1. フードバンク事務局(全体事務)

    更新日:2018/05/26

    フードバンク事務局(全体事務)

    セカンドハーベスト京都
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    3293db50ee-job_environment_recruiting_69431_main.jpg

    フードバンク団体です。企業や市民から様々な食品を集め、それを必要とする方々や支援する団体や施設へお届けします。長期休暇中に「こども支援プロジェクト」を行い条件を満たした希望される世帯に直接食品を出荷。

    勤務形態
    • アルバイト/パート
    活動テーマ
    勤務場所
    • 京都 京都市 ひと・まち交流館京都 (地図)
    • 京都 京都市 桃山南口駅徒歩3分 (地図)

    桃山南口駅から徒歩3分のサテライトオフィスがメインです。

    待遇
    • 時給1,000〜1,000円

    ※交通費月額1万円まで実費支給 
    ※試用期間(1ヶ月は時給900円)

    勤務日程

    【勤務時間】10:00~16:00(うち一時間休憩あり)
    水・日・祝日休み(土曜日は相談に応じます)

    勤務頻度

    週4〜5回

    募集対象

    ・社会人、主婦、シニア歓迎 ・年齢不問 ・PCスキル必須(メール、Excel)・要普通自動車免許(拠点間移動を車でする場合があります) ・経理事務経験者 
    物流を緻密に計画を立て管理したり、各種書類の作成、帳簿の記帳(入力)し税理士の指導を受けながら決算書の作成もお願いします。
    ・経験のないことでも自分で調べてぶつかりながらもミッションを達成できる人を望みます。

    注目ポイント
    • フードバンク活動の中核業務を担って頂きます。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • シニア
    募集人数

    1名

    職種
    • 事務局・総合業務
    • 総務・法務・人事・経理
    関連スキル
    • 会計
    祝い金 1,000円 祝い金とは?

    フードバンクは影の存在

    私達の活動は食品を提供した際、その最終利用者さんから直接「ありがとう」とは聞くことができない活動です。

    やってることは、物流企業のようですが、ボランティア一人ひとりは最終利用者さんの困難に思いを馳せ活動を続けています。アンパンマンは顔をちぎって提供していますが、フードバンカーは時間を提供しハートが熱くないと勤まらないかもしれません。

    募集詳細

    ”あなたがやりたいフードバンク活動がここにあります”

    デリバリーチームが担う定期配送、臨時配送、緊急支援。それとは別に、給食のない夏休みがあけて登校してくる子どもの中には、痩せて来る子がいます。企業や市民からの協力で食品を集め生活のしんどい世帯に直接食品を出荷し届ける「こども支援プロジェクト」をはじめます。


    • e1a081c92e-job_environment_recruiting_69431_sub1.jpg
    • 9b5f2ab266-FD.jpg
    • 5064030d24-job_environment_recruiting_69431_sub1.jpg
    • 7a27a8ab7d-meeting.jpg
    • 3f99ad1458-job_environment_recruiting_69431_sub1.jpg
    • 9cd0de59f8-job_environment_recruiting_69431_sub1.jpg
    • 9f187ab47e-SIMPO.jpg

    体験談・雰囲気

    この求人の雰囲気

    20名ほどのボランティアでデリバリーチームは活動しています。フードバンクは社会の様々なシリアスな社会問題に接して活動するのですが、団体内は明るく、和気あいあいとしています。

    特徴
    • 年齢不問
    • 学歴不問
    • 交通費支給
    関連大学
    • 京都
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Square tiny 84d8e69578 2hk logo mini
    Square small 84d8e69578 2hk logo mini

    セカンドハーベスト京都

    代表者

    澤田政明

    設立年

    2015年

    法人格

    NPO法人

    セカンドハーベスト京都の法人活動理念

    私たち『セカンドハーベスト京都』は、安全に食べられるにも関わらず今まで廃棄されていたであろう食品を集め、支援を必要とする人々を支える団体等に提供する活動を通して、京都における食品ロス削減とフードセーフティーネットを両立させる社会インフラの一つとなることを目指す。

    そのために、

    1.生活困窮者を支援する団体の善きパートナーとなります。

    2.困難な状況にある子どもたちを食を通して支えられる団体を支援します。

    3.食品関連企業にとって信頼されるパートナーとなります。
    4.ボランティアにとって有意義な活動の場を提供します。

    セカンドハーベスト京都の法人活動内容

    フードバンク部(FB)

    フードバンク活動は食品関連企業や個人から食品の寄贈を受けて、それを必要とする団体にマッチングさせてお届けします。

    【 デリバリーチーム 】

      ①定期配送:主に福祉施設など

      ②臨時配送:こども食堂や児童養護施設

      ③緊急支援:行政や社会福祉協議会の要請に応じて

    【フードドライブチーム】

      イベントやお店で食品回収拠点を設け食品を集めます。

    【こども支援プロジェクトチーム】

      長期休暇中の子育て世帯に直接食品を届けます