こちらのボランティアは募集を終了しています。

7/20<1Dayボランティア>商店街のお祭り/小学生のお店体験サポート

(公財)京都市ユースサービス協会

この募集の受入法人「(公財)京都市ユースサービス協会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

商店街が企画する夏祭りの、お手伝いボランティアです。ヨーヨー釣りなどの出店を運営します。また、各出店では小学3年生がお店体験をし小学生が楽しく、安全にお祭りに携われるようサポートしていただきます。

活動場所
  • 京都京都市 七条中央サービス会(京都市下京区) (地図)
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1日限り)

注目ポイント
  • 活気あふれる商店街の夏祭りを体験できる
  • 小学生が商店街を好きになるためのサポートができる
募集対象
  • 社会人
  • 大学生・専門学生
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア

京都市内在住、もしくは通勤・通学先が京都市内にある13歳~30歳の方。

一緒に活動する人の年齢層について

  • 高校生
  • 大学生
  • 20代社会人
  • 30代
  • 40代
  • 50代〜

募集人数

10名

体験談・雰囲気

特徴
  • 初心者歓迎
  • 学校/仕事終わりから参加
  • 土日中心
  • ボランティア証明書発行

法人情報

京都市ユースサービス協会の法人活動理念

1. 青少年が自分の本来持っている力を損なわれることなく、伸ばしていけるように支援をします。

2. 青少年が問題を抱えた時や必要を感じた時に、課題を自ら乗り越えたり解決していくための力を獲得できるような支援をします。

3. 青少年が市民社会の一員として参画し、役割を担っていけるための経験の機会を提供します。

4. このような課題に対するユースサービスの事業が社会的な認知を拡大していくための活動を行います。

京都市ユースサービス協会の法人活動内容

◎支援する

・青少年の社会参加促進事業

・プレイパーク事業

・青少年の居場所作り事業

・相談事業

・就労支援事業

・場所提供

◎つなげる

・指導者・ボランティア養成事業

・地域参加のためのリーダーバンク事業

・青少年の交流促進事業

・資源を活かした協力・共催事業

◎伝える

・情報収集・提供・広報事業

・ユース・サービスの啓発

◎深める

・調査・研究

・研修事業

取り組む社会課題:『若者とともに、いまと未来をつくる』

「若者とともに、いまと未来をつくる」の問題の現状  2022/08/20更新

若者の声が大切にされていない/若者たちが主体性を形成していく機会が乏しい社会であること

「若者とともに、いまと未来をつくる」の問題が発生する原因や抱える課題  2022/08/20更新

若者の参加に関する社会の関心が乏しい。若者支援の法的根拠やアカデミックベースが乏しい。コロナウイルスによる活動の制限

「若者とともに、いまと未来をつくる」の問題の解決策  2022/08/20更新

若者の主体性が発揮しうる社会をつくる。ユースワークや第3の居場所としてのユースセンターの価値を有する場づくり、ユースワーカー養成に取り組む。