1. ホーム
  2. チャリティイベント
  3. 《東京/港区》視覚障害の方でもタブレットを体験できます。

更新日:2016/05/16

《東京/港区》視覚障害の方でもタブレットを体験できます。

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワークによる募集についてご紹介致します。

編集部からの紹介文

タブレットに初めて触れる方や、持っていても自由に操作できない方のためのサロンです。上手に活用している方と交流して、ぜひマスターしましょう。

募集要項

募集人数

0名

募集詳細

引用元のCANPANによると、

タブレットサロンは、視覚障害の方が定期的にタブレットを実際に体験できる場です。 これは、初めて触れる方や、持っていても自由に操作できない方のため、うまく活用している人との交流により、マスターしてもらうサロンです。  たくさんの方のご参加をお待ちしています。★ 本年度は下記で開催予定です。5月25日(水)、6月22日(水)、7月27日(水)、8月24日(水)、9月28日(水)、10月26日(水)日時:5月25日(水) 13:00~16:00 会場  :SPAN☆三田スカイプラザ      東京都港区芝5-29-22 フェリス三田1103号室(11階)      JR:田町駅より徒歩約6分 ...
とのことです。

詳細はこちら

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワークについて

HPのURL http://www.span.jp/
活動理念

全国民のインターネット利用率は70%を超えているのに対し、視覚障害者のネット利用率は多く見ても10%程度だと言われています。しかし、目からの情報の入手が困難な視覚障害者にこそ、インターネットからの情報を有効です。また、パソコンを利用することで、視覚障害者の自立と社会参加を促し、ひいては就労につながると考えます。そのために、視覚障害者のパソコンとインターネットの利用を進めることを第一の活動目的としています。

活動内容

(1)視覚障害者を対象とした各種パソコン教室の開催。(2)無料インターネットソフトSkypeを利用した遠隔パソコン教育の実施。(3)視覚障害者のパソコンサポートボランティア養成のための講座の開催。(4)自治体、公的機関、および各種団体からの委託による講座の開催。(5)視覚障害者・指導者を対象とした各種パソコン学習テキストの制作・発行。(6)メールマガジンやWebサイトによる視覚障害者のパソコン利用に有効な情報の提供。(7)フォーラムの開催や活動を通して他の視覚障害者PCサポート団体との連携。(8)会員勉強会などによる会員のパソコンスキル向上を目指した活動。(9)視覚障害者への理解・啓発を目的とした企業研修や各団体への出前講座の実施。

注目ボランティア

注目アルバイト

関連ボランティア

関連NPOアルバイト

近い条件でボランティアを探す