こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 初心者におススメ! ボランティアはじめの一歩 ベルマーク仕分けボランティア

    更新日:2018/08/03

    初心者におススメ! ボランティアはじめの一歩 ベルマーク仕分けボランティア

    公益財団法人 オイスカ
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1-singly_volunteer_recruiting_10157main.png

    ベルマークの仕分け・集計で海外の子どもたちの手による森づくりを応援します!

    活動テーマ
    活動場所
    • 東京

    オイスカ本部事務所
    東京都杉並区和泉2-17-5(最寄り駅:京王井の頭線「永福町」)

    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動

    平日の10時~17時の間のご都合の良い時間でご参加ください

    募集対象

    「何かしたいけど何をしていいか分からない方」「環境保全に興味のある方」「自分のペースで作業をしたい方」

    注目ポイント
    • 特別なスキルが必要ない分、“はじめの一歩”として最適です。事務所の雰囲気や活動を知ってもらってからほかのプログラムのボランティア活動に参加することも可能です
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • 小中学生
    • シニア

    募集詳細

    ベルマーク1点=1円になり、海外の子どもたちが取り組む森づくりの支援につながります。
    年間100万点程度の回収実績がありますが、仕分け作業にとても時間がかかります。ぜひ皆さんのお力を貸してください。

    地道な作業なので、
    「黙ってひたすら」やるもよし
    「みんなでわいわい」やるもよし
    皆さんそれぞれのスタイルで楽しんでくれています。

    活動に参加したことで、その重要性を理解し、学校での回収をスタートしてくれた学生さんたちもいます。事務所でのボランティアには参加できないけど、ベルマークの回収には協力できるという方も大歓迎です!

     

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    【ボランティア参加の中学生のブログ抜粋】
    ■ベルマークの仕分け
    集められたベルマークを番号で業者ごとに仕分けをし、
    その一部の番号を集計し、計算しました。
    3つに分けた後、何枚あるか数え、1点を1円に換算しました。
    これが本当にお金(海外での植林の支援金)になることがびっくりです!

    担当者によると、この作業はハマる人とハマらない人がいるらしいです。
    私は結構ハマりました。

    ベルマークは何のためにあるのかも分からなかった私ですが、ベルマークをお金に変えて人を助けることができるんだと学びました。食品に多くついているベルマークを見捨てないで集めてくれる人がもっと増えればいいなと思います。私の通う学校には、このように人を助けられることを知らない人が多いので、広めていく活動をし、寄附したいと思います。

    このボランティアの雰囲気

    学生もいれば(たまに幼稚園児もいます!)ご高齢の方までいて、世代間交流をしながらの活動となります。
    海外からのお土産のあやしい(?)をつまんだりしながら、のんびりまったりするもよし、ひたすら集中してやるもよし、自分のペースで作業できます。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 短時間でも可
    雰囲気
    • 外国人もいる

    法人情報

    Square tiny 1 author image 353user
    Square small 1 author image 353user

    公益財団法人 オイスカ

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    理事長 中野悦子

    設立年

    1961年

    法人格

    公益財団法人

    オイスカの法人活動理念

    東日本大震災復興支援として、津波で失われた名取市の海岸のマツ林を再生させるプロジェクトです

    オイスカの法人活動内容

    *農業技術指導を通した人材育成

    *森づくりなどの環境保全活動

    *海外開発事業

    *東日本大震災復興支援としての「海岸林再生プロジェクト」など