1. 教育をアップデートしよう

    更新日:2019/05/25

    教育をアップデートしよう

    学生交流センター
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    a575320f24-member_children_recruiting_9359_main.jpg

    - social innovation -

    活動テーマ
    • いじめ
    • 家庭崩壊
    • 教育格差
    • 不登校
    • 発達障害
    活動場所
    • 兵庫

    兵庫県伊丹市

    必要経費

    無料

    0円

    活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

    活動頻度

    週0〜1回

    現在は土曜日中心の活動です。
    今後は平日の活動も計画しています。
    自分の都合(授業スケジュール、部活など)に合わせて参加日を選べます

    募集対象

    ・高校生以上(学部学科は問いません)~35歳まで
    ・土曜日午前中に活動できる方
    ・教師・心理カウンセラー等を志望している方には貴重な現場経験
    ・多種多様な分野の方を求めています(教育未経験歓迎)
    ・メディア(映像・ライター)担当・マーケティング担当も募集しています
    ・活動を通して成長する意欲のある方、歓迎します!

    ★★ 応募後に面接があります★★
    面接は、伊丹市内で土曜日午後に実施しています。

    注目ポイント
    • 教育委員会・学校との連携の中で、本物の教育現場を体験することができます
    • 人との出逢いがあります(他大学、他学部、他業種…)
    • コミュニケーション能力が向上します
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    100名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作
    • パンフレット作成
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング
    • 会計

    募集詳細

    社会課題

     少子高齢化社会と言われている日本ですが、児童虐待は増加の一途をたどっています。不登校問題も長年解決できないままです。近年、フリースクールが増加しつつありますが、子供が進路選択肢の一つとして見るには以前として高いハードルが存在したままです。また、いじめ問題も有効な解決策を見つけることができないまま、毎年多くの児童生徒が自死しています。

    若年者の問題だとされていた引きこもりも、実際は40代以上の世代にも広がっていることが分かりました。日本の未来を担う人材、日本の今を担う人材、そのどちらにも社会から分断された人が多く存在しているのです。


     社会全体の幸福度は、そこに生きる個人にも大きな影響を与えます。自らの幸せを追求する為にも、愛する人の幸せを叶える為にも、私達は社会全体の幸福度を上げる必要があると考えています。

    これらの社会課題を解決し、各人の能力を伸ばせる社会にする為に、学生交流センターが組織されました。
    私達が「日本の教育」をアップデートしていきます。



    教育をアップデートしよう

    ①多様なコミュニケーションの場を創造する

     私達は「良質で多様なコミュニケーションの場」を創っています。学校で先生・同級生と出会うだけでなく、社会人・大学生・高校生など多様な人達と出会うことで成長を支援しています。


    ②もう一つの学校を創造する
     教育委員会や学校とも協力しながら、新しい学校を創っています。10年程前から学校内に良質な人が集まる新しいコミュニティを創っています。



    ③自分をバージョンアップする

     小学生・中学生だけではなく「全ての人が成長できる場を創る」ことも、重要なプロジェクトです。学生交流センターには自分を成長させる要素があります。



    ④プロティアン・キャリア

     職業を考える時に軸にするのが、プロティアン・キャリアです。
     会社の肩書に拘ったり、職業で自分の価値を表現しようとするのではなく、どのように生きている人なのかということが「自己の価値」を表現しています。どこに就職するのかということよりも、どのような生き方をするのかを優先します。



    活動

    ①学習支援

     小学生・中学生を対象に学習支援教室を開催しています。

     学習という行動を共にする中で、子供達のメンターとしてサポートしていきます。子供と先生は、評価される者と評価する者という関係性があります。子供と親も同じような関係性を持ちます。しかし、子供達とスタッフの間には直接利害関係がありません。この利害関係がないというのが重要で、この関係性を基にセンシティブなことも話せる信頼関係を構築していきます。


     信頼関係が構築できると、子供達は色々なことを話してくれます。時には、家庭内での問題やいじめの兆候を掴むこともあります。不登校だった生徒がここで心理的安定を得て、学校復帰したこともあります。また、心理的に安定してくると、子供達は自発的に学習に取り組みます。その結果、ここに通う生徒のほとんどが成績向上しています。

     スタッフとして活動する為には、様々なことを学び他者の意見を聞き、自らを成長させる必要があります。研修で学ぶ、仲間から学ぶ、子供から学ぶ。生活の中に学びが溢れていることに気付きます。そのような活動ですから、スタッフとして参加する高校生・大学生・社会人も大きく成長することができます。


