年3,000円で、子ども達の夢と笑顔を支えよう【賛助会員 2021年後期募集】

メインビジュアル背景画像
支援総額
15,000
目標金額
支援者数 4
締切まで
リターンを購入して支援

ユースコミュニティーは、子ども達を支える社会を創るため賛助会の仲間を募集しています

活動を行っている理由・問題提起

政府のデータによれば、日本の子どもの7人に1人は貧困状態にあると言われています。さらに大田区が独自に行った子ども貧困調査では5人に1人が生活困難にあるという調査結果も出ています。

こうした子どもたちは経済的に塾に行く余裕がなく、学校の授業について行けなくなったり、満足な受験対策できません。結果、子どもたちの自己肯定感に影響を与えるだけでなく、進学や就職で不利な状況に置かれています。

生まれた家庭の経済状況が、将来社会を支えていく子供たちの自己肯定感を奪ったり、彼らの将来の選択肢を決めてしまっていいのでしょうか?

私たちは、困難を抱えつつも、頑張ろうとしている子ども達に、地域の大人達の力できちんとした学習環境を提供、将来の希望を与えることを目指し、大田区内に10カ所の教室を運営しています。


3,000円のご協力で実現できること

暮らしを支える(食育イベントや食材の配布)

家庭の事情が複雑で、困難な状況に置かれている子どももいます。

子ども達の生活と暮らしを支えるため、そしてふれあいの機会を創出するための活動を行っています。


政策提言(地域報告会や行政との懇談、子ども食堂など地域団体との連携)

声をあげられない当事者(子どもや保護者)に代わり、困難な現状と課題を社会に発信していきます。

地域から協力してくれる支援者を探し、さらに行政の施策について、地域団体と協働して働きかけを行っています。

交流と学習(支援者の垣根を越えた交流と学習)

所属教室や事業を横断した学習サポーター同士、さらには会費や寄付など縁の下で団体の活動を応援している方との交流と学習を促進します。

今後は、SDGSの取り組みや消費者問題を取りあげ、学習会を行います。


子ども達の未来を応援するため、地域からも広く寄付を募っています。


私たち、ユースコミュニティーは、困難を抱えている子ども達に学習環境を提供し、地域の大人達が関わることで、健全な社会ができると信じています。


活動を充実させるため、企業や地域からも広くご支援をいただいております。


その際、団体を支えているサポーター会員(賛助会員)がどれだけいるのか? が、支援や寄付をいただく際の大きなポイントとなっています。






支援の使い道

団体では、学習支援の他に、困窮家庭への生活支援や子ども達の居場所づくりを充実させるため、様々なイベントを実施しています。

一例をあげると、クリスマス会や卒塾イベントなどを実施。

シチューやカレーなどのメインディッシュの他、ケーキやお菓子などをみんなで制作します。

こうしたイベントの原資(食材費、プレゼント)などに、賛助会会費を利用させていただいております。

ユースコミュニティーの支援活動の向上のために使用させていただきます。



支援方法

・クレジットカードでご支援いただける方は、こちらのリンクからお願いいたします。


・銀行振り込みでご支援いただける方

・ゆうちょからゆうちょの場合 10100-92705651

・他行からゆうちょの場合 ゆうちょ銀行 〇一八店(ゼロイチハチ) 普通 9270565




最後の一言

困難を抱えている子ども達の学習を支えるため、このアクディボの募集サイトを通じ多くの学習サポーターさんが参加していただいております。

しかしながら、子ども達を支援できるのは勉強を教えられる人だけのものではありません。

貴方さまに会員になっていただくことで、ネグレクト、虐待、不登校、いじめ、学習障害など様々な困難を抱えながら頑張って生きて学んでいる子ども達の大きなサポートにつながります。



リターン

・年次報告書の郵送 ・イベントへの優先招待…会員限定の子どもの貧困や教育に関わる情報提供や事業報告、そして子どもの貧困や支援活動に関する学習会・ワークショップへの優先招待

返品・交換の方法

[リターンに欠損がある・ない場合の返品・交換] 性質上、返品は承っておりません。 [返品・交換の際の送料について] 物品寄付の場合の送料につきましては、誠に恐縮ですが、あらかじめ事務局までご相談ください。

リターンを購入して支援