【緊急支援】コロナ渦に襲ったスラムの大火災による被災者救済活動へのご支援のお願い

メインビジュアル背景画像
支援総額
0
目標金額
支援者数 0
締切まで
リターンを購入して支援

新型コロナウィルスによるロックダウンで仕事を失い、ただでさえ困難な生活を強いられているスラムを襲った大火災。その被災者の救済と復興支援活動のための緊急支援に、もしよろしければ、ご協力をお願い致します。

母の日にスラムを襲った大火災

2021年5月9日、母の日。
家族の絆を大切にするフィリピンでは、家族みんなが母の日を祝い、感謝します。
そんな大切な日曜日、フィリピン・セブ島のNGOの支援地域で大きな火災が起きました。
147世帯(約550人)が家を失い、また、慌てて持ち出した、わずかなもの以外のすべてが燃えてしまいました。
貧困に苦しむ生活の中、苦労して買った家具やTVや服、そして、この日のために、乏しいお金で、でもせいいっぱい準備した母の日のご馳走や飾り付けも、、、

被災地の「今まで」、そして「今」

火災の被災地は、私たちのNGOの事務所やスラムの子どもの施設から、徒歩5分の場所です。
Sitio Seaside, Basak san nicolas, Cebu city(セブ市バサクサンニコラス町シーサイド)という地域です。
小さな貧しい家々が入り組み、シーサイドという地域名の通り、海の上に高床式の家々がひしめいています。
また、そこには、貧困により学校に行けない子どもたちのための、NGOの支援する小さな寺子屋がありました。
そして、スラムには、貧しくても、たくさんの笑顔があふれていました。(下の写真は火災以前のものです。寺子屋の前と、ボランティアによるクラスルームの様子です。)

そして今、地域は広範囲に渡って被災し、火事によって家も人々の生活も、そのすべてが燃え尽きた現在、焼け跡には、高床式家屋のための海に立てた柱の残骸と、屋根に使っていたトタンが崩れ落ち、焼け残っているだけです。

すべてを失ってしまった人々、でも、そこには、確かに人々の生活がありました。貧しくても強く生きる多くの人々が暮らし、そして、NGOの施設を利用する子どもたちがたくさん住んでいました。

水辺に密集する高床式の粗末な家々。それはスラムによくある光景です。
海にそのまま生活排水を垂れ流してしまうため、下水道の設備を得られない貧困層にとっては、便利ではあるのでしょうが、しかし、もちろん海洋汚染に繋がり、健康被害を及ぼします。
ただ、それでも、生きていくために、漁業等を生業とし、人々は生活しています。

コロナによる世界最長のロックダウンでただでさえ生活が苦しいスラムの人々

フィリピンでは、未だ、新型コロナウィルスによる世界最長のロックダウンが続き、行動制限や経済活動の停止により、多くの人々が仕事を失い、現在に至るまで、大変厳しい生活を強いられています。
ただでさえ、その日その日を生きていくことさえ困難な状態であるのに、その上に、今回の被災で、人々は悲嘆に暮れ、本当に生きる希望を失いかけています。

避難所・被災地の現状調査とNGOの支援活動

近くの学校のグラウンドが避難所として用意されました。また、現在、ロックダウンで学校での授業が行われていないことで空いている教室も利用されています。
そして、NGOではすぐに、避難所を訪れ、今回のような非常事態用にストックしてある衣服等の寄付を行いました。
また、毎日、被災地の被害状況の調査や見回り、今必要な支援のため、各家庭(避難所のテント)を周っての状況の聞き取りやケア等を行っています。

※下の画像はその様子と、NGOの施設前で行われた支援物資の配給の様子です。

避難所には各家庭にテントが用意され、いちおう感染対策は行われていますが、それほどしっかりしたものではなく、クラスターの発生も危惧されます。また、そもそもひとつのテントで暮らすひと家族の人数が多いですし、テント内はとても暑いので、人々はやはり表に出て過ごしています。
そして、日中には、皆、自宅の焼け跡を訪れ、炎天下の中、灰と泥まみれになりながら、何か使えるものを探しています。

政府からの支援も望めない、被災者147世帯550名の、その命を支えるために

現地では、日本のような政府からの支援は無いに等しいです。しかし、避難生活は長期化する思われ、何もかも失った被災者の方々が、この悲惨な状況の中、日々を生き抜いていくのはとても困難です。

