こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 宮城のボランティア募集一覧
  3. 宮城でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 南三陸の子供達へXmas訪問ボランティアツアー12月15~17日

更新日:2023/12/16

南三陸の子供達へXmas訪問ボランティアツアー12月15~17日

NPO法人フェローズウィル
  • 活動場所

    志津川駅 徒歩33分 [南三陸町]

  • 必要経費

    17,600〜22,600円(交通費5,000円含む)

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / 小中学生 / シニア

この募集の受入法人「NPO法人フェローズウィル」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

2014年から続けてきた、南三陸町の子供達やお爺ちゃん、お婆ちゃんに向け
たXmas訪問ツアー、町内施設内クリスマス会、幼稚園や保育園への訪問、皆
さんサンタになって子供達に笑顔を届けましょう。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 17,600〜22,600円(交通費5,000円含む)

学生の方17600、一般の方22600円 内訳は宿泊代17600円 交通費5000円の実費のみ、ボランティア保険、活動費不足分はすべて団体負担。*宿泊は朝夕二食付きです。

活動日程

東京駅近郊を08:00に出発、帰りは20:00到着予定で東京駅近郊、往復は中型バス、宿泊は民宿二泊です。その他プレゼント等ご寄付も応募、詳しくはホームページ参照下さい。

募集対象

南三陸町の子供達や、爺ちゃん、婆ちゃんに笑顔を届けたい思いを持ち、震災後の南三陸町を
訪れたいと思う方々全て。

注目ポイント
  • 震災被災地の今を知り、現地で生きる方々をサポートする
対象身分/年齢
募集人数

20名

特徴

募集詳細

東日本大震災から13年目を迎えた今年のXmas、2014年真っ暗だった町内を照らしたいとの思いで始めたXmas訪問ツアー、震災で悲しい思いをした方々、震災を知らず、新しい街に誕生した子供達に向け、多くの方々の善意を届けるツアーは現地の方々に「忘れないよ」というメッセージを伝える、大事な役割を果たします。

体験談・雰囲気

このボランティアの雰囲気

初めての参加者もすぐに打ち解けて頂く雰囲気がこのツアーにはあり、年齢の違った方々が同じ目的をもち、同じ活動をすることで、親睦や想いを共有できます、リピーターさんが多いのもこのツアーの特徴です。

特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

NPO法人フェローズウィル

“寄り添う close to you”
代表者

我妻 慶里

設立年

2011年

法人格

NPO法人

フェローズウィルの法人活動理念

私達はあなたに寄り添います、 WE CLOSE TO YOU

を活動理念としています。

フェローズウィルの法人活動内容

ボランティアツアー 法人CSR活動補助含め、100回以上被災地を訪問し今も継続中、都内・開催地区での支援販売会、防災啓蒙活動、災害支援、物資:支援金送付、南三陸もみの木基金の開設等多々。

取り組む社会課題:『災害弱者に寄り添い、防災や減災の必要性を知って頂き、災害を身近に存在するものとして認識して欲しい』

「災害弱者に寄り添い、防災や減災の必要性を知って頂き、災害を身近に存在するものとして認識して欲しい」の問題の現状  2023/09/06更新

新たな情報の上書きが、過去にある、大事な情報や現実を忘れさせる日常において、忘れさせない、忘れない活動を継続していくことが重要だと考えています、そして真実とは自分の足で赴き、自身の目や耳で見聞きすることで判るということを多くの皆さんと共有することがこれからも課題だと思っています。

「災害弱者に寄り添い、防災や減災の必要性を知って頂き、災害を身近に存在するものとして認識して欲しい」の問題が発生する原因や抱える課題  2019/11/18更新

災害弱者はいつもマイノリティであり、日の当たらぬところに追いやられがちです、弱者を生むのは社会がマジョリティ主体であるためです、でも手や目が届かぬところに本質があり、私達活動はまさにその本質に寄り添うことだと思っています。

「災害弱者に寄り添い、防災や減災の必要性を知って頂き、災害を身近に存在するものとして認識して欲しい」の問題の解決策  2023/09/06更新

解決策は誰かが命を守るため忘れず声を上げ、その声を聞いた方々が周りに対し、同じように声をあげる、その行動を続けることが解決の一助となると思います。

活動実績

2011年
2011年4月任意団体として我妻慶里が設立し同12月NPO法人として認証を受ける。

2011年04月01日

私達の活動を掲載している団体ホームページはWEB震災記録として国立国会図書館にて公開されています。*フェローズウィルとして検索してください。
東日本大震災から12年以上が過ぎていますが、2011年4月1日より120回以上被災地を訪れ、今も宮城県南三陸町支援の活動を継続しています。
熊本地震、広島水害、西日本豪雨被害への物資・支援金送付の活動も行っています、今回は丸森町ボランティアセンターを運営している丸森町社会福祉協議会へも早速支援金をお送りしてあります。

フェローズウィルのボランティア募集

フェローズウィルの職員・バイト募集