化社会を実現することが活動目的です。

①ボランティア交流

②KPOP交流

③言語教室

④文化体験

⑤インターンシップ(職場体験)

⑥フェアトレードカフェ

⑦ホームステイ

アジア希望キャンプ機構のボランティア募集

アジア希望キャンプ機構の職員・バイト募集