こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. 【参加者募集】第3回国連防災世界会議 パブリックフォーラム 防災教育のセミナー

    更新日:2018/03/09

    【参加者募集】第3回国連防災世界会議 パブリックフォーラム 防災教育のセミナー

    公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1-event_volunteer_recruiting_37645main.png
    活動テーマ
    開催場所
    • 宮城

    TKP ガーデンシティ仙台勾当台 3階 ホール3

    必要経費

    無料

    募集対象

    どなたでもご参加いただけます

    募集詳細

    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、日本、インドネシア、フィリピンからスピーカーを招いて、世界の防災教育の状況や漫画を使った防災教育教材を用いた授業の事例を紹介するセミナーを主催します。本セミナーは、2015年3月14日(土)17時から宮城県仙台市で開催される第3回国連防災世界会議 のパブリックフォーラムとして実施されます。2005年に神戸市で第2回会議が開催され、「兵庫行動枠組」が採択されました。10年後の今年、世界から首脳や閣僚、国連機関などが出席し、国際的な防災戦略について議論し、「ポスト兵庫行動枠組」を採択する予定です。被災地の復興を世界に発信するとともに、防災に関する日本の経験と知見を国際社会と共有し、国際貢献を行う重要な機会とされています。この国連の会議と並行して、仙台市などが主催するパブリックフォーラムも開催され、政府機関、地方自治体、NGO、NPO、大学、地域団体などが、さまざまなシンポジウム、セミナー、展示などを行います。■防災教育教材「東日本大震災の教訓から学ぼう! とっさのひとこと」 東日本大震災の教訓がたくさん含まれた漫画で学ぶ防災教育教材です。岩手県と宮城県の50 名に、災害時の状況、苦労したこと、役に立ったことなどをインタビューして作りました。3コマ漫画で災害時の状況を再現し、3コマ目の空白の吹き出しに入るセリフを考えることによって、登場人物の置かれている状況や気持ちを理解し、主体的に行動することを学びます。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとNPO法人プラス・アーツが共同で開発しました。■パネリスト ・宮城県東松島市立鳴瀬未来中学校 防災主幹教諭  木村幹夫氏  東日本大震災当時、鳴瀬第二中学校に勤務しており、校舎内から津波を目の当たりにする。「自らの命を守る防災教育」を目指して、鳴瀬未来中学校区の3小1中学校で、9年間を見通した防災教育カリキュラムの作成および地域の自主防災組織との連携に取り組んでいる。・セーブ・ザ・チルドレン・フィリピン シニア・アドバイザー(防災・気候変動) ウェイン・オーリック 緊急人道支援・災害復興支援に豊富な経験をもち、2005年のインド沖地震・津波や2013年フィリピンのハイアン台風発生時、およびアフガニスタン、タジキスタン、ルワンダなど紛争が多発している地域で支援活動を行った。現在は、フィリピンで防災プロジェクトの立案・実施に専門家として対技術支援を行っている。・セーブ・ザ・チルドレン・インドネシア シニア・プログラムオフィサー(包括的な学校保健・防災プロジェクト) アンディ・ウィダヤット セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが実施している包括的な学校保健・防災プロジェクトをジャカルタ北部で実施している。現場での豊富な活動経験をもとに、行政と連携しながら、子どもや地域の人たちへの防災教育を行い、防災力向上を図っている。会場 TKP ガーデンシティ仙台勾当台 3階 ホール3980-0803宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビルTel: 022-726-5072URL: ※市営地下鉄南北線 勾当台公園駅より徒歩1分■お申込み・お問い合わせ■公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 仙台事務所 菅原絵美〒980-0804 仙台市青葉区大町1-3-7横山ビル2FTEL:022-263-4561FAX::022-263-4562Email:

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    設立年

    1986年

    法人格

    公益社団法人

    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの法人活動内容

    活動実績(国内):子どもや養育者への直接支援、啓発、政策提言を通じて、子どもの貧困解決および子ども虐待の予防事業を実施している。 また、東日本大震災復興支援では、緊急支援として避難所における「こどもひろば」の設置・運営や物資・備品支援を行ったほか、教育・子どもの保護・子ども参加・防災などの分野において5ヶ年事業を実施しのべ約188万人に支援を行った。 さらに熊本地震緊急・復興支援では、「こどもひろば」の設置・運営や物資支援に加え、防災用品の配布や学用品・学校備品の提供、学校給食への支援、学童保育への支援、被災した子どもへの給付金の提供、子ども参加によるまちづくりなどの活動を行っている。活動実績(海外):セーブ・ザ・チルドレンは、世界120カ国以上でコミュニティに根ざし、主に子どもとその家族を対象にした開発事業や緊急人道支援事業を実施している。そのメンバーであるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、ベトナム、ミャンマーなどのアジア地域では、教育、保健・栄養事業、子どもの保護事業など、また、レバノンなどの中東地域やアフリカ地域では紛争など人道危機に巻き込まれた子どもたちや青少年を支援する事業を展開している。

    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのボランティア募集

    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの職員・バイト募集