★自分の好きがきっと見つかる!まちのこ団の活動参加説明会開催★

まちのこ団

基本情報

ドイツ発のプレイバスを茨城で初導入し、「子ども×あそび×まちづくり」の観点から活動を行っているまちのこ団。徐々に活動の幅も広がりつつあります。その活動へ興味がある方向けのオンライン説明会を開催します!

活動場所
  • オンライン開催/フルリモートOK

Google Meetを使ったオンライン説明会です。
※参加URLは申込者へ直接お送りします。
※実際の活動はオフラインです。
※活動エリアは、
茨城県(県央・県北)メイン
千葉県、東京都での活動も予定あり。

必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

オンライン説明会兼セミナーは毎回【20時】より行います。(別途記載がある場合を除く)

【6月】
5日
19日

【7月】
2日


★スケジュールは順次追加していきます。
・所要時間は90分程度です。
・各回最大3名程度。(目安)
・申し込みの際、上記のうちどの回に参加希望なのか教えてください。(該当日の前々日13時まで受付)

【重要事項】
参加希望の方は「プロフィール」「動機」などを詳しく記載してください。
記載が不十分ですとご連絡いたしかねますので予めご了承ください。

注目ポイント
  • はじめの一歩が踏み出せる
  • 子どもとの関わり方、場づくりが学べる
  • 同じ興味関心のある知り合いが増える
募集対象
  • 社会人
  • 大学生・専門学生
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア

☑人のため、自分の成長のため何かを始めたい方
☑子どもが好き、保育の勉強をしている方
☑子どものための居場所づくり、その運営に興味がある方
☑直感でビビッときた方
☑社会貢献を楽しくやりたい方 などのうち、 
継続して参加する意思のある方で主に10代~30代を募集しています。

募集人数

3名

応募画面へ進む

募集詳細

わたしたちは、まちのこ団です。

2020年に入り日本を襲った新型コロナウイルスは、世界規模で経済活動、社会生活活動を変貌させ、

私たちの活動支援対象としている子どもたちの生活も一変させました。

ピークは過ぎたものの、感染者は日々報告されていて、コロナ対策に応じて変化した生活スタイルは、

もはや以前のように戻ることはないともいわれています。

そのような中、以前のように、あるいは以前よりも重要で忘れてはならないこともたくさんあります。

子どもたちの成長における環境もその中の一つです。

コロナ対策での外出自粛・一斉休校は結果として

子どもたちから数多くの「経験する機会」を奪うことになりました。

一生に一度しかない入学式や卒業式、新しい子と出会う1学期、修学旅行、課外活動、発表会、放課後の外遊び、週末のレクリエーションetc...

徐々に社会活動が再開されている中で私たちができることは、子どもたちに「経験する機会」を設けること。

私たちまちのこ団は、「あそび」を一つのツールに、

そこから派生する喜怒哀楽の感情や、同い年や年下年上の子ども出会い、
好き嫌い、想像力の刺激、身体能力の向上などを子どもたちが得ていける場をつくり続けます。



活動説明会兼セミナーを開催します。

せっかくのご縁があり私たちの活動に参加してくれる方にとって、

その時間がより充実したものになってもらえるよう、

まちのこ団がどういった団体なのか、どのような関わり方が出来るかなどを

お伝えする機会を設けています。


それに参加して頂き、弊団の理念や考えに共感できる方で、

弊団の仲間として活動できるという方に限り、各種活動に参加して頂いています。


まずは参加してみて、私たちのことを知ってみてください♪


応募画面へ進む

体験談・雰囲気

特徴
  • 初心者歓迎
  • 友達が増える
  • 土日中心
  • 資格・スキルを活かせる
  • 平日中心
雰囲気
  • 真面目・本気
  • 1,2回生が多い
男女比

男性:50%、女性:50%

応募画面へ進む

法人情報

まちのこ団の法人活動理念

ミッション


子どもの"原体験"を豊かにする。


ビジョン


全ての子ども・若者が自信を持って生きる社会をデザインする


バリュー


アソビニケーション

(あそび体験×コミュニケーション×まちづくり)

まちのこ団の法人活動内容

まちのこ団の主な活動は以下の通りです。


■コミュニティプレイバス-移動式あそび場-事業

・まち中に子どものあそび場・居場所を届ける移動式あそび場の運営。


■拠点式場づくり-まちのこベース-事業

・大子町にコミュニティスペース「まちのこベースだいご」の運営

・ひたちなか市に放課後子どもの居場所まちのこベースひたちなか」運営


■企画運営まちづくり事業

・高校とコラボした商品開発企画

・チャリティカレンダー「笑顔カレンダーいばらき」の企画・制作・販売

・まちのこ団オリジナルグッズの企画・制作・販売

・子ども、親子向け防災教育の実施

・こどものまち・いばらきプロジェクト

・Living Street Project などなど。


沿革


2011年 まちづくり系学生団体「まちのこ」結成
2012年 同団体で東京都千代田区淡路町二丁目再開発計画に参画(~2014年)
2015年 チルリンピック構想が東京都千代田区まちづくり助成制度事業に選出(~2016年まで実施)
2019年 茨城県に拠点を移し、活動名を「まちのこ団」とする
  同年 茨城県主催県北ローカルベンチャースクール・ビジネスプレゼンテーションにおいて
    「コミュニティプレイバス事業」優秀賞受賞
2020年 クラウドファンディングでの資金調達達成
2022年 法人化

2023年 「Business Challenge Program (県北BCP)」にて
     「優秀賞」&「審査員特別賞」 ダブル受賞




取り組む社会課題:『子どもの貧困、教育格差、子どもの居場所、子ども食堂、発達障がいを持つ子どもたちに向けた取り組み、災害支援、福祉など』

応募画面へ進む
応募画面へ進む