こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 和歌山のボランティア募集一覧
  3. 和歌山での環境・農業系ボランティア募集一覧
  4. 熊野の棚田 田畑の楽校2015

更新日:2015/11/24

熊野の棚田 田畑の楽校2015

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

9916e85f6d-singly_environment_recruiting_45673main.png

「農業」「田舎暮らし」という言葉がちょっと気になる…という方

活動テーマ
活動場所

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町色川地区

必要経費

会員・学生: 4,000円/一般: 6,000円(2泊6食代、保険料等)
      ※当日のご入会でも割引が適用されます

募集対象

初参加者大歓迎

注目ポイント
  • 今や人口の約4割が新規定住者という全国でもめずらしい地域です。
  • 棚田でのお米づくり体験ができる2泊3日のツアーです。
  • 両親とも都会育ちで「ふるさと」がほしい…という方
対象身分/年齢
募集人数

6名

募集詳細

この記事のURL




和歌山県那智勝浦町色川地区は、
世界遺産でもある日本一落差の長い滝「那智の滝」の
西側に位置する自然に恵まれた集落です。

かつては3000人あった色川の人口は、現在400人。
しかし、35年前から有機農業をめざす若い家族が
ポツリポツリと色川に住み始め、
今や人口の約4割が新規定住者という全国でもめずらしい地域です。

「農業」「田舎暮らし」という言葉がちょっと気になる…という方、
両親とも都会育ちで「ふるさと」がほしい…という方。
「田畑の楽校」で色川を訪れてみるところから始めてみませんか?

田植え、草取り、稲刈り、わらまき、畦削ぎなど
棚田でのお米づくり体験ができる2泊3日のツアーです。
ふるってご参加ください!


【日程および主な内容】
A. 5月15日(金)~17日(日) 田植え
B. 6月19日(金)~21日(日) 草取り
C. 9月19日(土)~21日(月・祝) 稲刈り
D.11月21日(土)~23日(月・祝) しめ縄作り
※内容は変更になることがあります。

※関東方面から夜行バスをご利用の方は、特にC及びD日程は暦の連休と重なるため、
お早めの予約をお勧めいたします。

mP1010310.jpgmCIMG8248.jpgmCIMG8262.jpgmCIMG0785.jpgmCIMG0783.jpgmCIMG1176.jpg

【ところ】 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町色川地区
※JR紀伊勝浦駅から町営バス。
自家用車で、直接色川へ来ていただけるのでしたら、
2日目、3日目のいつ到着していただいてもかまいません。

【参加費】 会員・学生: 4,000円/一般: 6,000円(2泊6食代、保険料等)
※当日のご入会でも割引が適用されます

【内 容】 色川の取り組みを視察(初参加の方)・農作業体験
郷土料理作り・地元の方との交流

【定 員】 各回6名<自家用車でお越しの方を除く>
【締 切】 各回開催初日一週間前
※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。

【主 催】 色川百姓養成塾、JUON NETWORK
※色川百姓養成塾

【協 力】 棚田を守ろう会


【日 程】
※内容は多少変更になることがあります。

◆1日目
8:30 「勝浦温泉」高速バスターミナル集合、車で送迎。
または、
14:30 籠ふるさと塾集合
(町営バス13:00紀伊勝浦駅前発、14:08籠着)


(午前到着組)
9:00 棚田作業等
12:00 昼食(持参)
(午後到着組と合流後)
14:30 色川地区視察、取り組みを紹介
16:00 宿泊場所へ移動、入浴
17:00 夕食づくり
18:00 夕食・交流会

◆2日目
7:30 朝食
9:00 農作業・郷土料理づくり体験等
12:00 昼食
13:00 棚田作業等
16:00 宿泊場所へ移動、入浴
17:00 夕食づくり
18:00 夕食

◆3日目
7:30 朝食
9:00 棚田作業等
12:00 昼食
13:00 棚田作業等
15:00 解散
町営バス(小阪発15:13)でJR紀伊勝浦駅へ

※食事は自炊です。ご協力下さい。


※これまでの活動の様子は「田畑の楽校日記」をご覧ください。



【現地へのアクセス】
◆電車・バス
最寄り駅・JR紀勢本線「紀伊勝浦」駅より、
町営バスで約40分。

※町営バスの詳細はこちらをご覧下さい。


◆自家用車の場合
<大阪方面>約6時間
近畿自動車道阪和線→海南湯浅御坊道路→国道42号を南進→
下里大橋手前の信号を左折→県道那智勝浦本宮線→色川
<名古屋方面>約5時間
名古屋→東名阪道→近畿自動車道伊勢線勢和多気IC→紀勢自動車道→
熊野街道42号線を南下→那智勝浦新宮道路降り口信号を左折→
県道43号線(那智の滝方面へ)→ガソリンスタンド手前を左折→県道43号線→色川

※詳しくは「ふるさと色川」アクセスのページをご覧下さい。


◇大宮・東京・横浜方面からの高速バスもあります。
終点「勝浦温泉」(紀伊勝浦駅前)下車。


※出発日の1ヵ月前から予約が可能です。
※暦の3連休と同じ日程の場合(C及びD日程)、直前では席が取れないことが
ありますので、お早めのご予約をお勧めいたします。


【問合せ・申込み先】
認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK
〒166-8532 杉並区和田3-30-22
TEL: 03-5307-1102 FAX: 03-5307-1091
E-mail:


