1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京での国際系ボランティア募集一覧
  4. デジタルファイナンスの最前線がわかる!東京で定員40名限定の報告会参加者募集中。

更新日:2016/04/21

デジタルファイナンスの最前線がわかる!東京で定員40名限定の報告会参加者募集中。

一般財団法人アライアンス・フォーラム財団による募集についてご紹介致します。

編集部からの紹介文

ケニアの首都ナイロビで行われたファイナンシャルインクルージョン(金融包摂)推進に向けた金融法規制監督の共通ガイドライン策定に関する研修プログラムの報告会が2016年6月、東京で開催されます。現地の具体例を交えながら最前線の状況を知るチャンス!ご希望の方はホームページから申し込み可能のようです。アフリカのデジタル金融の「今」と「今後」を一般財団法人 アライアンス・フォーラム財団が紹介します。

募集要項

活動テーマ
開催場所

《会場》港区立ありすいきいきプラザ 多目的室
《会場の最寄り駅》東京メトロ日比谷線「広尾」駅

必要経費

《参加費》3,000円

募集対象

《定員》40名

募集詳細

引用元のJANIC NGO情報掲示板によると、

2014年のGlobal Findexデータ(世界銀行)によると2011年からの3年間で7000万人が金融サービスにアクセスできるようになりました。この飛躍的拡大の原動力となっているのはサブサハラ・アフリカにおけるデジタルファイナンス主導の低中所得層の金融アスセス拡大です。 ご存じのとおりケニアでは携帯電話送金サービスM-PESAを経由してGDPの4割以上に相当する額がやり取りされるようになった結果、ケニア政府がGDPを上方修正という事がありました。 このようにデジタルファイナンスは非公式経済と公式経済の融合に貢献しており、ウガンダ・ルワンダ・タンザニアをはじめとする近隣諸国でも同モデル...
とのことです。

詳細はこちら

注目ボランティア

注目アルバイト

関連ボランティア

関連NPOアルバイト

近い条件でボランティアを探す