Fundraising 20365fbe73 img 0802

土佐闘犬のスターシアの命を救ってください。腟脱手術無事出来ました。

メインビジュアル背景画像
支援総額
142,000
目標金額
支援者数 15
締切まで
リターンを購入して支援

膣脱という病気のために飼育放棄され動物愛護センターに持ち込まれようとしていました。
病気になったから、高額の医療費がかかるからと殺される命があっていいのでしょうか?
人間しかこの子を助けられません。

膣脱という病気のために保健所に持ち込まれようとしていた子です。

一見黒ラブに見えますが、土佐闘犬のスターシアです。



膣脱と異様な痩せ方で保護されました。保護当時の体重がたったの25キロしかありませんでした。


痩せすぎていて手術するにはまず体力をつけないとならないとの診断で、まずは太らせることから始めました。


保護当時からひどい下痢でムース状の便をしていました。


大量の回虫が寄生していました。


子犬用フードに子犬用ミルクをふりかけて毎日あげました。


おかげで現在体重は34.2キロまで回復しました。


そろそろ手術が出来そうかなと思っていましたが・・・


団体のお世話になっている動物病院で当初手術可能かとおもついましたが、土佐闘犬となると

土佐闘犬の手術経験のある先生と、麻酔から醒めたときに一時的にパニック状態になるのに

対応可能な設備のある病院でないと難しいとの事でした。


大学病院クラスでの手術で、しかも尿道がひっくり返っているために尿道ごと飛び出した膣を

切り取ってつなぎ直すという大掛かりな手術になってしまうそうです。


費用も最低50~最大100万近くかかるかも知れないとのことでした。

(費用が高いとのご指摘もありましたが、首のリンパの腫れなど、癌の疑いも含めて最大値となっております。)


うちのような小さな団体ではさすがにそこまでの費用は難しいです。


たまたま矯正トレーニングが出来るので、保護犬をセラピードッグ並みにして募金活動をして

なんとか活動している団体です。

スポンサーもいません・・・


お金も無いくせになんでこんな犬引き受けるんだとお叱りもあると思いますが、現実として土佐闘犬を引き取る・・・


ましてや病気持ちの土佐闘犬を引き受けるところはほとんど無いんです。


何とかして助けてあげたいと思いました。


もちろんこのままでは、本来体内に入っている粘液部分ですから傷つきますし、そこから細菌感染して

命に関る可能性も大きいので至急の手術が必要です。


どうかスターシアの命を救うのに力をお貸しください。





活動を行っている理由

当団体では、問題犬を主に保護しています。


人を威嚇する犬や噛む犬、破壊行為のある犬や老犬。

なかなか保護してもらえない子たちを主に保護しています。


通常、動物愛護センターから保護引き出される犬は譲渡適正犬と言われ、7日間の命の猶予があります。


噛む犬や病気の犬や高齢犬は、譲渡不適正犬と呼ばれ当日か翌日に殺処分されてしまいます。


動物愛護団体は大変なお金がかかります。


なのでできれば医療費のかかる子や貰い手のない高齢犬や噛む犬は敬遠されてしまいます。

敬遠するまえにすぐ殺されてしまうのですが・・・


当団体は今までは噛み犬や問題行動のある子を矯正トレーニングをして、新しい飼い主に送り出すという

趣旨で活動していましたが、もしかしたら高額医療費のかかる子も新しい発想で支援金集めができたら

助けられるのではないか?


土佐闘犬なんて特殊な危険な犬は扱える人がいないので、当団体が助けなくては誰が助けるのか!


散歩のたびに飛び出た膣を洗ってあげないと、感染症が怖いのでその手間も大変です。


散歩もやはり闘犬なので、万が一を考えると多頭引きはできません。


手間もかかり大変な子です。


しかし、スターシアは人に対してはとても温和な子です。



保護して2ヶ月ほど過ぎて、最近は私の口元をペロペロするようになりました。

とても甘えん坊です。



膣脱以外にも病気が隠れている可能性が高いとの事ですが、まずは膣脱を手術して回復してくれるのを

願うばかりです。


もしも他の病気があったとしても、出来る限りの事をしてあげたいと思います。














支援の使い道

スターシアの膣脱の手術代と飼育経費です。


土佐闘犬なのでシェルターの他の犬の安全のためにも、体力が回復してきたので土佐闘犬用の犬舎が必要です。


また現在、首のリンパ節が腫れており、別の疾患の可能性(癌)もあります。


スターシアにかかる医療費は、手術終了後に当団体のホームページにて公開いたします。


スターシアにかかる医療費以外の余剰金が出た場合は、他の犬猫のために使わせていただきます。




支援方法

クレジットカードでご支援頂ける場合は、こちらのリンクからお願い致します。

銀行振込でご支援を頂ける場合は、下記銀行口座へお振込みをお願い致します。

ーーーーー

◆ゆうちょ銀行
記号番号:総合 10930-38041091 口座名義 一般社団法人レスキュードアニマルネットワーク
シヤ)レスキュードアニマルネットワーク

*他金融機関からのお振込の場合

店名 〇九八 (ゼロキュウハチ )
店番 098
普通 口座番号 3804109 口座名義 一般社団法人レスキュードアニマルネットワーク
シヤ)レスキュードアニマルネットワーク

