こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 千葉のボランティア募集一覧
  3. 千葉でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 自然体験キャンプで子どもたちの笑顔を育もう♪キャンプリーダーボランティア募集!

更新日:2024/06/02

自然体験キャンプで子どもたちの笑顔を育もう♪キャンプリーダーボランティア募集!

東京おもしろ野外学校
  • 活動場所

    千葉, 東京

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

  • 活動頻度

    週0〜1回

この募集の受入法人「東京おもしろ野外学校」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

週末や子どもの長期休暇に合わせて実施するキャンプで、班リーダーとして子供の活動や生活をサポートしていただけるボランティアを募集します♪事前に研修を行いますので、未経験でも安心してご参加いただけます!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

*キャンプ参加に伴う費用はすべておもしろ野外学校が負担します。
*集合場所までの往復の交通費を支給します。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

活動頻度

週0〜1回

注目ポイント
  • 子どもたちの体験活動のサポート
  • 団体運営に参加可能(プログラムの企画など)
  • ボランティア参加に必要な費用はありません
募集対象
  • 社会人
  • 大学生・専門学生
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア
  • *子どもとの野外体験活動に興味のある方
    *18歳~29歳までの健康な方
    *子どもの心の成長を大切に考えてくれる方
    *各研修会・打合せに参加できる方
    *2本以上のキャンプに参加を希望できる方
    ※野外活動や子供との活動経験は問いません

    特徴

    募集詳細

    自然体験を通して、子供たちと一緒に新しい「発見」や「感動」をしてみませんか?

    *子どもとの野外体験活動に興味のある方

    *18歳~29歳までの健康な方

    *子どもの心の成長を大切に考えてくれる方

    *各研修会・打合せに参加できる方

    *2本以上のキャンプに参加を希望できる方

    キャンプリーダーとして、子どもたちの体験活動のサポートをしてくれるキャンプリーダーを募集します。

    野外活動や子供との活動経験がなくても大丈夫です!お気軽にお申し込みください♪

    2024年度 説明会日程

    第1回 5月12日(日)14:00~15:00@コミュニティプラザ一之江

    第2回 5月22日(水)19:30~20:30@コミュニティプラザ一之江

    第3回 5月26日(日)14:00~15:00@コミュニティプラザ一之江

    第4回 6月2日(日)10:30~11:30@コミュニティプラザ一之江

    アクティボ応募ページからお申し込みください♪

    主な活動内容

    ①子どもたちの体験活動のサポート

    東京おもしろ野外学校は、4名~8名の子供で1班のグループを作り、キャンプリーダーが1班1人ついて、体験活動を行います。皆さんには、体験活動を行うなかで、子ども達と共に過ごし、安全に楽しく活動ができるようなサポートをお願いしています。

    ②団体運営に参加

    東京おもしろ野外学校は、学生・社会人を問わず、愉快な仲間たちが中心となって運営しています。研修会などでは、今行っているキャンプをより良くするためにアイディアを出し合ったり、新しい活動を生み出すための取り組みも積極的に行っております。皆さんには、キャンプリーダーとして参加頂くだけでなく、団体活動をより良くするために一緒に活動してもらいたいと考えています。

    応募後の流れ

    ①キャンプリーダーの説明会に参加

    まずは説明会にご参加ください。
    説明会では東京おもしろ野外学校の団体概要やキャンプリーダーの活動内容、待遇などについて詳しくお話させていただきます。実際に活動しているキャンプリーダーも参加していますので、気になること、不安なことなどなんでもご相談ください!

    ②理論研修に参加(初年度のみ):2024年6月2日(日)13:00~17:00@江戸川区内施設

    キャンプリーダーとしての基礎知識について学びます。
    座学での知識だけでなく、実際にリーダー役としてグループを率いて道を歩く体験などもを行います。

    ③宿泊研修に参加(初年度のみ):2024年6月15日(土)~16日(日)@千葉県佐倉市 野外活動施設

    カレーライスづくりや薪の組み方など野外炊事の方法、子どもと一緒に体験する際の注意事項などについて、
    実際に体験しながら学びます。初日の夜はキャンプファイヤーを行い、班ごとに出し物も発表します。
    キャンプリーダーに求められるスキルを体験しなから身に着けることができます!

    ④事前ミーティングに参加:2024年7月7日(日)PM@江戸川区内施設


    キャンプ実施前にキャンプに参加するリーダーが集まり、リーダーの顔合わせやキャンプの流れ・注意事項などを共有します。
    ※キャンプに参加するためには、この事前ミーティングに参加いただく必要があります。
    ※キャンプにより異なりますが、キャンプ実施の1~2週間前に事前ミーティングを行います。

    ⑤キャンプ参加

    キャンプ当日、子供たちと一緒に活動し、サポートします。わからないことや困ったことがある場合も、近くに先輩リーダーがいるので大丈夫です!安全に楽しいキャンプを作りましょう!

