1. 【福島/女性・学生歓迎】ミネラルウォーター配布ボランティア募集!

    更新日:2016/04/11

    【福島/女性・学生歓迎】ミネラルウォーター配布ボランティア募集!

    特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水

    特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水による募集についてご紹介致します。

    編集部からの紹介文

    子供たち・妊産婦のために、福島県郡山市でミネラルウオーターを配布するボランティアです。あなたの力を活かしてみませんか?

    募集要項

    活動テーマ
    活動場所
    • 福島

    FUKUSHIMAいのちの水 サンタハウス 福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2

    必要経費

    無料

    なし

    対象身分/年齢
    • 社会人

    募集詳細

    引用元のボランティアインフォによると、

    [条件] ・現地集合解散できる方 (電車で来られ方は郡山駅から現地すぐ前までバスも出ていますので、バスでお越しください。詳細はメールにてお知らせいたします。帰りの送迎は可能です。) ・18才未満の方は親御さんの承諾をお願いします。(おうちの方と連絡が取れるよう、家の電話又は携帯番号をお知らせください。) [募集期間] 募集開始 2016年2月23日 募集終了 2016年4月14日 [情報詳細] ■活動内容 毎月1800名~2000名への、妊産婦、0~18歳に、ミネラルウォーターを配布しております。一日、約400名分の水を配布します。その水の荷卸し、車への詰め込み作業をお願いします。...
    とのことです。

    詳細はこちら

    特定非営利活動法人FUKUSHIMAいのちの水について

    HPのURL http://fukushimainochinomizu.com
    活動理念

    この法人は、先の東北大震災の教訓に学び、特に災害弱者である妊産婦及び児童、老人が、平時に防災について学び備え、災害時に自分の命を守る力を持つことが出来るように支援するためミネラルウォーター、備蓄食品、救急用品等を無償配布し、地域の安全と安心に寄与することを目的とする。

    活動内容

    福島を始めとする、放射能被害を受けている地域は、未だ、深刻な状況にあります。最大の災害は、自分達がどのような状況に置かれているか、知らされていないとうことです。NHKのニュース(2012.2.27)は、2011年3月14日に、国は「悪魔の連鎖」(250km圏内汚染)の危険にあったと告げています。その時、その範囲にいた人々は死の危険にあったのですが、自分では知ることが出来なかったのです。民主主義の根幹は、自ら知り、自ら行動する権利です。 このプロジェクトの目的は、放射能災害の中で、不安に怯えている人々に、自ら知ることと、行動することを支援することです。 事業の第一は、ミネラルウォーターの配布です。水道水の安全は承知していますが、母親達は不安で、飲料のみか、煮炊きまでペットボトルの水を使用しています。この不安の故に、福島県の出生数は減少しています。堕胎の危険性を孕んだ社会情勢の中で、児童を持つ家庭の県外移動も2万人を超えています。私達の事務所には水を求める母親たちの声が絶えません。この不安に寄り添うためにも、今後もミネラルウォーターの配布を続けます。配布計画は、郡山、南相馬、福島、いわきの4箇所に倉庫を借り、近隣に配ります。既に2011年300tの実績があります。郡山本部倉庫(郡山市方八町2‐7‐17)は、50tのスペース、リフト、トラックを整備し、各ストックポイントも、10t単位の備蓄が出来るスペースが確保されています。 次に、放射能の実害についての知識を調べ、知らしめなければなりません。自主的なシンクタンクを構成し、インターネット放送局によって、情報発信をします。これは長期的には、水よりも安心感を与える事業になると確信します。今後の機材の整備が急がれます。

    注目ボランティア

    注目アルバイト

    関連ボランティア

    関連NPOアルバイト

    近い条件でボランティアを探す