1. ホーム
  2. 埼玉のボランティア募集一覧
  3. 埼玉での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 地方の社会課題をお金の回る仕組みを考えながら持続可能な解決を目指す団体

地方の社会課題をお金の回る仕組みを考えながら持続可能な解決を目指す団体

早稲田大学BAM部
  • 活動場所

    フルリモートOK, 埼玉, 東京

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    大学生・専門学生 / 高校生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

  • 活動頻度

    週2〜3回

基本情報

早稲田大学の学生を中心に社会課題となっている放置竹林問題を持続可能なサイクルで解決することを目指して活動する団体です。農業や商品開発、イベントの開催などを通じてお金の回る仕組みを自分たちで考えています

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

正式入会となった場合、年会費が5,000円かかります。

活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

通年募集です!興味のあるかたはいつでもお問い合わせください。

活動頻度

週2〜3回

募集対象

基本的に学生団体であるため、高校生から大学生までの学生を募集しています。

注目ポイント
  • 単なるボランティアだけでなく、活動が持続するような仕組みまで考えます
  • マーケティング
  • 商品開発
対象身分/年齢
募集人数

10名

特徴
応募画面へ進む

募集詳細

活動内容

①放置竹林の整備

②農業

③商品開発

④キッチンカー出店

⑤竹工作のワークショップや講座の実施


放置竹林の竹林整備

BAM部のメインの活動の一つが放置竹林の整備です。埼玉県本庄市に活動拠点として古民家を管理しており、その周辺地域の放置竹林整備を夏以外の期間、行っています。BAM部の活動は基本的に参加は自由なので、自分のペースで参加してもらって問題有りません。また、竹は初心者でも簡単に切ることができるので、初めての方もご安心ください!

みんなで荒れた竹林を整備して、終わった後、きれいになった竹林を見たときはかなりの達成感を味わうことができます!



商品開発

BAM部では活動を持続可能なサイクルで行うために、伐採した竹の利活用まで考えています。そのため、竹の活用につながる商品開発についてもメンバー同士で意見を出し合ったり、企業と連携しながら進めています。


キッチンカー事業

BAM部では竹炭パウダーを活用した食品の開発も行っており、2023年度からキッチンカーを購入し、そのような食品をイベントなどで販売しています。人が多く集まる場所で竹に関する活動のPRや竹炭食品を通じた竹の活用を行っています。



応募画面へ進む

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
関連大学
男女比

男性:40%、女性:60%

応募画面へ進む

団体情報

早稲田大学BAM部

“地域の社会課題を持続可能なサイクルで解決する”
代表者

大井晃亮

設立年

2020年

法人格

学生団体

取り組む社会課題:『環境問題、貧困、格差、疎外、持続可能な社会』

早稲田大学BAM部のボランティア募集

早稲田大学BAM部の職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む