1. ホーム
  2. 千葉のボランティア募集一覧
  3. 千葉での福祉・障がい・高齢者系ボランティア募集一覧
  4. 猫と人間が共に幸せに生きる社会をつくろう!保護猫ボランティア募集!

猫と人間が共に幸せに生きる社会をつくろう!保護猫ボランティア募集!

いちはら猫イチバン
  • 活動場所

    千葉 市原市[市原市市原市], 千葉 市原市 (県内、市原市を中心とした保護場所)

  • 必要経費

    1〜3,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

  • 活動頻度

    応相談

基本情報

千葉県市原市を中心に、「猫と人間が共生できる社会を創る」を合言葉に、保護猫活動をしています。猫の問題の背景にある人間の社会福祉の問題も共に解決している団体です。長年活動しているメンバー多数。

活動テーマ
活動場所

県内、市原市を中心とした保護場所

必要経費
  • 1〜3,000円

年会費3,000円
猫の保護に必要な経費、保護猫の食事、保護場所の確保などが含まれます。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

預かりボランティア、通いボランティアをご希望の上相談させていただきます。

活動頻度

応相談

募集対象

保護猫を預かってもらえる方
保護猫のお部屋の掃除やお世話を手伝ってくださる方
猫が好きだけど、一緒に暮らしていない、遊ぶ機会がない方
これから猫との暮らしを考えていて、トライアルの前に体験してみたい方
猫カフェでは物足りない、もう少し社会貢献したい方
猫が関係する社会問題に対して活動興味のある方
高齢化社会の中での、猫と人間の共生に興味のある方

注目ポイント
  • お世話を通じてかわいい猫の魅力に触れることができます
  • 猫のトラブルの背景にある社会問題の解決に取り組むことができます
  • メンバーは保護猫活動を長年しているベテランです
対象身分/年齢
募集人数

10名

関連スキル
特徴
応募画面へ進む

募集詳細

千葉県市原市を中心に活動をしている「いちはら猫イチバン」という団体です。

私たちは、保護猫活動を通じて「猫と人間が共生できる社会」を目指しています。


2023年12月22日に設立した団体ですが、何十年も保護猫活動をおこなってきたメンバーで活動をしています。

「猫を保護して欲しい」というご相談をたくさんいただく中で

人間側の社会福祉の問題をたくさん目にする機会がありました。


社会や家族との関係が絶たれて孤独のあまり発生した多頭飼育崩壊

地域コミュニティーの中で発生した猫の糞尿トラブル

高齢者と猫の共存のあり方

猫に依存して社会から距離をとってしまうケース

保護猫活動にも様々な活動があることへの理解不足

などなど


これまで、個人的な活動や少数で活動してきましたが、この度新たに団体として活動することで

猫も人間も社会の中で生きていけるお手伝いができると考えました。


より多くの課題に対応するために、ノラ猫の保護、保護猫の預かり、保護猫のお世話、これからの保護拠点づくりなど多岐に渡り一緒に活動をしてくれるメンバーを募集します。

もちろん、初めての方でも大歓迎です!

長く活動に関わってきたメンバーが一緒になって考え行動します。


猫が大好きな方、猫は好きだけど一緒に暮らしていない方、これから猫との暮らしを考えている方、気軽にボランティアに参加したい方、好きなことでボランティアしたい方、大勢でのボランティアは苦手だけど少人数でサポート万全での活動の方が合っている方、SNSの発信が得意な方、社会福祉問題に興味がある方など、お気軽にご相談ください。


また、ボランティアサークル、学校活動、社会福祉への研究など団体でのご協力も大歓迎です。


★学生の方へはボランティア証明書を発行します★

応募画面へ進む

預かりボランティアについて

【条件】

お家訪問させていただき面談をします。預かり環境を確認させていただきます。

・今後の譲渡会への参加が必須となります。

初回依頼は、最長6ヶ月です。次の依頼は1年間にします。

・ねこいちからの預かりボランティア依頼は一人(世帯)3匹までとします。

医療費は団体で負担します。相談してください。領収書必須

・ケージがない場合は相談してください。手配も可能です。

トイレ、トイレ砂、ご飯は団体から支給します。

・おやつは預かりボランティアの方の負担でお願いします。

・私たちは市原市の団体なので、直近の様子が分かるような距離の方へ依頼します。

・ボランティアが決まった方は、公式LINEへの登録を必須とします。今後も継続的に連絡が取れる方へ依頼します。

・基本的に医療費以外の金銭のやりとりは発生しません




体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:10%、女性:90%

応募画面へ進む

団体情報

いちはら猫イチバン

“猫と人間の未来を考える「いちはら猫イチバン」”
代表者

田中則子

設立年

2023年

法人格

任意団体

いちはら猫イチバンの団体活動理念

猫と人間が共生できる社会をつくります


保護猫活動を通して、猫トラブルや人間の社会福祉課題に取り組みます。

必ずしも猫と人間が一緒に暮らすことが目的ではなく、ある時には距離を置いたり、

触れ合える場所を持ったりすることで、猫と人間が共生できる社会を目指しています。

いちはら猫イチバンの団体活動内容

・保護猫のお世話

・ノラ猫の保護

・ワクチン接種、手術のための通院対応

・譲渡会などを通じて里親探し
・高齢者でも猫と関われる場所や機会の創出
・社会と関わりのない高齢者の外出の機会づくり


----------------

【現在】

保護猫のお世話を毎日しています。中には怪我をしている子や、病気を持っている子がいますので、それぞれに合わせたお世話が必要です。

お問合せいただいた地域へ猫を保護しに行きます。捕獲機を使わなくても人間になれている猫もいます。

保護した猫は順番に、検査、ワクチン接種や手術などに連れて行きます。

保護した猫ちゃんたちを(家または保護施設で)預かります。

家で預かれる方はその都度ご相談ください。

保護猫の譲渡会を開き、里親さんとのマッチングをします。

トライアルや実際に一緒に暮らす時のアドバイスなども行います。



【今後】

高齢の方でも猫との時間が持てるような居場所づくりも予定しています。

猫たちの様子が分かるSNSの発信、猫グッズの販売、他ではやっていないより猫とマッチできる譲渡会の開催などの企画運営も行っていきます。

将来的には、猫たちの看取りまで行える施設と高齢の方が猫と触れ合える施設が合わさったような猫カフェをクラウドファンディングを行い取り組む予定です。


イベントやセミナーで猫への理解を増やします


いちはら猫イチバンのボランティア募集

いちはら猫イチバンの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む