【1,000円からのご支援】カンボジアの小学校100校に図書を贈ろう

メインビジュアル背景画像
支援総額
158,000
目標金額
支援者数 24
締切まで 67
リターンを購入して支援

カンボジアの地方の小学校に図書や教材を送ります。1校につき100冊の図書支援を行っています。1,000円からの寄付が可能です。皆様からのご支援をお願いする次第です。

チアフルスマイル設立の経緯

運命的な出会い

私とカンボジアとのかかわりは、こちらのポンナレット久郷さんとの出会いからでした。

彼女は、1975年~79年に起こったカンボジアのクメールルージュ政権下で生き延びた方です。彼女のご両親、兄弟たちは、この時代に亡くなりました。

講演会に参加して、壮絶な体験を語る彼女の勇気に、私は心を打たれました。

その体験は、図書としても出版され、小中学校の図書館にも置かれています。




教員養成大学での経験

翌年、私はカンボジアの教員養成大学に赴任することになりました。任務は、教官と学生たちの指導方法を改善し、教材の活用方法について助言をすることでした。

指導教官たちとチームを組んで、日本の指導技術を導入しながら、カンボジア教育の質の向上を目指して研究を重ねました。

教師の指導力は、カンボジアの子供たちの学びに直結します。

教育への情熱を燃やす若い学生たちは、指導方法や教材の活用方法をどんどん吸収していきました。

この学生たちも、すでに現場で指導に当たっています。

私は、彼らの今後の指導にカンボジアの将来を託しました。


カンボジアの本当の姿を知る

教員養成に関わる間、学生たちの実習授業を視察に行く機会が何度もありました。

そこで、目にした片田舎の小さな小学校。

校舎の屋根にソーラーパネルが一枚、この学校には電気が通っていませんでした。

水道もありませんから、井戸水を汲み出して教室に運びます。

照明のない薄暗い教室で学ぶ子供たち。ぼろぼろの教科書を2人で使っています。

図書室には、本がほとんどありませんでした。

教室にも、備品らしいものが見当たりません。

穴の開いた屋根の隙間から光がさしていました。

この現状は、約30年間日本の教育に携わってきた私にとって、あまりに衝撃でした。


ただ一つ救われたのは、そこに生き生きと学んでいる子どもたちがいたことでした。

午後の授業前に、当番の子どもたちが掃き掃除をしています。

真剣に学ぶ子供たちの姿が宝のように思えました。

休み時間には、外で思いっきり体を動かしています。

つぶらな瞳で、将来は先生になりたいと語る子供たち。

私は、この子どもたちのために、自分にできることは何かを問いかけました。

そして、導き出した答えが、


「そうだ、カンボジアの小学校に図書を届けよう。」


でした。


図書や教材を支援する背景

カンボジアと日本の就学率の比較

下の表の数字に大きな課題が潜んでいます。

カンボジア日本
小学校就学率77%99.6%
学校就学率
42%99.8%

これが、カンボジアの義務教育の実態です。


そう。


カンボジアでは、未だに半数以上の子どもたちが義務教育を修了することなく、大人になっていくのです。


その背景にあることを示すのが下の様子。


ここは、プノンペンのチュロイチャンバー地区の夜9時。


子どもたちが、ごみの中からお金になりそうなものを見つけては、袋に詰め込んでいます。

蓮の実を売り歩いてる少女の姿もあります。

学校には行きたいけれども、家族のために働かなくてはならない。

「ポンマーンチュナム?(年はいくつ)」


「ドップ(10さい)」


「ミエン、ママ?(お母さんはいるの)」


「デークナウプテー(家で寝ている)」


ほんの少しの会話で、この子の背景が読み取れます。


私は、思わず、ポケットから小銭を取り出し、これを買ってあげました。


こんな子供たちが、カンボジアには大勢います。


この子どもたちの学びを取り戻すために、私たちができることがあると思うのです。


中学校の在籍数が物語る事実

こちら、Chan Thnal中高等学校の校長サムナン先生。

先生との対話の中に、教育課題を示す事実が隠れていました。

下の表を、ご覧ください。

この中学校の在籍生徒数です。


7年生から8年生に進級しない生徒が162人いることがおわかりいただけますか。


それはなぜでしょう。

学年在籍生徒数
7年年(中1)443
8年年(中2)281
9年年(中3)249

答えは、


学びについていけずに、退学してしまう


からなんです。


学校を辞めた生徒は、家業を手伝ったり、縫製工場で働いたりするそうです。


こうして、学びを絶たれた生徒たちは、大人になっていく。


中学校の授業についていけない生徒の存在。


それは、初等教育の段階で生み出されていきます。


