1. 環境保全活動ボランティアINオーストラリア~語学留学では得られない経験を~

    更新日:2017/06/15

    環境保全活動ボランティアINオーストラリア~語学留学では得られない経験を~

    バンザイ・インターナショナル
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    1-tour_volunteer_recruiting_9230main.png

    オーストラリアのNGOのひとつCVAで環境保全活動をしよう!

    活動テーマ
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • オーストラリア

    ・ブリスベン周辺(オーストラリア東部/クィーンズランド州)

    必要経費
    • 118,000〜158,000円

    2017年
    1週間:118,000円(食費・宿泊費込)
    2週間:158,000円(食費・宿泊費込)

    ■上記料金に含まれるもの
    ・空港出迎え、宿泊先までご案内
    ・NGOに支払うプログラム費用/宿泊・食事代(1日3食)など。
    ・現地日本人スタッフによるボランティア期間中のサポート(電話でのサポートが中心)
    ・到着時、日本語でのオリエンテーション/CVAや環境保全活動についての説明・注意事項・生活情報など。
    ・プログラム手配(NGOとの交渉・書類作成費用)
    ・海外送金手数料

    ■料金に含まれないもの
    日本からの往復航空券、海外旅行保険、現地でかかる個人的費用(おこづかい等)


    ★注意事項
    ※帰国時はご各自電車で空港まで向かってください。

    活動日程

    随時活動(活動期間:1週間〜1ヶ月)

    募集対象

    環境保全に興味のある人。
    英語能力を上げたい人。

    注目ポイント
    • コアラやワラビーなど多くの野生動物を見ることができる!!
    • 環境ボランティアは、語学学校に行くことに飽きた人にはとても良い語学研修の場!!
    • 植林活動以外にも折り紙を教えるなど地元の小学生との交流を楽しめる!!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    75名

    募集詳細

    1、2週間の環境保全活動プログラム

    ■活動内容

    ・ブリスベン周辺での環境保全活動は、植林・雑草の根絶、種子の採集、遊歩道・フェンスの修理・建設、歴史的建造物の修復、ビーチクリーニングなど。

    1チーム8名ぐらいでプロジェクトごとに別れオーストラリア人のリーダーを中心に活動します。ボランティアは、イギリスやアメリカ、カナダ、ドイツ、デンマーク、韓国など世界各国から集まってきています。

    ※活動内容は、活動内容を事前に選ぶことはできません。現地で決まります。


    ■活動場所

    オーストラリア

    ・ブリスベン周辺(オーストラリア東部/クィーンズランド州)


    ■宿泊先
    ユースホステルやバックパッカーに宿泊することが多いです。

    ファームやテントなどに宿泊することもあります。
    ※金曜日の午後にチェックインして、終了日(金曜日)の朝にチェックアウトします。


    ■スケジュール

    現地集合:金曜日


    ★2017年の募集日程(金曜日)
    1/6、1/13、1/20、1/27、2/3、2/10、2/17、2/24、3/3、3/10、3/17、3/24、3/31、4/7、4/14、4/21、4/28、5/5、5/12、5/19、5/26、6/2、6/9、6/16、6/23、6/30、7/7、7/14、7/21、7/28、8/4、8/11、8/18、8/25、9/1、9/8、9/15、9/22、9/29、10/6、10/13、10/20、10/27、11/3、11/10、11/17、11/24、12/1、12/8


    ●ブリスベン

    水曜日に日本出発⇒木曜日到着、もしくは木曜日に日本出発⇒金曜日の早朝(8:00amまで)に現地到着、ブリスベン空港集合・空港出迎え、日本語でオリエンテーション&概要説明、宿泊施設にチェックイン、NGOのオリエンテーション(金曜日の11:00am~英語で行う)に参加します。


    ・ボランティア活動:月~金の8:00頃~16:00頃、土日は自由行動。
    ・最終日の金曜日に宿泊施設をチェックアウトしますので、金曜日の夜以降も滞在したい人は、事前に宿泊施設に延泊(有料)手続きをしていただくか、別の宿泊施設の予約をお願いします。