    ②メディア

     現代は情報社会ということで、簡単に情報が手に入るメリットがあります。その反面、情報が氾濫していて有益な情報を見つけることが困難になっています。そこで、子供達にとって有益な情報を編集して発信する活動をしています。


    ③イベント

     未来サミット、教職勉強会、就活勉強会、流しそうめん、鍋ミーティング…スキルアップや交流を目的としたイベントを随時開催しています。







    社会貢献したい人、自分を成長させたい人は、ぜひ参加して下さい!


    学生交流センターHPでは、より詳細な情報を発信中

    (activoの制約によりセンターHPアドレスが掲載できません。Googleで「学生交流センター」と検索して下さい。)



    • 080d99310d-IMG_20150725_091923.jpg

      小学生学習支援の様子

    • 13ac8b7d6e-1445690069484.jpg

      子供達に大人気の黒猫

    • ddc4692185-44202712_390725451698033_2720228128911967669_n.jpg

      学習支援活動の様子

    • a140682d5e-42922039_328722461220638_6516192854323490725_n.jpg

      学習支援活動の様子

    • bfb3b9637a-6929.jpg

      学習支援活動の様子

    • 260b6aa4c7-DuwO5BqVYAAQVjp.jpg

      サプライズ演奏会

    • 572d35e126-8500.jpg

      色々な話題について話します

    • 53a366bf85-IMG_20190511_110417.jpg

      和やかなミーティング

    • a9987e76c5-IMG_20190511_091519.jpg

      イベントもやります

    • bafb3f5e43-D615DemU8AA9o5h.jpg

      学習支援活動の様子

    • 9c3a616496-D615DeoUIAA31ZU.jpg
    • cd8adc7d72-D615DeoUwAA6ROo.jpg

      真剣なミーティング

    • 14f6716956-IMG_20190525_094353a.jpg

      学習支援活動の様子

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    ☆スタッフの声☆

    Q.この活動に参加する理由は?
    どんな組織よりも《居場所であること》を大切にしている事が大好きで、理想論で終わらず、実際に児童生徒にとっての居場所になっているからです!


    Qこの活動のどこが好き?
    中学生やほかのボランティアスタッフの方など、たくさんの人に出会って様々な考え方に触れることで、視野が広がり、学べることが多くあります!


    Q何がモチベーション?
    普段の生活において話す機会が少ない他分野専攻の学生や社会人、中学生と接することで色々なことに気付き、勉強させてもらうことがモチベーションになっています。


    Q参加して良かったこと

    <高校生スタッフ>

    小中学生が可愛くて、やる気が湧いてくること。

    各大学の特色が分かったこと(大学の広報では分からない内部の雰囲気など)。

    進路を決める材料を得られたこと。

    勉強を助けて貰えたこと。

    志望大学に合格したこと。


    <大学生スタッフ>

    人見知りだったけど、驚異的にコミュニケーションスキルが上がりました。

    子供達から感謝されて、嬉しい気持ちになること。

    学校の先生から感謝されて、嬉しい気持ちになること。

    どの方向(仕事、業種)へ進めばよいかを決めることができました。

    社会人(各社の人事担当者など)から面接スキルを学んだことで、就活が楽になったこと。

    採用試験に合格したこと。

    就職できたこと。


    <社会人スタッフ>

    自分の強みを活かして、誰かの役に立てたこと。

    他業種の人と知り合えたことで、自分の人生を見直すことができたこと。

    これまでの人脈とは異なるタイプの人達と繋がることができたこと。

    日本の社会システムは変革できないと考えていたが、変革する方法を知ることができた。


    このボランティアの雰囲気

    全員が互いに思いやりを持って接しているので「和やか」な雰囲気の中で、結果を出す為の真剣な取り組みが行われています。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    団体情報

    Square tiny cb4811045d qr code1555655004
    Square small cb4811045d qr code1555655004

    学生交流センター

    代表者

    宮城学

    設立年

    2011年

    法人格

    任意団体

    学生交流センターの団体活動理念

    半分は自分の幸せを考え、半分は他人の幸せを考える

    学生交流センターの団体活動内容

    SOCIAL INNOVATION

    学生交流センターのボランティア募集

    学生交流センターの職員・バイト募集