1. 特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会紹介ページ

特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会紹介ページ

更新日:2019/06/12

特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会の団体基本情報

団体名

特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会

法人格

NPO法人

HPのURL http://neyagawatasukeai.org
代表者

森川 加代

設立年

2001年

住所

大阪府寝屋川市長栄寺町5-1

電話番号

072-826-4655

fax番号

072-838-8032

特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会の財政情報

財政概要

◯2019年度:
総収入額:105,112,000円,総支出額:105,087,654円
◯2018年度:
総収入額:112,886,570円,総支出額:103,849,226円
◯2017年度:
総収入額:108,496,264円,総支出額:112,073,319円
◯2016年度:
総収入額:109,441,934円,総支出額:107,391,911円

特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会の組織情報

組織規模(役員・職員合計人数)

27名

(有給常勤)職員数

2名

(有給非常勤)職員数

3名

役員数

4名

(有給常勤)役員数

0名

(無給常勤)役員数

0名

(有給非常勤)役員数

0名

(無給非常勤)役員数

4名

理事数

4名

監事数(合計)

1名

※組織規模6~29人であるこの団体は、activoのデータベースでは10088団体中、上位8210団体に入っています。

※有給の割合が多いです。

特定非営利活動法人 寝屋川市民たすけあいの会の詳細な情報

法人番号

9120005013225

会計基準

NPO法人会計基準

団体ブログURL http://blog.canpan.info/neyagawatasukeai/
関連ページ URL インスタグラム 公式youtube
閲覧書類URL 会則・定款

寝屋川市民たすけあいの会の法人活動理念

「たすけあいの会」は、一人一人の人間が尊重され、差別のない社会を目ざし、市民自らの手による寝屋川ボランティアビューロー(たすけあいホーム)を拠点として●人と人との交流の場づくりをめざします●たすけあいのネットワークづくりをめざします●市民による福祉のまちづくりをめざしますたすけあいの会の性格市民が創り・・・気づいた人が主役です。わく組にとらわれない開拓的な活動を目指しています。そのためにも運営資金もなるべく市民の手で、と考えています。市民が考え・・・その場かぎりの活動に終わらせず、常に問題の背景や改善の方向をさぐります。いろいろな領域の専門家も参加しています。市民が動いています。自分たちの手と足と頭を使って、助けを求めている人の「今」を支えます。私たちは、この会は、社会福祉法人大阪ボランティア協会を母体に1978年に生まれました。特定の宗教や政治的な信条を越え、一人の人間として、また一人の市民として活動を展開しようと願うものです。民間団体として独立した立場を守りつつ、行政機関とも協働して事業を進めています。また地域の社会福祉協議会などの民間団体とも協力しあって、地域福祉の推進につとめます。

寝屋川市民たすけあいの会の法人活動内容

1.ボランティア・ビューローの運営=事務局の運営以前は大阪ボランティア協会からの職員の派遣という形で専従の職員が常駐。しかし、現在は当番制で、月~金まで開館。土、日曜も必要があれば開館。現在は有償のスタッフと有償ボラで運営。 ★地域生活支援センターの運営寝屋川市の障害者相談支援事業の委託と大阪府の指定を受けて、相談事業を実施。大阪府の指定をうけて、重度障害者等包括支援事業を実施※大阪府の委託をうけて、「社会的ひきこもり社会参加グループ支援モデル事業」を実施 2.地域活動a)在宅サービス活動【ボランティア(無償)】お年寄り、障害児者、難病などの方々の家庭に訪問し、話し相手、遊び相手、買い物、家事、通院、病院への薬とり、通園のつきそい、留守番などのお手伝いをする。【ホームヘルパー・ガイドヘルパーの派遣】ヘルパーステーション「ほっと」介護保険の訪問介護事業と障害者、障害児の居宅介護事業、重度訪問介護、行動援護、ホームヘルパーの派遣を行っている。【社会参加活動センターぼちぼちはうす】地域のお年寄りの交わりの場づくり(エルダーサロンねやがわ)、障害のある方の日中活動の場「ぼちぼちはうす」の運営を行っている。現在、障害者経過的デイサービス事業の委託をうけている。今年度より、精神障害者ユニットも開設。日本でおそらくはじめての「精神障害者デイサービス」をはじめた【子どもたちの遊びのプログラムそるどみ(そるでどみんご)】月1回の主に障害のある子どもたちとボランティアの遊びの有償のプログラム。b)交流活動在宅のお年寄り、障害児者、難病などの方々とその家族、ボランティアの交流の場づくりとして、春と秋に出かけている。また、サロン的な集まり(たすけあいサロン)を月に1回、また、別に失語症・言語障害者の方のミニデイサービスを月に1回行っている。※「だがしや」・・・今年度、試行事業として、「だがしや」を開設。c)福祉施設への訪問活動市内の特別養護老人ホームへ月1度訪問している。そのほか、施設や団体の行事のお手伝いもする。d)移送事業(休止中)軽のリフト車、車いす対応車の貸出、運行。3.需給・連絡調整活動(コーディネート)ボランティアを必要とする人とボランティアと間の調整、関係機関・団体・施設との連絡調整。各種関係機関の会議への出席(保健所、施設など)。4.ボランティア活動の援助a)ケース検討会の開催在宅サービス活動に関わるボランティアのフォロー・アップとして、毎月開催。個々のケースについてのボランティア相互の意見交換と、コンサルタントによる専門的助言を通して、活動の円滑な推進を図ることを目的とする。このコンサルタントには保健師、開業医、大学教授など。 b)会場、備品の貸し出し5.教育・啓発活動ボランティアセミナー、介護セミナー、一般向け講演会(かわち市民塾)などの講座の開催。ホームヘルパー養成講座も現在企画中。6.広報活動会誌「つなぐ」の発行。新聞やマスコミへの働きかけなど。7.見学、来訪、交流、調査の依頼8.調査・研究活動実際の地域調査や各種のセミナーなどへの参加9.相談事業さまざまな相談をうける10.グループ援助活動ボランティア・ビューローを利用したり、会員内外でのグループへの支援。若いお母さんと子どものグループ(カンガルー倶楽部)、への支援など。また、寝屋川難病連絡会、、障がい者の自立を考える会「やじろべー」の事務局を担っている。その他、ネットワーク活動として、要請があれば関連会議などへの出席、協力、共催などを行う。

寝屋川市民たすけあいの会の注目検索ワード

寝屋川市民たすけあいの会に関連する団体

寝屋川市民たすけあいの会の概要ならactivo!

寝屋川市民たすけあいの会の概要(HP http://neyagawatasukeai.org 住所大阪府寝屋川市長栄寺町5-1 電話番号・TEL 072-826-4655)や代表者(森川 加代氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル(こども・教育, 地域活性化・まちづくり, 福祉・障がい・高齢者, 中間支援, その他)、関連する社会問題 、寝屋川市民たすけあいの会が募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!