こちらの求人は募集が終了しています。

  1. 【北海道】国連難民支援キャンペーンPRスタッフ(ファンドレイザー)

    更新日:2019/09/01

    【北海道】国連難民支援キャンペーンPRスタッフ(ファンドレイザー)

    特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    ecfd3f03cc-1_TopPage_F2F_Recruitment.png

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本公式窓口「国連UNHCR協会」でFace to Face(街頭や商業施設で継続支援への参加を呼びかけるキャンペーン)PR活動 

    勤務形態
    • 契約/委託社員
    • アルバイト/パート
    活動テーマ
    勤務場所
    • 北海道

    活動範囲:札幌市内を中心に近隣の街
    道内他都市への出張あり(応相談)
    駅前や空港、商業施設、イベント会場でのキャンペーンPR活動
    ※月に1回、当協会・北海道連絡所にてミーティング
    ※活動場所へはご自宅を起点に直行直帰!
    ※公共交通機関(在来線・路線バス)利用
    ※転勤なし

    待遇
    • 時給1,100〜1,875円

    【給与】
     基本時給:1,100円~1,875円/時間
     ※週5日(フルタイム)
     総支給20~22万円/月(通勤手当を含む)
     基本時給1,100円でひと月21日(1日8時間)勤務
     184,800円+通勤手当+成果給+時間外手当(該当する場合)

     ※週3日シフト制
     総支給11~13万円/月(通勤手当を含む)
     基本時給1,100円でひと月12日(1日8時間)勤務
     105,600円+通勤手当+成果給+時間外手当(該当する場合)

     <モデル収入>
     月収25万円(入職半年)
     月収30万円(入職2年目)
     月収40万円(入職3年目・チームリーダー)

    ・成果給(基本時給に加え、基準を満たした場合に支給)
    ・時間外手当
    ・通勤手当(交通費実費支給)
    ・昇給/昇格制度
    ・出張手当

    【雇用形態】
     契約職員(初回は1ヶ月契約でトライアル期間)
     勤続1年以内は3ヶ月ごと、勤続1年超は6ヶ月ごとの契約更新
     チームリーダーは12ヶ月ごとの契約更新
     更新条件あり
     雇止め上限年齢あり

    勤務日程

    随時勤務(勤務期間:応相談)

    勤務頻度

    応相談

    【就業形態】
    シフト制
    週3日/月12日以上(応相談)
    土日のいずれか、または、両方を含む

    【勤務時間】
    8:00~21:00(実働8時間/参考例 9:30~18:30)
    活動場所によっては開始・終了時刻の変動あり

    募集対象

    【募集人数】
     急募!!! 若干名(商業施設内の活動がメインとなります)

    【募集対象】 
     未経験OK、幅広い世代活躍中!! (高校生不可)

    【応募資格】
    ・国際協力/難民支援/社会貢献に関心がある方
    ・人と接するのが好きな方
    ・笑顔を絶やさず元気な対応ができる方
    ・販売接客、営業(個人)、イベント、キャンペーン経験のある方、歓迎!

    【選考の流れ】
    応募

    質問形式のメールまたは電話インタビュー(5分~10分程度)

    面接(1回)/講習(所要2時間程度)

    内定

    就業開始
    ※開始時期や勤務日数はお気軽にご相談ください

    注目ポイント
    • 国連難民支援プロジェクトのもとキャンペーンPR活動を全国の主要都市で展開中!
    • 未経験の方も安心!充実した教育研修あり
    • 北海道(札幌市内を中心に近隣の街)エリアで私たちと一緒に活動しませんか?
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    1名

    職種
    • 営業・接客・カスタマーサポート
    • ファンドレイザー
    祝い金 1,000〜3,000円 祝い金とは?

    募集詳細

    1日100円で守れる笑顔がある

    世界135ヶ国で展開するUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の難民援助活動は

    日本をはじめ世界中の人々によって支えられています。


    終わらないシリア、南スーダンの紛争、アフリカ中部・東部での武装勢力による暴力行為、

    そして急激に深刻化したロヒンギャ難民危機など、世界には多くの難民問題が存在し、

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の支援者数は、2018年末には7,480万人となりました。