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    キャンプリーダーは私の一生の思い出

    これまでキャンプリーダーの経験はありませんでしたが、入ったことで人生が良い方向に変わったと思います。これまでで一番嬉しかったことは、久しぶりにあった子に「ラリー!」と呼んでもらえたことです。また、回数を重ねることで子供の様子を理解できるようになったり、先を考えた行動ができるようになったりします。キャンプリーダー申し込もうと悩んでいる方が居たら、自信をもってオススメします。この経験が一生の宝物になると思います。(20代男性 Rさん)


    人と人とを繋ぐ居場所

    子どもと関わっていると自分が伝えたいことが伝わらないことも多くある。それを教え合える仲間がたくさんいることがおもしろの強みのように思う。そんな仲間たちとプライベートで会うのもひとつの楽しみとなっている。それくらい先輩・後輩の壁が薄く感じる。おもしろのキャンプは、ボランティアというより、園児から小中学生、大学生そして、社会人までが一緒になって遊びまくる自分の居場所だって感じる。(20代男性 Fさん)


    自分が素でいられる、温かいホーム

    大学内のボランティア募集の張り紙の中からおもしろを見つけ、面白そうだなぁと思いその場で事務局に電話したのが始まりです。なんだかんだ5年間も在籍してこられたのは、ここで出会ったメンバーが大切な仲間になったからです。同期は大学や年齢もバラバラ、でもなんとなくキャンプ毎に顔を合わせるうちに気の置けない関係になってきて、キャンプ外でも遊ぶように、、そうやって今では何でも話せる、自分がありのままでいられる、そんな大切な居場所のひとつになりました。(20代女性 Hさん)


    子供たちからの学び。自分自身の成長

    自分中心ではなく子供達を中心とし、キャンプを通して一緒に過ごしていく中で子供達の見ている目線で物事を考えることができ新たな発見ができる。その中で自分には足りなかった周りを見ながら行動することや人前での発言・進行の仕方・子供への伝え方・親御さんとの関わりなどを学ぶことができる。社会人になった時に必要になってくる要素をこのおもしろ野外学校で得ることができた。(20代女性 Jさん)


    苦手を克服できる!!

    私は大学生からこの活動に参加していますが、最初の頃は、子どもたちや他のリーダーさんと上手く話すことができませんでした。「自分には向いていない」と思いながらも続けていきましたが、徐々にコミュニケーションの不安やその他の不安も払拭されていきました。どのように伝えればよいかなどを常に考えて活動していったからだと思います。今では、子どもたちに楽しんでもらっているのはもちろん、自分自身も楽しんでいます!!(20代男性 Sさん)


    新しい出会いの場所

    大学生になって初めておもしろ野外学校に参加しました。初めてのキャンプは不安も大きかったですが、頼もしい同期と優しい先輩リーダーに恵まれ、乗り越えることができました。子供との関係性だけではなく、大人同士の関わりもあり、新しい関係性の輪が広がったように感じます。友人に誘われて行ったキャンプですが、今では一人でも参加するほど、楽しく面白い活動だと思っています。(20代女性 Sさん)


    やればやるほど力になる

    私は、子どもと関われる楽しいボランティアがないか探しているところでこの東京おもしろ野外学校に出会いました。参加してみると、子どもたちが楽しむために様々な取り組みがあり、自分自身も体験に参加していくことでよい経験を積むことができています。これからも経験を積み自分の力にしていきたいと思っています。(20代女性 Aさん)


    楽しみが増えた。自分も成長できる場所。

    毎回子どもたちととキャンプを終える度、次のキャンプが楽しみであり、季節ごとにキャンプがあるため、1年を通しての楽しみが増えた。また、子どもたちと過ごす中で、自分自身も良い方向へと変わってゆくのが、毎回のキャンプを通して感じられるので、自分自身も高めたい!という方にはおすすめです。(20代 Sさん)

    特徴
    雰囲気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    東京おもしろ野外学校

    代表者

    伊藤 勝則

    設立年

    2000年

    法人格

    NPO法人

    東京おもしろ野外学校の法人活動理念

    おもしろ野外学校の目指すもの

    『気づき→考え→行動できる体験』

    野外における「体験活動」から自然や人と触れ合い「発見」や「感動」の体験を繰り返すことで、自分を取り巻く自然、他者、自分とのかかわりに「気づき」理解し互いに認め、高め合うことのできる人間関係の育成。さらに、非日常的な環境の中で冒険プログラムを、意図的・計画的に提供することを通して、主体的に「考え」「行動し」問題を解決する心を育むこと。そして、いかなる社会環境の変化の中においても、一人ひとりが夢を持ち、夢を目標に、たくましく生きていく人の育成を目指しています。

    東京おもしろ野外学校の法人活動内容

    おもしろ野外学校の活動内容

    ①野外活動指導者(キャンプリーダー)の育成活動

    東京おもしろ野外学校では、大学生、専門学校生、社会人の野外活動に興味・関心がある若者を対象に、年間を通した野外活動指導者の育成を行っています。
    野外における宿泊実習、リスクマネジメント、野外での集団遊びの実践など、指導者として必要な知識・技術の習得を目指します。 研修を終了した指導者は、当団体の運営するキャンプに参加し、子ども達の健康と安全を見守ります。


    ②子どもを対象としたキャンプ

    サマーキャンプ、スキーキャンプなど年間を通じて幼児・児童を対象とした野外における体験活動を行っております。キャンプ中は参加者の心身の安全を前提に、ゆとりを持った活動を心がけ、野外のおもしろさを追求できるよう体制を整え活動しております。また、お子様の年齢や興味に合わせ、それぞれ特色あるキャンプを企画し、一人ひとりにとって貴重な財産となるようなキャンプの運営に努めております。

    取り組む社会課題:『青少年教育、キャンプ、自然体験、生活体験、防災、減災』

    東京おもしろ野外学校のボランティア募集

    東京おもしろ野外学校の職員・バイト募集