小学校中学年で、指計算をする子ども。

自分の名前すら書けない子ども。

今こそ、初等教育に手を差し伸べなくてはなりません。

これは、学校を建てることで解決されることではありません。

カンボジアの初等教育の質的な課題を解決する必要があるのです。


貧困の世代連鎖

クメールルージュが支配した1970年代に、人々は強制労働に就かされ、多くの人民が飢えや病で倒れ、犠牲になりました。この中には、多くの教師たちが含まれていました。

教える人がいない国。カンボジアは、教育の機能を失った国になったのです。


ここで、皆さんに想像していただきたいのです。


教育を受けない人々が大人になって家庭を持つと、その子供たちはどうなると思いますか。

生きる目的は、食べることが第一になり、教育への関心はほとんど持ちません。


子どもたちも、なるべくして学びのないまま大人になっていきます。


そして、親と同様の暮らしを繰り返します。


この連鎖がカンボジアの大きな課題なんです。


格差社会が生み出す歪み

下は、2020年の首都プノンペンの様子です。かつて「東洋の真珠」と呼ばれたこの首都は、内戦後に復興を遂げ、今では高層ビルが立ち並ぶ大都会になりました。

それとは対照的な地方の様子。

電気・通信・水道・ガスなどは、ありません。

田舎では、ほとんどが月収200$以下の世帯です。1日2$以下の生活費で暮らす極貧の世帯もあります。


教育の機会均等を目指して

同様に教育格差も広がっています。

プノンペンでは、富裕層の子どもたちが教育環境の整っている私立学校で学びます。

しかし、地方部・農村部では、教材さえ満足にそろっていない学校で学ぶのが現状です。

しかも午前と午後に分かれる2部制なので、半日しか授業を受けられません。

指導する先生方の数も、十分ではありません。


学校を少しでも魅力ある場所に

図書教育の充実を目指して

カンボジアの教育省でも、言語活動の充実を教育課題に挙げ、各校に図書室を設置するように呼び掛けています。


でも、実際は未だ図書室が設置できなかったり、あっても本さえ満足にない図書室であったりします。


この現状を、少しでも変えるために私たちができることは何でしょうか。

その一つが、図書や教材の活用支援なんです。

支援した100冊の本が並んだ本棚です。

そこに、子どもたちの言語活動が生まれ、心を耕し、必要な知識を深めます。

図書を渡すだけなく、図書の活用方法を先生方と協議をします。

そして、支援後にも活用状況を見届けるために再訪問をします。

学校が魅力的な場所になるほど、子どもたちが学校に集います。

そして、本を読めば読むむほど、生きるために必要な知識が身に付いていきます。


併せて、教材の活用方法も指導します。

まず、自らがやってみせる。

指導の成果が子どもたちの学力の向上となって現れます。

それを先生方にお伝えし、実践していただく。

これが活用にまで踏み込んだ支援の形です。


100校への図書支援を達成したい

現在までの支援

これまで58校の学校に、5,465冊の図書を寄贈させていただきました。(2021年11月27日現在)

100校の支援まで残り42校。

そのための目標金額を500,000円と設定しました。


活動紹介ビデオ

支援にも様々な形があります。

子どもの頃に赤い羽根募金をした経験がある方もいらっしゃるかと思いますが、何に使われるのかがはっきりとはわからなかったのではないでしょうか。


チアフルスマイルでは、関連する様々なページで情報発信を行い、我々の活動のすべてを皆様に公開しております。

ぜひ、私たちのこれまでの足跡をアクティボのページ当団体のホームページにてご覧ください。


支援金は「図書や教材を直接支援するための費用」に充てられます

例えば、100冊の図書を手渡すためには、


図書購入費

スティッカー代金

移動費用

滞在費用

通訳費用


最低でも、これだけ必要です。


そこで、我々NGOは、活動資金を生み出すために、様々な努力を続けています。


①自らの別事業での収入

②HPの広告収入や各種イベントでの収益

③皆様からのご支援金


本だけ購入しても、手渡すまでには至りません。

ボランティアそのものは無償行為ですが、NGO活動を推進するためにはどうしても経費が掛かります。

でも、我々は、収益を上げようとか、団体をより大きくしようとは考えません。


支援金の用途については、明確に、

「図書・教材を直接支援するためにかかる費用」

と定めてます。


この点をご理解いただき、私たちの団体理念、活動の在り方に共感していただける方々にスポンサーとなって活動を応援していただきたいと願っています。


ご支援は1,000円から受け付けております。(コーヒー2杯分で、図書が7冊購入できます。)