★参加希望の方は以下のフォームからお申し込み下さい。




★参加希望の方はコチラ→
申込フォーム



★フォームが使えない方などは、以下の申込書に記入又は○をつけ、

までお送り下さい。FAX、電話、ハガキなどでも結構です。

--------- 申 込 書 --------------
「熊野の棚田 田畑の楽校」

参加希望日:
A. 5月15日(金)~17日(日) 田植え
B. 6月19日(金)~21日(日) 草取り
C. 9月19日(土)~21日(月・祝) 稲刈り
D.11月21日(土)~23日(月・祝) しめ縄作り

名前:
ふりがな:
性別: 男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
農作業: 初めて・2~3回目・それ以上
申込みの動機:
JUON NETWORK: 会員・非会員
ボランティア保険:未加入・加入【保険の種類: 】
交通手段: 電車・高速バス・自家用車
到着日:
[自家用車の方]色川の到着予定時間を教えて下さい。→ 時 分頃
[紀伊勝浦駅から町営バスを利用する方]
乗車予定のバスを教えて下さい。
→8:00発・13:00発・17:25発
※色川までの乗車時間は、約40分です。
色川内のどの停留所で下車していただくかは、
時間帯によって異なります。お申し込み後あらためてご案内します。
------------------------------
※補償内容は地域ごとに違います。
東京都社会福祉協議会の天災Aプラン(600円)の補償内容はこちら。


-------------------------------------------------
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付に限って
利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いたします。また、
ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、速やかに必要な手続きを
お取りいたします。


【問合せ・申込み】
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
TEL03-5307-1102/FAX03-5307-1091
E-mail:

  • e157fe7608-singly_environment_recruiting_45673sub1.png

    牛耕のお手伝い

  • ce10b0aa33-mCIMG9738.JPG

    わら細工つくり

  • 06f5b64ba0-singly_environment_recruiting_45673sub3.png

    わら細工つくり

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

今回初めてJUONのイベントに参加しました。
農作業について行けるか体力がもつか出発前は不安もありましたが、
充実したあっという間の二泊三日でした。

一日目、早朝に家を出てから集合場所の小阪まで、約7時間。
町営バスを降りたその場所がすでに絶景で、遠くに連なる山々と茶畑(?)の濃い緑、
黄金色の棚田がとてもきれいでした。車での移動時の急なカーブの多さに
ここが斜面を切り拓いてつくられた土地だということを感じました。

イベントのメインである棚田作業は、稲を刈る→束ねる→ナルに干す、
という流れで、刈った稲の束ね方を教わって作業開始。
わらわら出てくるイナゴやバッタに構わずどんどん刈ります。
刈った稲は後で干しやすいように二束を少し交差させて置いていき、昨年の藁で束ねます。
大事なのはナルに干して乾燥させたときに束が緩んでバラバラにならないように縛る事。
単純な作業ですが、教えてもらったとおりにやることが大切です。

夢中になって稲を刈って、束ねて…、ふと目を上げれば
いつの間にか木のナルが組み立てられ、束ねた稲がどんどん掛けられていきました。
この日はJUONメンバーの他にもたくさんの方々が稲刈りに参加されていたので、
大人数の勢いとパワーで稲刈り前の風景が一気に変わっていきました。

強い日差しのもと、作業前半ですでに汗だくになり、少し疲れてきたころに休憩でいただいた
ゆずジュース、梅ジュースや色川のお茶、たっぷりの手作りの昼食…ぜんぶおいしくて、
生きかえる心地がしました。収穫までの土台作りや田植えの過程や苦労を考えると、
初めてこの土地にやってきて収穫に参加させていただいた事、普段あたりまえのように
お米を食べている事、本当に感謝です。

このボランティアの雰囲気

晴天に恵まれた三日間で、棚田での作業の他にも、鶏をさばいたり、
「獣害」を目で見て知ったナイトツアー、色川地区の方たちとの交流会、
円満地公園の水源めぐりなど、たくさんの体験がありました。今回のイベントを通して、
色川地区の方たちがこの地の山村文化、色川の暮らしと伝統を守りたいという思いで
さまざまな取り組みをされていることを知り、地域振興の考え方についても学びました。

東京から色川へ…遠かったけれど、行くことができて良かったです。
初日からずっとお世話になった原さんをはじめ色川地区の方々、
JUON参加者の皆さん、JUON事務局のみなさん、
大変お世話になり、ありがとうございました。ええわだ、色川!

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

法人情報

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

“都市と農山漁村が支え合うネットワークを森林などをめぐる体験・交流・応援の活動によってひろげ、持続可能な社会を創造することを目的としています。”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

生源寺 眞一

設立年

1998年

法人格

認定NPO法人

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動理念

★3つの重点課題

①人が、自然(森林・田畑・河川・海)を持続的に活用できる社会。

②農山漁村が、都市とともに持続的に存在できる社会。

③若者が、人と自然、都市と農山漁村をつなぐ担い手として持続的に活躍できる社会。

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の法人活動内容

★事業の3本柱

○都市と農山漁村の交流、森林・田畑の保全(森林の楽校・田畑の楽校)

○ボランティア人材育成 (エコサーバ-検定・森林ボランティアリーダー養成講座)

○国産品・地産地消の推進(国産間伐材製「樹恩割り箸」)

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)のボランティア募集

JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)の職員・バイト募集