Ipledge towel

若者による単発ボランティアを中心にactivoで年間1,000名の応募を獲得 活動の幅も拡大

NPO iPledge(アイプレッジ)

職員数

4名

取り組んでいる社会課題・活動内容

次世代を担う若者が自ら考え行動を起こし、課題解決に向けて主体的に取り組める社会をビジョンに掲げ、「ごみ」を切り口にイベント会場で来場者に気づきを促す環境対策活動などを行う。東京都に拠点を置き、フジロックフェスティバルやサマーソニックなどの野外フェスや各種フードフェスなど全国各地のイベントに参加。

課題
  • ボランティアの応募総数が少なく、活動に必要な人数が集まらないこともあった
  • 当初の受付窓口はNPOの公式サイトだけだった
  • 長期間・大人数のボランティアが必要なイベントでの活動は未経験
効果
  • 導入から約5年半で累計3,900名の応募が集まった
  • 初めてボランティアに参加する中高生を中心に応募が増加
  • ボランティア大量募集の実績ができ、長期間・大人数のイベントも対応可能に

もっと多くのボランティアを集めたい 募集窓口の一つとして見つけたactivo

まず、iPledge様の活動について教えてください。

山口さん:私たちは若者の社会参加を応援するさまざまなプロジェクトを行っていて、特に中高生や大学生といった若い世代のボランティアさんが中心となっているのが「ごみゼロナビゲーション」という活動です。

これは野外イベントや海水浴場での環境対策活動ですが、ボランティアさん自身がごみを拾うのではなく、ごみの分別を呼びかけて来場者の意識や行動を変えていくという点が特徴です。イベント会場がきれいになっていく様子を見たボランティアさんに「自分の呼びかけがクリーンな会場をつくる一端を担ったんだ」と実感してもらい、社会参加につなげていく狙いです。

activoを導入したきっかけについて教えてください。

山口さん: 私たちの活動は規模が大きいものでは100名程度のボランティアさんが必要になりますが、活動当初は応募数が少なく、どこまで定員に近づけることができるか、という時期がありました。当時はiPledgeの公式ウェブサイトだけでボランティアを募集していたのですが、それだけでは応募数が足りなかったのです。

そこで、ボランティアのポータルサイトをいくつか利用することになり、その一つがactivoでした。当団体の代表がその時activoに出ていた案件や会社概要などをチェックした結果、信頼できるサイトだと判断して登録しました。

直近1年間で約1,000名の応募 特に中高生の伸びが顕著

activoでボランティア募集を開始して、どのような変化がありましたか?

山口さん:応募の数が増えました!activoを利用し始めた2014年3月から約5年半の間に、累計約3,900名もの応募が集まりました。直近1年間だけでも応募数は約1,000名にのぼります。

私たちが持っている受付窓口はactivoかiPledgeの公式サイトのどちらかで、利用開始当初はactivo経由の応募がそれほど目立っているわけではなかったのですが、activoの認知度が高まるのにつれて徐々に増えた印象です。

特に増えたのが、中高生からの応募です。activo経由の応募数が伸び始めた事に気づき、募集ページ作りに力を入れたり更新頻度を上げたりしたところ、初めてボランティアに挑戦する若年層が来てくれるようになりました。

学校でボランティアへの参加が課題として出され、「どうやって探せばいいかわからない」という学生たちが、先輩からの口コミやネット検索でactivoを知ってiPledgeの活動を見つけた、というケースが多いようです。

コアスタッフ(ボランティアコーディネーター)の榎本さんも、高校時代にactivoを利用してくださったそうですね。

榎本さん:そうです。受験が早く終わり何か新しいことをしたかったのですが、まだアルバイトが許可されない時期だったことからボランティアに興味を持ち、ネット検索で見つけたactivoからiPledgeのコアスタッフに応募しました。

多くのボランティアを獲得するために、募集ページ作りではどんなことを心がけていらっしゃいますか?

山口さん:ボランティア初挑戦の方も応募しやすいように、写真は参加者が笑顔で活動しているもの、会場の雰囲気が伝わるものを選んでいます。実際に「写真が楽しそうだったから来ました」という人は多いです。他の募集サイトでは枚数や容量の制限があったりしますが、activoは写真をいい画質でたくさん掲載できるところがいいですね。

榎本さん:私も写真が楽しそうだったので応募を決めました。スタッフがごみ袋を持って「イェーイ!」って感じで(笑)。活動内容や他の団体との違いがイメージしやすかったです。

山口さん:キャッチコピーや文章でも、「ごみを拾わないボランティア」といった表現を使うなどiPledgeの特徴を強調するようにしています。表現を考える時はactivo内の他の団体さんがどう書いているかも見させていただいています。同じフォーマットだからこそやり方の違いが参考になりますね。

また、応募フォームの項目を自由にカスタマイズできるので、入力項目を年齢、性別、電話番号、参加動機など最低限必要なものだけに絞り、応募者の心理的ハードルが少しでも下がるように工夫しています。

募集ページ作成画面の使い勝手はいかがでしょうか?