5,000円以上のご支援を頂いた方に、子どもたちからの感謝の手紙を贈ります。




10,000円以上のご支援を頂いた方には、支援証を贈呈いたします。

図書支援の感謝状を頂きます。


チアフルスマイルのお約束

・支援金は、すべてカンボジアの子供たちために遣われます。

・本当に必要とされている子どもたちに届けます。

・学校にまで直接足を運んで、図書を手渡しします。

・先生方と図書や教材を有効に活用していくための協議をします。

・支援活動の様子を随時ホームページにて紹介いたします。

・支援後の図書や教材の活用状況を見届けます。

あなたの真心をぜひカンボジアの子供たちに送ってあげてください。


実際の支援活動の記事はこちら




活動を行う理由

カンボジアでは、ご存知の通り、1970年代のポルポト政権による弾圧のために、教師をはじめ、多くの知識人が犠牲になりました。

国内では指導できる教師がいなくなり、その影響は現在まで続いています。

チアフルスマイルは、カンボジアの教育の質的な向上と子どもたちの言語能力向上のために、初等教育における読書活動を推進しています。


チアフルスマイルホームページ


活動で実現したいこと

・学校図書館の充実

・カンボジアの教師たちの指導力の向上

・カンボジアの子どもたちの基礎学力、言語能力の向上


これらが、カンボジアの子どもたちに、夢と希望を与えることになります。

活動実績

支援校総数58校 支援図書総数5465冊(2021年11月27日現在)

支援日支援学校支援内容
2018年12月22日      スバイリエン      Hunsen Mukda Primary School75冊
2019年 3月11日プレイベンKdoeang Reay Primary School125冊
2019年 3月31日スバイリエンChantrea Primary School125冊
2019年 4月29日スバイリエンToulsarla Primary School125冊、ボール類
2019年 5月 1日スバイリエンSang Kae Primary School125冊
2019年 5月 1日スバイリエンPhnoum Kroch Primary School125冊
2019年 5月 1日スバイリエンTror Peang Veng Primary School125冊
2019年 5月 1日スバイリエンChhrong Por Pel Primary School125冊
2019年 5月 1日スバイリエンHunsen Mukda Primary School60冊(教科書)
2019年 6月14日コンポンチャムKohea Primary School125冊、ボール、ネット
2019年 8月3日コンポントムNgon Primary School100冊、教科書48冊、ノートブック、文房具、ボール、ネット
2019年 8月3日コンポントムO Thnot Primary School100冊、ボール、ネット
2019年 8月3日コンポントムVeal Prinh Ler Primary School100冊、ボール、ネット
2019年 8月5日コンポンチャムOun Longrey Primary School90冊、ボール、ネット
2019年 8月5日コンポンチャムStung Chhreng Primary School90冊、ボール、ネット
2019年 8月6日プノンペンRatanak Primary School扇風機4
2019年 8月8日コンポントムPhom Kmer Primary School100冊、ボール、ネット
2019年 8月8日コンポントムKrang Deam Primary School100冊、ボール、ネット
2019年 8月8日コンポントムTang Krosao Primary School100冊、ボール、ネット
2019年 8月13日コンポントムVeal Prinh Primary School125冊、ボール、ネット
2019年 8月19日コンポントムToul Veang Primary School125冊、ボール、ネット
2019年 11月5日コンポントムKonpong Taben Primary School100冊、ボール2個
2019年 11月5日コンポントムSom Reth Primary School100冊、ボール2個
2019年 11月5日コンポントムChher Teal Primary School100冊、ボール2個
2019年 11月14日コンポントムSra Sramr Primary School100冊、ボール2個、ノート・鉛筆・ボールペン各360
2019年 11月23日     スバイリエンMoeng Samphan Primary School100冊、ボール、顕微鏡、温度計、方位磁針、壁紙教材、他
2019年 11月23日スバイリエンPrey Chher Teal Primary School100冊、ボール、温度計、方位磁針、壁紙教材、他
2019年 11月23日スバイリエンPrey Romdoul Primary School100冊、ボール、温度計、方位磁針、壁紙教材、他
2019年 11月30日コンポントムChhouk Rumduol-Choam Thnanh Primary School100冊、ボール2個、方位磁針他
2019年 12月9日コンポントムTbeng Sangkroh Primary School100冊、ボール他
2019年 12月9日コンポントムKbal Bai Primary Schoolクメールテキストブック45冊、ボール
2019年 12月14日 スバイリエン Pitch Montrey Primary School100冊、ボール他
2019年 12月14日
スバイリエンSaray Primary School100冊他
2019年 12月21日コンポントムRka Chour Primary School100冊、ボール他
2019年 12月28日コンポントムPong Krapeu Primary School100冊、ボール、文具類他
2019年 12月28日コンポントムPrei Chr Primary School100冊、ボール、三角定規他
2019年 12月28日コンポントムKampot Chhouk Primary School100冊、ボール2個、工作用厚紙、文具類他
2020年 1月11日コンポントムBrang Samraong Primary School100冊
2020年 1月18日スバイリエンChrung Popel Primary School100冊、方位磁針、折り鶴
2020年 2月1日コンポントムTa am Primary School100冊、文具類、ボール
2020年 2月10日
コンポントムBoeng Andeng Primary School100冊、理科教材
2020年 2月15日コンポントムPhothi Roung Primary School100冊、理科教材
2020年 2月15日コンポントムKrang Primary School100冊、理科教材
2020年 2月29日コンポントムAngkor Sen Chey Primary School100冊、文具類、理科教材
2020年 2月29日コンポントムSammoki meanchy Primary School100冊、文具類、理科教材
2020年 2月29日コンポントムSan Kor Primary School100冊、文具類、理科教材
2020年 2月29日コンポントムVoir Yeav Primary School100冊、文具類、理科教材
2020年 8月29日プノンペンSgnoun Pich Primary School100冊
2021年 1月8日プレイベンBaprei Primary School100冊
2021年 1月16日プレイベンChrey Khmum Primary School100冊
2021年 1月23日プレイベンThlok Primary School100冊、文具類
2021年 2月20日プレイベンChrey Khmum Primary School地球儀、天体図、世界地図、理科教材類他
2021年 2月22日スバイリエンBrasableak Primary School黒板補修用具
2021年 9月18日コンポンスプーChan Thnal high school数学・理科の問題集40冊
2021年10月18日コンポンスプーPrey Boeng Primary Schoolトイレ建設、100冊、文具類、算数教材
2021年11月27日コンポンスプーWat Tabeng Primary School100冊
2021年11月27日コンポンスプーRom Chek Primary School100冊

