こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【宮城県石巻市】仮設住宅に笑顔と元気を届ける「仮設きずな新聞」ボランティア

    更新日:2015/07/26

    【宮城県石巻市】仮設住宅に笑顔と元気を届ける「仮設きずな新聞」ボランティア

    ピースボート災害ボランティアセンター
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    0944ec0f67-04.jpg
    活動テーマ
    • 災害弱者
    • 防災
    • 減災
    活動場所
    • 宮城

    宮城県石巻市立町1-5-21

    必要経費

    ◎2日間まで:一般 2,000円 学生・リピーター・サポート会員 1,000円
     ◎3日目以降:1日毎に500円 
     ※上限:一般 4,000円 学生・リピーター・サポート会員 3,000円

    募集対象

    ・石巻(活動拠点)までお越しになれる方。(現地集合・現地解散)
    ・活動を継続するための「活動協力金」をお支払いいただける方。
    ・16歳以上(高校生以上)65歳以下の方。

    注目ポイント
    • あなたの元気と笑顔を待っている人たちがいます。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 高校生
    募集人数

    8名

    募集詳細

    「震災後、自分は今まで何も出来なかった…」
    「今、自分に何か出来る事、必要とされている事があるんだろうか…」

    2011年10月より本格的に始まった、仮設住宅での生活。
    震災によって地域の繋がりが断たれ、震災から4年が経つ今も、
    情報不足や引きこもり、アルコール依存や孤独死など、様々な課題があります。
    そして、それは時間の経過と共に、複雑・深刻化しています。

    足を運び、顔を合わせ、一枚の新聞を手渡す。
    そんなシンプルなあなたの行動が、住民さんの孤独な時間を減らしていきます。
    視線を合わせ、耳を傾け、一緒にお茶を飲む。
    日常のなんでもないひと時を、今だからこそ必要としている人がいます。

    届けに来てください。
    ここには、あなたの元気と笑顔を待っている人たちがいます。

    ■活動内容■
    PBVが仮設住宅向けに発行している無料情報紙「仮設きずな新聞」を、
    石巻市内の仮設住宅団地に配布(戸別訪問による手渡し)する活動です。

    ▼こんな方にぴったり!▼
    ◎人と話すのが好きな方、人の話を聞くのが好きな方
    ◎仮設住宅に暮らす方々の声を聴いてみたい方
    ◎高齢者や子どもとコミュニケーションするのが得意な方
    ◎週末だけでもボランティアをしてみたい方(2日間から参加OK!)

    ■募集日程■
    7月25日(土)-26日(日)

    集合:AM08:30
    解散:PM18:00

    ■参加条件■
    ・石巻(活動拠点)までお越しになれる方。(現地集合・現地解散)
    ・活動を継続するための「活動協力金」をお支払いいただける方。
    ◎2日間まで:一般 2,000円 学生・リピーター・サポート会員 1,000円
    ◎3日目以降:1日毎に500円
    ※上限:一般 4,000円 学生・リピーター・サポート会員 3,000円
    ・16歳以上(高校生以上)65歳以下の方。

    ▼参加申し込み▼
    下記サイトよりお申込みください。

    ■お問合わせ先■
    ピースボートセンターいしのまき

    〒986-0824 宮城県石巻市立町1-5-21
    tel: 0225-25-5602(10:00-18:00/日祝定休)
    mail:

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 短時間でも可
    • 土日中心

    法人情報

    Square tiny 1 author image 92user
    Square small 1 author image 92user

    ピースボート災害ボランティアセンター

    代表者

    山本隆

    設立年

    2011年

    法人格

    一般社団法人

    ピースボート災害ボランティアセンターの法人活動理念

    東日本大震災の被災者支援のため、NGOピースボートが阪神淡路大震災以来培ってきた独自のシステムにより国内外からボランティアを組織し、被災地の自治体、社会福祉協議会およびNPOなどと協力して、それらボランティアによる緊急支援活動および地元の雇用創出を含む復興支援活動を展開することを目的とし、また、日本国内外において地震、津波、台風などの自然災害が新たに発生した場合、国内外のボランティアが火急かつ効果的かつ持続的に被災者を救援、支援できるよう、災害ボランティアの育成と被災地へのより効果的な派遣システムの確立と普及も目的としています。

    ピースボート災害ボランティアセンターの法人活動内容

    東日本大震災では、被害の大きかった宮城県石巻市・女川町を中心に、緊急・復興支援活動を展開。全国47都道府県、また世界52の国と地域からの災害ボランティアが1万人以上参加しています。

    自然災害に加え、原発事故を伴った福島では、子どもたちの“夢と健康"を目的とする国際交流・自然体験などの保養プロジェクトを行っています。

    また、台風被害や豪雪被害への緊急支援を行ったほか、今後起こり得る大規模災害に備えたボランティア・リーダーの人材育成をはじめとする防災・減災へも積極的に取り組んでいます。

    2017年9月には、新宿区協働事業として新宿区や他団体と共に、新宿区内の防災減災意識の向上と共助の担い手育成を目的とした「しんじゅく防災フェスタ2017」を開催します。

    ピースボート災害ボランティアセンターのボランティア募集