    5人中4人が5年以上の避難生活を強いられている

    5人に1人が20年以上の避難生活から抜け出せない現状


    これだけ多くの人々が、難民キャンプでの生活を余儀なくされ、紛争地帯などで命の危険に

    さらされています。そんな彼らを、ひとりでも多く救いたい。それが私たちの願いです。


    1日100円(毎月3,000円):1年で避難先の学校教育が受けられる教科書46人分

    1日150円(毎月4,500円):1年で自然環境が厳しい中で必要不可欠な保湿性の高い毛布74枚分

    1日400円(毎月12,000円):1年で暑さや寒さ、風雨から家族を守るテント2張


    ファンドレイザーの役割は、その活動で難民支援の重要性を「知ってもらう」ことだけではありません。

    どれだけの方々から、どれだけ目標の援助額を集め、難民にどれだけ届けられたかにしっかりコミットする、

    無償ボランティアではなく「きちんと届ける」ための活動です。


    都度ごとの援助ももちろん大切です。しかしながら、10~20年と長期に渡る難民生活を継続的に

    支援するためには、「国連難民サポーター」になっていただくための働きかけが欠かせません。


    だからこそ。街ゆく通りがかりの、まったく知らない方、おひとりおひとりに

    お声がけし、難民問題の現状を広く伝え、継続的な支援の必要性をご理解いただく、

    そして、共感をいただいた上で、継続支援への参加を呼びかけるキャンペーンPR活動が欠かせません。


    地道な努力の積み重ねですが、心と心の触れ合いを大切にしながら「多くのひとを笑顔にする」

    やりがいを日々体感できます。

    体験談・雰囲気

    この求人の体験談

    Face to Face(街頭や商業施設で継続支援への参加を呼びかけるキャンペーン)のキャンペーンリーダー

    インタビュー 国連UNHCR協会:


    国連UNHCR協会では、毎月の継続的なご寄付をお願いする国連難民支援キャンペーンで、多くのスタッフが活躍しています。今回はキャンペーンリーダーとして活動するスタッフのインタビューをご紹介します。


    なぜ、この仕事を選びましたか?


    ワーキングホリデーでデンマークにいた時に、難民の人たちと出会ったのがきっかけです。母国での過酷な話を聞き、自分に何かできないかと考えていました。日本に帰国したタイミングでこの仕事の募集を見て決めました。


    あなたにとってこの仕事のやりがいは?


    初対面の見ず知らずの人が、その日その時に自分が話しかけたことによって人道支援へ参加してくださるのがとても嬉しいです。もし自分がその時にお声掛けしなければ、その人はこの先ずっと支援に参加しないかもしれない、と思うとこの仕事は非常に大切な役割だと感じます。


    この仕事をするときに心がけていることは?


    わかりやすく伝えることを心がけています。難民のことを何も知らない、という人が日本にはまだたくさんいます。その人たちにとって、いかに自分のことのように捉えてもらえるかを意識して日々工夫しながら話しています。


    今後どのようにこの活動を発展させたいですか?


    ファンドレイザーという職業を、より多くに人に知ってもらえたらと思います。支援には様々な方法がありますが、職業、年齢、性別問わず、毎日違う人とお話をすることはこの仕事でしか得られない経験です。難民の人や支援をする人だけでなく、この仕事は自分自身にとっても大きな意味があります。

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Square small 554e5839dd picture 20190424122124

    特定非営利活動法人 国連UNHCR協会

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    理事長 田中 明彦

    設立年

    2010年

    法人格

    認定NPO法人

    国連UNHCR協会の法人活動理念

    国連UNHCR協会のミッションと定款

    ミッションステートメント[私たちの基本理念]

    難民の惨状を見て援助をしたいと思ったことはありませんか。
    でも、「どこへ援助したらいいの」、「どれくらいを?」、「税金はどうなるの」、など、
    不明なことがあり、ためらったことが多いのではないでしょうか。


    国連の難民援助活動に協力したい。そのための公式支援窓口が、
    私たち国連UNHCR協会です。

    ひとりひとりの援助が積み重なることで、
    ふるさとを追われた多くの難民の生活を支え、希望を与えることができます。

    生きるために必要最小限な水、食糧、医薬品、物資の輸送、教育の機会、
    自立への一歩さえ、事欠いてしまう場合があるのです。



    国連UNHCR協会は、みなさまの善意を、ベストな形で活動につなげてゆく団体です。
    また、その支援がどのように活かされているかも含め、
    難民の現状を報告し、みなさまと共に考えてゆきます。


    国連UNHCR協会の法人活動内容

    【UNHCRについて】

    UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関。1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞しました。また、1991年から2000 年までの約10年間、日本人初の国連難民高等弁務官として、緒方貞子さんが難民援助活動の最前線に立ち、紛争の犠牲者たちに向き合い続けたことでも知られています。


    【国連UNHCR協会について】

    国連UNHCR協会は2000年10月に、UNHCRの日本における公式支援窓口として、難民支援の輪を広げるための活動を行っている特定非営利活動法人(認定NPO法人)として設立。難民問題を解決するための支援活動に取り組んでいます。

    国連UNHCR協会のボランティア募集

    国連UNHCR協会の職員・バイト募集