1. 北海道上川郡下川町では町の持続可能な発展を担うコミュニケーションデザイン(PR)担当者を募集しています!

    更新日:2016/11/18

    北海道上川郡下川町では町の持続可能な発展を担うコミュニケーションデザイン(PR)担当者を募集しています!

    下川町産業活性化支援機構

    下川町産業活性化支援機構による募集についてご紹介致します。

    編集部からの紹介文

    下川町に「ひと」や「しごと」(企業)を呼び込むためのマネージメント、事業承継、新たな仕組み・新産業の創造をプロデュースする組織で、一緒に力になってくれる方を募集します

    募集要項

    活動テーマ
    勤務場所
    • 北海道
    • 上川郡

    北海道上川郡下川町共栄町1番地1

    待遇

    【給与】
    月額200,000円
    残業代別途支給
    【福利厚生】
    社会保険(健康保険、厚生年金保険)、雇用保険、労働者災害補償保険に加入
    【休日・休暇】
    土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇
    【給与以外の報酬】
    町役場を始めとする町内の様々な産業団体や、町外の支援団体などと連携をしながら進めていく仕事になりますので、さまざまな学びや人脈を得ることができます。また、下川町は移住者を受け入れる風土が根付いており、面白い移住者もたくさんいますので、仕事も生活も常に新しい刺激を受けられる環境があります。

    募集対象

    【対象人材像】
    以下のような能力をお持ちの方を求めています。
    ・基本的な広報能力(プレスリリース作成、メディア対応、PR戦略立案)
    ・メディア媒体(テレビ、雑誌、ウェブ媒体)への営業力
    ・移住者が興味を持つコンテンツの企画、実施、発信
    ・即戦力として、ミッションを理解した上で自ら事業を組み立てられる能力
    これらすべての経験や能力をお持ちでなくても、一部の業務やこれらに近い業務の経験がある方なども歓迎いたします。
    【応募資格】
    会社内でのPR職、もしくは、PR会社、メディア会社、広告代理店での経験や、 観光協会や旅行代理店などでマチを一体的に売り込んできた経験をお持ちの方で、以下に該当する方。
    (1)20歳以上50歳未満とし性別は問いません。
    (2)現在、3大都市圏または地方都市等(過疎法等に定める過疎地域以外)に在住し、採用後、下川町に住民登録できる方
    (3)地域になじみ、住民とともに汗を流しながら、地域活性化に取り組む意欲のある方
    (4)心身ともに健康な方
    (5)地域おこし協力隊の活動期間終了後も下川町に定住する意欲を持っている方
    (5)普通自動車免許を持っている方

    職種
    • 広報・マーケティング
    • 事務局・総合業務

    募集詳細

    引用元のDRIVEキャリアによると、

    下川町は北海道の北部、旭川市から車で90分ほどの距離に位置し、スキージャンプのオリンピックメダリストを輩出しているジャンプの町として知られています。人口は約3,500人、面積は東京23区とほぼ同じ64,420ha、町の90%が森林で覆われ、林業・林産業・農業を基盤としたまちづくりを推進しています。 平成23年には、豊かな森林を有効活用した森林総合産業の創出、低炭素化への先駆的なアプローチ、一の橋地区におけるエコビレッジの建設・集住化構想などが評価されて国の「環境未来都市」の認定を受け、持続可能な社会の実現と住民幸福度(GRH)全国1位を目指して更なる展開を行っています。 こうした取組...
    とのことです。

    詳細はこちら

    下川町産業活性化支援機構について

    HPのURL http://shimokawa-life.info
    活動内容

    下川町の魅力や産業を総合的に情報発信し、下川町に「ひと」や「しごと」(企業)を呼び込む
 ・下川町の魅力発信による総合移住促進活動(HP、マッチングイベントなど)
 ・全国8自治体(宮城県石巻市、岡山県西粟倉村、徳島県上勝町、宮崎県日南市など)とのローカルベンチャースクール事業の企画、運営
 ・メディア(テレビ、雑誌、ウェブ媒体)誘致活動
 ・まちのブランディング、下川ライフスイルの構築
 ・下川町に住みたい人、新たな仕事、企業の呼び込み、コーディネート
 ・その他目的達成に資する活動

    注目ボランティア

    注目アルバイト

    関連ボランティア

    関連NPOアルバイト

    近い条件で職員/バイトを探す