1. 特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水紹介ページ

特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水紹介ページ

更新日:2018/07/25

特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水の団体基本情報

団体名

特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水

法人格

NPO法人

HPのURL http://fukushimainochinomizu.com
代表者

奥山 實

設立年

2011年

住所

福島県郡山市安積一丁目3番地の5

電話番号

090-7079-5011 024-945-0403

fax番号

024-945-0403

特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水の組織情報

(有給常勤)職員数

3名

役員数

4名

理事数

3名

監事数(合計)

1名

特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水の詳細な情報

法人番号

2380005010392

団体ブログURL https://www.facebook.com/fukushimainochinomizu

FUKUSHIMAいのちの水の法人活動理念

この法人は、福島県内の妊産婦及び乳幼児、並びに保育園幼稚園児に対して、義援物資のミネラルウオーターを無料配布する事業を行い、将来的に危惧される子どもの放射線病の発生の予防に寄与することを目的とする。加えて、放射能災害に対する各種セミナー及び啓蒙活動を行うことを目的とする。

FUKUSHIMAいのちの水の法人活動内容

福島を始めとする、放射能被害を受けている地域は、未だ、深刻な状況にあります。最大の災害は、自分達がどのような状況に置かれているか、知らされていないとうことです。NHKのニュース(2012.2.27)は、2011年3月14日に、国は「悪魔の連鎖」(250km圏内汚染)の危険にあったと告げています。その時、その範囲にいた人々は死の危険にあったのですが、自分では知ることが出来なかったのです。民主主義の根幹は、自ら知り、自ら行動する権利です。 このプロジェクトの目的は、放射能災害の中で、不安に怯えている人々に、自ら知ることと、行動することを支援することです。 事業の第一は、ミネラルウォーターの配布です。水道水の安全は承知していますが、母親達は不安で、飲料のみか、煮炊きまでペットボトルの水を使用しています。この不安の故に、福島県の出生数は減少しています。堕胎の危険性を孕んだ社会情勢の中で、児童を持つ家庭の県外移動も2万人を超えています。私達の事務所には水を求める母親たちの声が絶えません。この不安に寄り添うためにも、今後もミネラルウォーターの配布を続けます。配布計画は、郡山、南相馬、福島、いわきの4箇所に倉庫を借り、近隣に配ります。既に2011年300tの実績があります。郡山本部倉庫(郡山市方八町2‐7‐17)は、50tのスペース、リフト、トラックを整備し、各ストックポイントも、10t単位の備蓄が出来るスペースが確保されています。 次に、放射能の実害についての知識を調べ、知らしめなければなりません。自主的なシンクタンクを構成し、インターネット放送局によって、情報発信をします。これは長期的には、水よりも安心感を与える事業になると確信します。今後の機材の整備が急がれます。

FUKUSHIMAいのちの水の注目検索ワード

FUKUSHIMAいのちの水に関連する団体

FUKUSHIMAいのちの水の概要ならactivo!

FUKUSHIMAいのちの水の概要(HP http://fukushimainochinomizu.com 住所福島県郡山市安積一丁目3番地の5 電話番号・TEL 090-7079-5011 024-945-0403)や代表者(奥山 實氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, 震災・災害, 地域活性化・まちづくり, 福祉・医療・障がい)、関連する社会問題 (保育)、FUKUSHIMAいのちの水が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!