こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 長野のボランティア募集一覧
  3. 長野での国際系ボランティア募集一覧
  4. 夏休みベトナム・カンボジアとの青少年交流活動

更新日:2015/08/06

夏休みベトナム・カンボジアとの青少年交流活動

公益財団法人育てる会
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「育てる会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

3e1810ac0d-011.jpg

日本に招待する、ベトナム・カンボジアの青少年と共に活動します!

活動テーマ
活動場所

長野県大町市八坂
育てる会やまなみ山荘を宿泊拠点に、周辺の里山や木崎湖、黒部ダム等のフィールドで活動します。

必要経費

無料

滞在中の宿泊費や食費等は無料
但し、以下の費用は自己負担して頂きます。
・自宅等からJR信濃大町駅(長野県大町市)までの往復交通費
・滞在中の個人的な飲食等の費用
・その他個人的なもの

募集対象

・アジアの国々との交流に興味がある方
・野外キャンプや里山での活動が好きな方
・地域住民との交流に興味がある方
※日本人の高校生・大学生が対象です

注目ポイント
  • アジアという共通の文化圏に住む青少年との交流は、国際的な視野を広げてくれます。
  • 信州の豊かな自然の中で、様々な国々の青少年と共に活動する、大変魅力的な活動です。
  • ベトナム・カンボジアの青少年の文化体験をサポートしながら、自身も様々な体験ができます。
対象身分/年齢
募集人数

10名

募集詳細

ベトナム・カンボジアの青少年と交流しながら、様々な体験をサポートしませんか?

今、アジアは経済的にも文化的にも世界的な注目を集めています。

そのアジアの一員である日本の信州長野県を舞台に、三つの国の青少年が、様々な体験を通して交流します。

文化の違いを感じる中で、日本の文化や風土を振り返るだけでなく、お互いの共通点を見つけることで、きっと将来に役立つ体験と視野を得ることができると思います。

  • e8cac7210c-023.JPG

    各国の郷土料理対決!

  • 4453541b55-035.jpg

    棚田保全活動

  • 7dbab66d3f-014.jpg

    黒部ダムにて

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

(日本人Aさん)

 高校生の時にこの活動に参加し、ベトナムの友だちも沢山できました。

 驚いたのは、大学に入学すると、同じ学部に当時参加したベトナムの子がいたことです。

 活動を通して日本が好きになり、頑張って留学したとのこと。

 今でも良い交流が続いています。


(ベトナム人Bさん)

 日本に来て、農村での暮らしや食文化にとても驚きました。

 またゴミの分別といった配慮も、まだまだベトナムには少ない考え方です。

 将来、ベトナムをどのような国にしたいかという目標が見えた気がしました。

このボランティアの雰囲気

大学生など同年代が集う活動なので、すぐに打ち解けて、終了後もSNS等で頻繁にやり取りをするなど、親密な交流が続いています。

ベトナムやカンボジアから来る青少年は、日本語を学んでいたりする人が多いので、言葉の問題もさほど気にならないと思います。

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

公益財団法人育てる会

※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

代表者

代表理事 青木厚志

設立年

1968年

法人格

公益財団法人

育てる会の法人活動理念

私達は、子ども達の豊かな成長を願い、本物の体験をプレゼントすることを目標にしています。

豊かな自然、本物の農村文化こそが、子どもにとって本当の刺激となるはずです。

そして、そうした体験を積んだ子ども達は、将来、日本人として確固たる文化を身に付け、真の国際人として活躍してくれることでしょう。

育てる会の法人活動内容

①春・夏・冬休みや週末を使った自然体験活動

②一年間自然豊かな農山漁村で生活しながら、地元の学校に通学し、様々な体験を積む「山村留学」

③青少年の国際交流活動

④青少年教育や家庭教育関連の書籍の発刊

⑤地域再生等のための交流事業コーディネート

⑥その他、社会教育全般の活動

活動実績

2019年
1968年創設以来、夏冬春休みや週末活動参加者は約5万人、山村留学体験者は約3千人にのぼります。

2019年11月01日

育てる会のボランティア募集

育てる会の職員・バイト募集