山口さん:わかりやすくて操作しやすいと思います。募集ページ作りはボランティアの学生メンバーにも手伝ってもらっているのですが、パソコン操作に慣れていないメンバーでも、少し教えればすぐに一人で扱えるようになります。

実際の活動への参加率はどれくらいですか?

榎本さん:年や活動によってまちまちなので一概には言えませんが…。例えば、夏休み中に実施した中高生からの気軽な応募が多い活動でも、応募者の8割程度は参加してくれていたと思います。

現在、ボランティア募集のプレミアムプラン(有料)をご利用いただいています。こちらのプランを選んだ理由や、使ってみて感じるメリットについて教えてください。

山口さん:プレミアムプアンは、募集するボランティアの人数が多くても応募者閲覧数が無制限だということで選びました。せっかくなのでプラン内で使える「広報力アップオプション」や「応募者への自動返信メール」も活用しています。

広報力アップオプションは、私たちは東京を拠点に活動しているので、地方で開催されるイベントの情報が現地の方に届きにくく、ボランティア募集で苦戦することがあるのですが、その際に少しでも多くの方の目に触れる機会が増えているのかなと感じます。

応募者への自動返信メールは、問い合わせ対応の手間が減るので助かっています。応募受付後に参加の可否を連絡するタイミングは案件によって異なり、3〜5日の場合もあれば選考を経て2週間後になる場合もあります。そういったスケジュールは募集ページにも記載してありますが、見落とす方もいるので自動返信メールで直接連絡できるのはいいですね。

ボランティア大量募集の実績ができ 挑戦できる活動の幅が広がった

activo導入でボランティア応募数が伸び、iPledgeの活動にも変化があったそうですね。

山口さん:NPO立ち上げ当初は、海岸やお花見会場でのごみゼロナビゲーションなど、比較的地味で週末だけでなく長期間取り組むような活動は、ボランティアさんが集まりにくかったのですが、私たちの広報活動の効果と併せてactivoを導入したことで、安定的に人員を確保できるようになりました。

そして、イベント運営側に募集実績を提示できるようになり自信もついたので、規模が大きく長期に渡るイベントにもチャレンジできるようになりました。例えば、2019年のゴールデンウィークに開催された肉フェスでは、3会場でそれぞれ1日あたり20〜40名のボランティアが日数にして25日分必要だったのですが、activo経由で約450名の応募を集めることができました。

activoで集まったボランティアの方の活動の様子はいかがですか?

山口さん:朝に初めて顔を合わせたボランティアの方が活動後はすごくいい表情に変わっていたり、最初は来場者への呼びかけを恥ずかしがっていた中高生がどんどん積極的になったりします。初めて参加した方がそういったボランティアの本質的な楽しさを実感できることは、とても大切だと考えています。

榎本さん:「ボランティアがこんなに楽しいものだとは思わなかった」という感想も聞きます。彼ら彼女らのボランティアに対する固定観念が、真面目で堅いものから「みんなで一緒にやる」「また行きたい」というふうに変わってくれたら嬉しいですね。また、ベテランボランティアさんや社会人の中に中高生が加わることで、普段の生活では接点のない人たちが出会い協力する貴重な機会が生まれていることも、近くで見ていて嬉しくなります。

プレミアムプランの費用対効果はいかがでしょうか?

山口さん:私たちは有料の広告によるボランティア募集は行っていないので比較はできないのですが、ボランティアに興味がある方に広く情報を届けることができるので、お金をかけて運用する意味があるツールだと思っています。

今後もactivoをご利用いただけますか?

山口さん:はい。activoは気軽に参加してくださる方を集めるのに欠かせないツールになっています。今後も継続して利用したいです。

activoを無料で試してみる

    関連する導入事例

    導入事例一覧に戻る

    無料で作成。3分でできる募集ページ。

    団体/法人のメールアドレス
    団体/法人HPのURL
    パスワード

    利用規約をご覧の上、ご登録ください。

    ※登録済みの団体様はこちらからログイン