こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. ホーム
  2. 埼玉のボランティア募集一覧
  3. 埼玉での国際系ボランティア募集一覧
  4. ガーナをおいしく学ぶ! ~本場の料理から生のシアバター、ブレイズヘア体験も~

更新日:2015/05/19

ガーナをおいしく学ぶ! ~本場の料理から生のシアバター、ブレイズヘア体験も~

開発メディア
メインビジュアル背景画像

この募集の受入法人「開発メディア」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

1-event_volunteer_recruiting_26842main.png
活動テーマ
開催場所

草加市高砂2丁目2−6

必要経費

2500円

募集対象

アフリカに興味のある方、外国料理の好きな方

募集人数

15名

募集詳細

みなさんはガーナ料理を食べたことがありますか?開発メディアganasは10月18日(土)の午後5時から、「ガーナをおいしく学ぶ」と題するクッキングイベントを埼玉県草加市のガーナレストラン「アフリカン・パレス」で開きます。このイベントでは、日本で約10年暮らし、アフリカン・パレスのオーナーであるガーナ人女性ティナ・アプラクさんと、ガーナ大学に8月まで留学していた開発メディアganas記者・矢達侑子が、本場のガーナ料理を作ります。その間、ガーナの文化や社会問題についても写真を交えながら紹介します。希望者にはブレイズヘア(付け毛を使った編み込み)の体験や、アフリカの布やドレス、アクセサリー、スパイスなども販売します!<料理について>今回は、ガーナで最もポピュラーな料理のひとつ「フフ」と「ライトスープ」を作ります。フフとは、キャッサバ(またはヤムイモ)と、プランテン(調理用バナナ)を臼に入れて、木の杵で餅のようについた料理。食感も見た目も餅に似ていて、味はくせがなく食べやすいです。ただ今回は実際につくのではなく、インスタントのフフ・パウダー(ホットケーキミックスのような粉)を使います。ライトスープは、トマトやタマネギ、トウガラシと肉類(今回は鶏肉)を煮込んだスープ。お好みでオクラも加えます。スパイシーな料理が苦手な方のためにも、今回のイベントでは辛さは調整可能にしています。さらに、もっと色々なガーナ料理に挑戦したい方は、追加オーダー(一皿1000円)もできます!またドリンクは、メニューからお好きなものをご注文いただけます。ガーナのソフトドリンクや地酒を堪能できる絶好の機会です。料理とドリンクのメニューやお店の雰囲気は、アフリカン・パレスのFBページ(下記URL)をご覧ください。アフリカンパレス/1933117703494647?ref=bookmarks◎日時:10月18日(土)午後5時~7時30分◎場所:アフリカン・パレス(〒340-0015 埼玉県草加市高砂2丁目2−6、草加駅から徒歩5分、グーグルマップは以下URL)埼玉県草加市高砂2丁目2−6&output=classic&dg=ntvb◎主催:開発メディアganas(特定非営利活動法人 開発メディア)◎対象:アフリカに興味のある方、外国料理の好きな方◎参加費:2500円(食事代、1杯のドリンク代込み)◎定員:15人(先着順)◎申し込み方法:ページ内の応募ボタンをクリックして、申し込みフォームを記入してください。<ガーナについて>ガーナは西アフリカにある人口約2580万人の国。チョコレートの原材料カカオの輸出で有名です。ガーナのカカオ輸出は、隣国のゴードジボワールに次いで世界第2位。日本に輸入されるカカオの約8割(2012年)はガーナ産です。またガーナは、サハラ砂漠以南のアフリカで、最初に独立を獲得した国として知られています。国旗の真ん中にある黒い星は、ブラック・アフリカとしての誇りなのです。統計局の2013年12月のデータによると、日本には約1961人のガーナ人が住んでいます。日本に滞在するアフリカ人のなかでは、ナイジェリア人(2634人)に次いで2番目に多いです。留学生もいれば、日本企業で働いている人、ガーナ料理のレストランや服の仕立て屋、アフリカ人向けの生活用品店などを経営している人もいます。みなさんの意外と近くで、ガーナの人々は生活しているのです。でも日本にいるとガーナの情報はほとんど入ってこないので、「ガーナってどこ?」と思っている人も多いかもしれません。

法人情報

代表者

長光大慈

設立年

2012年

法人格

NPO法人

開発メディアの法人活動理念

ganasは、途上国や国際協力・開発をテーマとする硬派のNPOメディアです。途上国の情勢・文化・生活、開発のトレンド、国際協力NGOの取り組み、BOPビジネスの動向など、大手メディアがカバーできない情報を中心に発信します。そうすることで、こんな見方もあるのか、という「複眼の視点」の提供を目指します。

途上国には貧しさや不条理もあれば、魅力的な音楽や料理もあります。そしてなにより、日本ではなかなか出会えない人たちがいます。途上国の人たちと本音で触れ合うと、日本社会に根強く残る「○○はこうあるべき」論が心の中で薄まっていくことがあります。良い面・悪い面含めて、途上国を知ることは多くの日本人にとって"世界"を広げてくれる、と私たちは信じています。

媒体名のganasとはスペイン語で「やる気」という意味です。書き手は学生や若い社会人などのボランティア、デスクはプロボノ。やる気のある人が集まって、このNPOメディアを運営しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

開発メディアの法人活動内容

Global Media Camp in セネガル、ミャンマー、カンボジア、フィリピン

Globalライター講座

77日記者研修


開発メディアのボランティア募集

開発メディアの職員・バイト募集