ーーーーー


▼振込み寄付の場合

…・スターシアからの感謝状絵葉書が毎月届きます。 お振込みで寄付された方はぜひお名前・ご住所を

 こちらのフォームよりご連絡ください。 一言スターシアへの応援メッセージいただけたら嬉しいです。


https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fdbf2d81c8529a03



最後の一言

どうか皆様のあたたかいご支援をスターシアにお願いいたします。
スターシアの土佐闘犬らしい姿をもう一度取り戻してあげたいと思います。




無料または安価で手術して頂ける動物病院様のご支援も同時に募集しております。

ご支援頂ける病院様、獣医師様がいらっしゃいましたら、お手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。

050-1001-0112

[email protected]


一般社団法人レスキュードアニマルネットワーク活動理念

私たちは犬や猫やうさぎと人間が100倍幸せになる活動をしていきたいと思います。


R.A.N.は動物愛護団体が敬遠する問題犬を率先して保護し、矯正トレーニングをして新しい飼い主に送り出すのが

一番の活動目的です。


噛む子を本当にだれの言うことも聞くようにするには短くて半年、長いと3年ほどかかります。

手間ひまかかりますし、噛まれてケガもします。


それでも闇に葬り去られる命を助けたいと思っています。


R.A.N.に保護された問題犬達は、もし動物愛護センター飼い主が持ち込みをすると譲渡不適正ということで殺処分に

なってしまっていた子達です。

譲渡不適正犬は翌日殺されてしまいます。ましてや噛む犬ならなおさらです。


そもそも問題犬となってしまったのは先天的な障害などでない限り、人間のせいです。


それを面倒見きれないから殺してしまうというのはあまりにも勝手すぎないでしょうか?

犬も猫もうさぎも、人間と同じ命なのです。

世界でたった1つの命。それは人間より軽いわけがありません。


今や当団体の看板犬となったトン吉は、もともと複数人の人を噛んで怪我をさせた手のつけようのない犬でした。


保護した当時8歳でしたが、矯正トレーニングを行い、今では赤ちゃんが耳を引っ張っても怒らない犬になりました。

ちゃんとしたしつけをすれば、成犬でもやり直せます。



またR.A.N.のもう一つの活動趣旨としているテーマがります。


「お年寄りや一人暮らしにこそ心を寄り添えるペットが必要なのではないでしょうか?」です。

犬は新しい飼い主を、高齢者は犬を互いに求めています。


猫でもうさぎでもいいんですけど、散歩という点で高齢者には犬がいいと思います。


健康寿命も延びるという医学的根拠もあります。

足の不自由な方には猫やうさぎもいいですね。


しかし現実的には、自分が先に倒れたらという不安から諦めてしまっている方がほとんどです。


R.A.N.ではそういう方こそ、保護動物の一時預かりをしたらいいのではないかと薦めています。

一時預かりなら終生飼育の責任はありません。


保護動物の一時預かりこそが、新しい高齢者の動物との暮らし方ではないかと思っています。


・問題犬を優先的に保護し、矯正トレーニングを行って、誰からもかわいがられる子として新しい家族のもとに

 送り出します。

・問題犬のしつけ無料相談、アドバイス。

・環境省は、自治体が掲げる犬猫の「殺処分ゼロ」の定義を明確化し、譲渡が難しいケースを除外する方針を固め、

 病気や攻撃性を持つ犬は殺処分しても数えないという法案を今度の動物愛護法改正で導入しようとしています。


 R.A.N.はこの法案に断固反対し、署名活動を行っています。


・「うんち拾い隊」


うんちの放置が社会問題になっています。「よそのうんちも拾います。落ちているうんちを見てみぬフリをするのは、捨てるのと同じ。」というコンセプトのもと、本当の愛犬家なら町を綺麗にするためにも、

愛犬が疑われないためにも、犬の飼い主は・・・


なんて言われないためにも、人のうんちも拾おう!という活動をしています。

ペットショップやブリーダーの規制や飼う人の規制も大切だと思います。


しかしそのような法的な規制には大変な時間がかかります。

その間にも日々たくさんの命が失われています。


我々は、今失われてしまう命を守らずして何を守るのかという思いで活動しています。


先の法規制を唱えながら、今救うべき命に、もっとたくさんの人が気づいて欲しいと思います。


捨てる人よりも、捨てられた命を守る人が多ければ無意味な殺戮は止められるのではないでしょうか?


本気で動物たちの命を守りたいと思う同志ボランティアさん常時募集しております。

リターン

▼1回だけの寄付の場合 …・スターシアからの感謝状絵葉書 ▼継続寄付の場合 …・スターシアからの感謝状絵葉書が毎月届きます。 ▼振込み寄付の場合 …・スターシアからの感謝状絵葉書が毎月届きます。  お振込みで寄付された方はぜひお名前・ご住所を以下のフォームよりご連絡ください。  一言スターシアへの応援メッセージいただけたら嬉しいです。  https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fdbf2d81c8529a03  

返品・交換の方法

リターンの性質上、性質上、返品は承っておりません。

リターンを購入して支援