1. ホーム
  2. チャリティイベント
  3. 「ファンドレイジング戦略のための寄付者データベースの活用」と題した研修会が開かれます。

更新日:2016/05/10

「ファンドレイジング戦略のための寄付者データベースの活用」と題した研修会が開かれます。

日本ファンドレイジング協会

日本ファンドレイジング協会による募集についてご紹介致します。

編集部からの紹介文

講師に特定非営利活動法人NPOサポートセンター 事務局長小堀 悠氏を迎えてファンドレイジングを効果的に実施するか、データベース活用のヒントをが有るようです。

募集要項

募集人数

0名

募集詳細

引用元のCANPANによると、

団体の事業推進やファンドレイジングを効果的に実施するには、データベースの活用が必要不可欠とも言えます。どのデータベースを選択するとよいのか、ファンドレイジングにどのように活用するのか、また、そこに関連した決済システムについての内容 や、自団体の場合に、今どのような課題があり、これからどのように設計すべき か、ワークを交えながら学ぶことで、明日から生かせるデータベース活用のヒントをお届けします!講師小堀 悠(特定非営利活動法人NPOサポートセンター 事務局長/認定ファンドレイザー/認定講師)学生時代より、環境団体、まちづくり団体の設立や運営、資金調達に携わる。卒業後、民間企業のSEとして中...
とのことです。

詳細はこちら

日本ファンドレイジング協会について

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

HPのURL https://jfra.jp
活動理念

この会は、民間非営利団体やソーシャルビジネス(以下「民間非営利団体等」という)に対する寄付や社会的投資をすることが高く評価され、民間非営利団体等において資金開拓を担うファンドレイジング(資金調達)担当者が、誇りと自信をもって仕事を遂行し、また、寄付や社会的投資をした人々が幸せと満足を実感できる新しい社会を創造することに寄与することを目的とします。

活動内容

民間非営利団体やソーシャルビジネスに対する寄付や社会的投資をすることが高く評価され、民間非営利団体等において資金開拓を担うファンドレイジング(資金調達)担当者が、誇りと自信をもって仕事を遂行し、また、寄付や社会的投資をした人々が幸せと満足を実感できる新しい社会を創造する。 認定ファンドレイザー資格制度や「ファンドレイジング・日本」(大会)、子ども向けの社会貢献教育、遺贈寄付の推進、『寄付白書』の発行などに取り組んでいる。

注目ボランティア

注目アルバイト

関連ボランティア

関連NPOアルバイト

近い条件でボランティアを探す