こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. “教育の充実から国の充実へ” 無限の繋がりを一緒に生み出そう

更新日:2020/10/18

“教育の充実から国の充実へ” 無限の繋がりを一緒に生み出そう

Infiniteconnection
メインビジュアル背景画像

基本情報

9de89d40a6-1-member_international_recruiting_3058main.png

ラオスの子ども達に幼稚園を

活動テーマ
活動場所

MT… 西宮北口 募金活動… 大阪 三宮

必要経費

無料

3000円(半期)

活動日程

随時活動

活動頻度

週2〜3回

募集対象

ラオスの子ども達の笑顔が見たい人

注目ポイント
  • 関西の13大学の学生で構成
  • 昨年の6月に結成されたばかり

募集詳細

週1度のミーティング
月2回の募金活動
SNSを利用した広報活動
年2回のスタディツアー
フリーペーパー作成
チャリティーイベントの開催
各種イベントへの参加 etc

  • 1-member_international_recruiting_3058sub1.png
  • 1-member_international_recruiting_3058sub2.png
  • 1-member_international_recruiting_3058sub3.png

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

学生の自分でも世の中のために何かできることは無いか?と思い、友人の紹介でInfiniteconnectionに入りました。週1回のミーティングと月二回の募金活動は今まで経験したことが無いことで、とても刺激的な経験でした。そんな毎日を過ごしながら漠然とラオスに幼稚園を建てたいと思っていました。実際にラオスに行かなければ分からないことがあると思い、今年の3月に行ってきました。そこには想像を超えた悲しい現実がありました。子どもが無邪気な笑顔を見せてくれる一方、彼らの幼稚園や小学校はまともに授業を受けれるような環境ではありませんでした。木で作られたボロボロの校舎、太陽の熱を遮ることのできない薄い鉄の屋根、砂だらけの教室の床。不揃いな机と椅子。全てが満足に揃う日本の幼稚園や小学校で育った私は日本とラオスの違いに言葉を失いました。しかし彼らは違う国に生まれただけで、我々と同じような環境で教育を受ける権利があるのです。彼らに大きな夢を描いてもらいたい。ラオスの教育の現状を生で感じ、より一層支援したいという気持ちが強まりました。我々の第一の目標は幼稚園建設です。しかし最終的な目標は、社会のボランティアへの敷居を下げることです。日本はアメリカや韓国と比べるとボランティア人口が少ないのが現状です。我々学生でも、世界のどこかの国の子どもたちを、笑顔にすることができるんだ!と世の中に発信していけばきっと多くの人々が共感して、行動に移してくれると信じています。小さな一歩が積み重なって大きな力になります。小さな一歩を一緒に踏み出してみませんか? (19歳 男性)

このボランティアの雰囲気

13校もの大学の学生で構成された団体ですので、週1回しかミーティングを行うことができません。しかしミーティングではより良い活動ができるよう、それぞれが意見を出し合っています。月2回の募金活動ではビラを配りながら、道行く方々からたくさんの寄付を頂いています。現在幼稚園建設に必要な150万円を集めることを目標に、約90万円もの皆様の暖かい気持ちがこもった寄付を頂くことができました。チャリティーイベントでは“楽しみながら社会貢献を”をコンセプトに皆様の参加費をラオスの子どもたちに届けようとしています。メンバーは全員春から二回生の学生で構成されており、元気とやる気で溢れています。

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:40%、女性:60%

団体情報

代表者

座間慶彦

設立年

2012年

法人格

学生団体

Infiniteconnectionの団体活動理念

ラオスの南部のチャンパーサック県の県都であるパクセー郡の中心部より約13kmのところにあるNongtaenoy村に教育を中心とした支援を行い、その第一の目標として幼稚園を設立し、教育環境を整えることで教育の充実から国の充実へと繋げることで国自身の力で問題の解決を行うための手助けになれるよう活動しています。また、将来ボランティアを始める人たちの指針となるようなモデルケースになるような活動をしたいと思います。この目標を達成するための第一の大きな目標としては、学校の建設です。なぜなら、教育の充実が必要不可欠であると思ったからです。今回小学校や中学校ではなく幼稚園を建設するのですが、それにはラオス特有の理由があります。ラオスには多くの民族があるため地域によって話す言語が違います。しかし、小学校では公用語である ラオス語が使われているために授業についていけない子どもが学校を辞めるという状況に陥っています。その状況を改善すべく、幼稚園建設によってラオス語を学ぶ機会を作り、勉強できる環境を作ろうとしています。私達学生ができることはほんの小さなことかもしれませんが、私たちの活動を見てくださった方々はボランティアに興味を持ってくれることで大きな力になるのではないかと考えています。INCONNEの支援活動をきっかけに、ボランティア活動が人から人へと無限に繋がって行くことを願っています。

Infiniteconnectionの団体活動内容

☆ミーティング毎週金曜日に行っています。一人一人が意見を出し合い、反省や今後の活動、準備、そしてラオスについての勉強会などを行っています。 ☆募金月に1~2回、行っています。場所は大阪駅や三宮です。詳細は随時Twitter等でお知らせ致します。☆チャリティーイベントラオスの状況や私達の活動を知ってもらうため楽しみながらも社会貢献できる場を作るため今後も様々なチャリティーイベントを行っていきます。☆スタディーツアー現地の方と触れ合うのはもちろん、ラオスの抱える問題を直接感じ私たちができることを考えていきます。☆フリーペーパー作成より多くの方に、インコネについて知っていただくために発行しています!次回は4~5月ごろの発行を予定☆メンバー交流メンバー内の交流をはかるためにBBQや合宿なども行っています。その他、フットサル大会や、他団体様のイベントへの参加もさせていただいてます。

Infiniteconnectionのボランティア募集

Infiniteconnectionの職員・バイト募集