1. 特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会紹介ページ

特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会紹介ページ

更新日:2019/01/16
Mainvisualdefault
Avatar

特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会

特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の団体基本情報

団体名

特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会

法人格

NPO法人

HPのURL http://namicpa.jp
代表者

坂井 俊之

設立年

2014年

住所

長崎県長崎市出島町1-43 ながさき出島インキュベータ105

電話番号

095-893-8251

fax番号

095-893-8461

特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

21名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは9727団体中、上位7930団体に入っています。

特定非営利活動法人 長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の詳細な情報

法人番号

2310005007742

FAXの連絡可能時間

8時45分~17時30分

FAXの連絡可能曜日

月 火 水 木 金

長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の法人活動理念

この法人は、産学官の連携のもと、海洋関連市場への参入をめざす長崎県内企業を支援・育成することにより、長崎県域を核とする海洋産業クラスターの形成を図り、もって地域産業の振興及び雇用の創造に寄与することを目的とする。

長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の法人活動内容

当会の活動は、会員企業の人材育成や技術力向上に資するプログラム等を統括する「統括コーディネーター」のもと、これを補佐する「事業コーディネーター」のほか、グローバル対応、ROV技術開発、離島エネルギー問題などの課題に応じた専門家を適宜「支援コーディネーター」として委嘱し、会員企業への支援を行なっている。2014年度は地元企業等に対し、海洋再生可能エネルギーに係る技術面や社会経済の動向、更には新事業に取組む際の経営課題などの講座を計16回開催し(講演テーマ数は35)、延べ551名の参加をいただく中で学びと気付きの機会を提供する取組みに注力した。また、当会は、海洋再生可能エネルギーを柱とする新たな海洋産業分野における産学官金連携の産業界としての「要」の役割も果たしている。当会の活動の柱としては、実証フィールド関連サプライヤー企業群の形成と海洋関連の新事業を創出するという2つの大きなテーマを設定し取組んでいる。さらに、海洋再生可能エネルギーにおいて世界のトップランナーといえるスコットランドのEMECとも連携し、同関連企業及び大学・研究機関等との国際交流活動にも積極的に取組んでいる。この様な中、2015年7月には、スコットランド国際開発庁が当会事務所に「スコットランド・ハウス」を併設することとなり、同プレートの除幕式がスコットランド政府のヒスロップ大臣と当会理事長の手で行なわれた。

長崎海洋産業クラスター形成推進協議会に関連する団体

長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の概要ならactivo!

長崎海洋産業クラスター形成推進協議会の概要(HP http://namicpa.jp 住所長崎県長崎市出島町1-43 ながさき出島インキュベータ105 電話番号・TEL 095-893-8251)や代表者(坂井 俊之氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(環境・農業)、関連する社会問題 、長崎海洋産業クラスター形成推進協議会が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!