こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 公開シンポジウム「市民活動を政策につなげるために」

更新日:2016/02/06

公開シンポジウム「市民活動を政策につなげるために」

新宿区立新宿NPO協働推進センター
メインビジュアル背景画像

この募集の受入自治体「新宿区立新宿NPO協働推進センター」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

a52d5fa15d-probono.jpg
活動テーマ
開催場所

新宿NPO協働推進センター5階501会議室

必要経費

500円(資料代など)

募集対象

どなたでもご参加可能です。
特に、NPO団体で政策に反映したいことや意見があるが
どうすればいいのか、 また政策提言という言葉は聞いた
ことがあるけど具体的にどんな活動なのかを知りたい方には、
今回のシンポジウムは参考になるテーマとなっております。

注目ポイント
  • NPO/NGOの中でも政策提言活動(アドボカシー)をしてきた団体・人物が登壇します!
  • 「政策提言」を学べる機会はとても少なく、具体的にどう行えばいいのか等の課題についても学べます!!
対象身分/年齢

募集詳細

●趣旨
社会的課題を解決するためには、市民ひとりひとりが社会問題の現状や原因を知り、
実態を周りの人に伝え、解決に向けた具体的な方法を考え、行動することが重要です。
そのため、NPOは現在の法制度の不十分な点を指摘し、具体的な代替案を提案して、
市民社会や政府などに対して働きかけを行う「政策提言」が役割として求められています。
本シンポジウムでは、「政策提言」に取り組んでいる団体の事例を紹介しながら、
多くのNPOが政策提言に関わっていくためには、どうすればいいのかを探っていきます。

●日時・場所・交通機関
2016年2月6日(土)13時30分~16時30分(13時10分から受付)

●場所
新宿NPO協働推進センター5階501会議室(新宿区高田馬場4-36-12)

●交通
JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」徒歩15分、都営バス・関東バス「小滝橋」バス停徒歩4分
※駐車スペースがございませんので、公共交通機関をご利用ください。

●内容
(1)問題提起 「NPOが政策提言を行う意義とは何なのか」
安藤 雄太氏(東京ボランティア・市民活動センターアドバイザー)

(2)事例発表
①辻 利夫氏(NPO法人まちぽっと 前事務局長)
②西島 香織氏(NPO法人A SEED JAPAN 事務局長)
③多田 薫氏(きょうされん 事務局長)
④堀内 葵氏(NPO法人国際協力NGOセンター 調査提言グループ担当)

(3)パネルディスカッション
ファシリテーター:樋口 蓉子氏(NPO法人まちぽっと 副理事長)
安藤 雄太氏、辻 利夫氏、西島 香織氏、多田 薫氏、堀内 葵氏、
山下 馨氏(一般社団法人新宿NPOネットワーク協議会 代表理事)

●参加費
500円(資料代など)

●定員
50名(先着順)

●申し込み方法、条件
電話、FAX、メールにてお申し込みください。お申込みの際は、お名前(ふりがな)、
ご所属(あれば)、電話番号(当日連絡先)、メールアドレスをお伝えください。

●申し込み締め切り
2016年2月5日(金)

●主催・問い合わせ先
新宿NPO協働推進センター
TEL: 03-5206-6527
FAX: 03-5386-1318
Email:

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

自治体情報

新宿区立新宿NPO協働推進センター

設立年

2013年

法人格

自治体

新宿区立新宿NPO協働推進センターの自治体活動理念

平成25年4月1日に区内社会貢献活動団体のネットワークづくりの拠点施設として

「新宿NPO協働推進センター」がオープンしました!

センターでは、社会貢献活動団体への施設の貸出しの他、社会貢献活動の相談と情報提供、

社会貢献活動を広める普及啓発事業、NPOの設立・運営に役立つ講座、

社会貢献活動団体等を繋ぐ交流会等、さまざまな事業を実施していきます。

新宿区立新宿NPO協働推進センターのボランティア募集

新宿区立新宿NPO協働推進センターの職員・バイト募集