2021年12月7日現在


詳しくは、活動レポートをご覧ください。




支援の使い道

ご支援は、カンボジアの地方部・農村部に住む子どもたちの


図書購入費・教材購入費・移動費等


に使わせていただきます。


2021年12月7日現在、支援要請校がスバイリエン州・コンポントム州コンポンスプー州に14校あります。

今後も、支援校は増えていきます。




支援方法

クレジットカードでご支援頂ける場合は、こちらのリンクからお願い致します。

銀行振込でご支援を頂ける場合は、下記銀行口座へお振込みをお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーー

銀行名:三菱UFJ銀行 静岡支店

口座番号:普通 0520911

口座名義:マツダタツヒロ

ーーーーーーーーーーーーーーー

お振込みの場合には、完了後に、下記へメールにてご一報ください。


[email protected]


おわりに

1校に100$の支援、その100$で約100冊の本を支援できます。

寄付は1,000円からできますが、支援金額はご自由に設定できます。

活動の趣旨をご理解の上、皆様からの温かいご支援をよろしくお願いする次第です。

あなたの真心を、子どもたちに届けいたします。

ぜひ、あなたのお名前で図書を贈ってあげてください。

リターン

寄付は、1,000円から受け付けております。 ▼1回だけの寄付の場合 ・5,000円以上のご支援者には、子どもたちからの感謝の手紙を送ります。 ・10,000円以上のご支援者には、あなたのお名前で図書や教材を寄贈し、感謝状を贈呈します。 ▼継続寄付の場合 ・学校支援訪問への優先招待 ・感謝状の贈呈(支援期間に応じて) ・クロマー等のカンボジア綿製品又はシルク製品(1年間継続毎) ・年次報告書の送付 ・イベントへの優先招待 ・メンバーシップ(総会への参加権含む) *マンスリーサポートを頂いた方は、自動的に賛助会員としてチアフルスマイルの特典を受けることができます。

返品・交換の方法

返品について ・リターンの性質上、返品は承っておりません。

リターンを購入して支援