こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での国際系ボランティア募集一覧
  4. 【新規立ち上げ】 雑誌作りを通してボランティアしてみませんか?

更新日:2016/12/01

【新規立ち上げ】 雑誌作りを通してボランティアしてみませんか?

学生団体Zasshi
メインビジュアル背景画像

この募集の受入団体「学生団体Zasshi」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

9b230f07e6-ELLY853_tosyo15191241_TP_V.jpg

雑誌制作で途上国の子供を笑顔に

活動テーマ
活動場所

毎週火曜日の19:30‐21時、新宿近辺にてミーティングを行います。
(メンバーの都合を考慮し、違う曜日になる週もあります)

必要経費

ミーティングまでの交通費、雑誌の印刷代、送料はメンバー負担となります

活動日程

随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

活動頻度

週0〜1回

募集対象

【必須】責任もって、本気で、楽しく活動していける方。

【募集対象】学生ならではの活動がしたい方。国際協力に関心のある方。雑誌制作やデザイン、写真などに興味のある方。途上国の笑顔に貢献したいと感じる方。英語力は問いません。高校生も歓迎します。

注目ポイント
  • 国際協力 ✕ 雑誌製作
  • 新規立ち上げだから、コアメンバーとして関われる!
  • 自分の書きたい記事が書ける!
対象身分/年齢
募集人数

15名

募集詳細

<団体概要>


「会話が生まれる。笑顔が広がる。-tiny yet real- 」


わたしたち学生団体Zasshiは、このスローガンのもとに、さまざまな話題を載せた雑誌を製作し、送付することで、発展途上国の若者に笑顔を届ける活動をしています。


学生にできる国際貢献はなにか。どうすれば途上国の若者に笑顔になってもらえるか。私達の答えは「話をすること」でした。

友人と話すように、同じ目線で話題を提供したり情報を発信する。学生の私達だからこそできる国際貢献だと信じ、雑誌を通して途上国の若者に話しかけます。


記事の内容は自由です。基準は1つ、メンバーが途上国の若者と何を話したいか。

その思いを記事にし、メンバーの声を雑誌に載せて途上国へ届けます。


話をすることで笑顔になれる。小さいことだけれど、確かに暮らしが明るくなる。そんな貢献がしたいと願っています。


活動が始まったばかりのまだまだ新しい団体です。あなたの力が必要です。

少しでも興味を持った方、私たちと一緒に活動してみませんか?

見学・質問大歓迎です!


<ビジョン>


飢餓、貧困、教育格差・・・途上国には解決すべき課題が山積みです。これら一つ一つの問題解決が必要不可欠だけれど、学生である私たちにとっては途方もなく膨大で難解の課題でした。 では、自分たちにいったい何ができるのか。


私たちが出した答えは

「私達に貧困を終わらせることは出来ない。それでも途上国の笑顔に貢献できる」でした。


学生の私達にできることは何か。学生だからこそできることは何か。


Zasshiは自分達にできる最大限の国際貢献を追求します。


体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

楽しい物を作ろうとしているので、話し合いの場も和気あいあいとしています。

特徴
雰囲気
男女比

男性:10%、女性:90%

団体情報

設立年

2014年

法人格

学生団体

学生団体Zasshiの団体活動内容

活動内容としては、記事の内容を決めて日本語で下書きをして、英語に訳して雑誌を作ります。

記事の内容によっては、取材に行くこともあります。


皆で楽しみながら活動していきたいと思っています。

学生団体Zasshiのボランティア募集

学生団体Zasshiの職員・バイト募集