被災者の方々がNGOのスタッフに訴えます。今、必要なものは、まずはその日その日を生きていくための「食糧」です。NGOでは、現在すでに、地域住民の協力のもと、避難所での炊き出しを行っています。また、資金状況にもよりますが、鍋や食器等の生活必需品、米、缶詰等の食糧、医薬品等の配給を計画しています。そして、被災者の中には赤ちゃんもおり、そのためのミルクや、女性のための生理用品等の配布も致します。

もし、このようなNGOの支援活動にご理解頂き、ご厚意をお願いできましたら、現在、とても過酷な状況におかれている、スラムの火災による多くの被災者の方々の命を支えるために、そして、子どもたちの未来を、その純真な笑顔を守るために、もしよろしければ、ご支援・ご協力をお願い致します。

たくさんの大切なものを失った人々の 哀切と祈りの声

今、被災者の方々に、何と声をかけていいのかもわかりません。悲しみに打ちひしがれたその心に、ただ寄り添うことしかできません。

そして、悲嘆に暮れる人々の泣き叫ぶ声と祈りの中、NGOではなんとか被災者の方々の命を支えるために、今、ほとんど手探りの状態の中、それでも今できるせいいっぱいの支援活動を始めています、、、

支援金の募集と用途

NGOでは、現地の緊急支援のために、寄付の募集をしています。

支援金の使い道は、今回の火災の被災者の方々への食糧と生活物資の配給です。

現在、既に支援活動は始まり、地域住民の協力とともに、炊き出し等を行っています。日々を生き抜くための炊き出しを続けながら、計画では、資金を準備し、5月と6月に、被災者へ、食糧(お米や缶詰、ミルク等)、鍋、食器、医薬品(生理用品含む)の支給を行う予定です。

配給の総費用の内訳は以下の通りです。(被災家族147世帯550名を対象)

①食糧配布(米、缶詰、飲料水、ミルク等):420000円(2回分)
②鍋、調理器具、食器:320000円
③医薬品、生理用品:80000円④炊き出し(3回分):150000円

ただ、こちらは、あくまでも現時点で計画されているものです。被災者の方々の困難な状況は今後もしばらく続いていくでしょう。ですので、予定金額にかかわらず、できるだけ多くの支援を集められたら、と切望しています。(逆に資金状況によっては支援規模が縮小される可能性もございますが、それでもできる限りの支援を致します。)

もし、多くの支援が集まりましたら、食器類や食料、医薬品の量を追加し、また、同様の配給イベントの開催や、炊き出しの回数を増やすことができますので、ご支援・ご協力を、よろしくお願い致します。

また、今後の支援活動につきましては、被災者・被災地の、その時の状況から判断し、行っていきます。まずは、現在行っている、「今、必要な、緊急支援」を続けていきます。そして、一日でも早く、人々が安心した生活を取り戻せるよう、被災者の方々の心に寄り添いながら、手助けをしていきます。

もしよろしければ、ご協力頂けましたら、幸いです。

募金のご協力をして頂ける場合、お手数おかけしまして申し訳ございませんが、下記のNGOの口座までお振込み、もしくはクレジットカードにて、お願いします。

口座へのお振込み

ゆうちょ銀行(名義)HOPEハロハロオアシス

①ゆうちょ銀行(郵便局)より

記号10380
普通預金口座番号60818541



②ゆうちょ銀行以外の金融機関(銀行など)より

支店名〇三八(ゼロサンハチ)
店番038(*支店名がカナ入力しかできない場合、「セ」を入力または選択すれば、番号の選択肢がでます。)
普通預金口座番号6081854



支援方法クレジットカードでご支援頂ける場合

クレジットカードによるご支援は、こちらのリンク(クリック)からお願い致します。


リターン

〇スラムの施設の子どもたちからのお礼のメッセージカード 〇NGOの会報・パンフレット 〇NGO施設の利用料・宿泊費の割引 ※1万円以上のご寄付の場合、NGO運営のスラムの子どもの施設に展示されている、名簿パネルにお名前を飾らせて頂いています。ニックネームやイニシャルでの記載を希望、また、ご都合が悪い場合は、 ①クレジットカードの場合は「寄付申込みフォーム」より、 ②ゆうちょ銀行へのお振込みの場合は、「hopehalohalooasis@yahoo.co.jp」までメールで、 ご連絡お願いします。

返品・交換の方法

送付物に破損等がございましたらご連絡下さい。交換等の対応をさせて頂きます。

リターンを購入して支援