    ■食事

    食事は、朝・昼・夕の3食付いています。当番制で自炊をします。世界各国から参加者が集まっていますので、フランス料理やイタリア料理、韓国料理、中華料理など、色々な料理が食べられると思います。日本食のときもあります。結構、美味しいです。


    ■参加資格

    1. 18才以上(高校卒業以上)35才くらいまでの方で心身共に健康な人

    2. スタッフの指示が理解できる程度の英会話力のある人

    3.日本在住の人(日本から出発する人)

    ※ボランティア参加者には、NGOから参加証明書が発行されます。


    ★一般的な1日にスケジュール例

    7:00 起床
    朝食、シャワー、昼食の準備、後片付け
    8:00 活動に出発
    環境保全活動開始
    10:00 ティータイム・休憩
    12:00 昼食
    14:00 ティータイム・休憩
    16:00 活動終了、宿泊施設に戻る
    車の清掃
    夕食の準備
    18:00 夕食
    夕食の後片付け
    20:00 自由時間

    ※洗濯は各自都合のよい時間に行います。



    ★到着後のスケジュール

    オーストラリア 環境保全 海外ボランティア

    ▲ブリスベン空港出迎え・集合

    オーストラリア 環境保全 海外ボランティア

    ▲オリエンテーション(日本語)

    オーストラリア 環境保全 海外ボランティア

    ▲NGOの事務所でオリエンテーション(英語)

    オーストラリア 環境保全 海外ボランティア

    ユースホステルにチェックイン

    オーストラリア 環境保全 海外ボランティア

    食事の様子

    オーストラリア 環境保全 海外ボランティア

    ▲月曜日:ボランティア活動開始

    金曜日:夕方終了
























    体験談・雰囲気

    この海外プログラムの体験談

    《オーストラリアの現地スタッフ&帰国者から届いたEメール》

    ★Mさんより帰国後に届いたメール
    「活動は月曜日、フォグダムで、ゴミ拾いと植林をしました。
    火曜日は、イーストポイントに行き、水やりをしました。
    水曜日は、パーミストンに行き、ゴミ拾いと雑草ぬきをしました。
    木曜日も水曜日と同じことをしました。

    色んなところにいけますし、メンバーもいいメンバーばっかりだったし、楽しいです!」


    ★Nさん&Fさん(現地スタッフより):

    環境保全活動は、ブリスベン近郊で植林前の準備(さっそうの駆除、地ならし)。短期でしたが楽しかったそうです。無事、活動を終えてシドニーへ移動しました。5日間シドニーに滞在してから日本帰国とのことです。


    ★Nさん(現地スタッフより):

    ダーウィンにて、オリエンテーションに参加、12時にバックパッカーに入りました。台湾人2人と日本人が3人です。1週目は、海岸沿いの清掃、環境保全、2週目は、野生公園での仕事(ワニ園の砂の入れ替え作業)、最後の2週間は、遠隔地での活動で、地元に生息する「Yellow Crazy Ants」に関する活動をする予定です。


    ★Hさん・Kさん・Tさん・Uさん(現地スタッフより):

    オリエンテーションが終了し、バックパッカー(宿泊施設)に入りました。今は忙しい時期なので、今のところ3 チームで活動しています。日本人、ドイツ人、イタリア人など。韓国人が一人来週から開始の予定です。日本人が固まらないように、他の3人を他のチームにして欲しいとお願いしました。


    ★Uさんより帰国後に届いたメール:

    先週、無事に約二週間のボランティア活動を終了し日本に帰国いたしました。

    オーストラリアでのボランティア活動は確かに大変でしたが、日本では見られない・感じられない環境を過ごし、多くの人々との交流も得られたこともあり、自分にとってとても価値のある二週間になりました。

    申し込み以降の様々な手続きやご連絡をしていただき、本当にありがとうございました。

    またの機会があれば、こちらの活動に参加させていただけたら幸いです 。


    ★Kさん(現地スタッフより):

    無事、2週間の活動を終えることができました。とても元気そうで,「楽しい活動になりました・・・」と言ってました。今日は、別のバックパッカーに宿泊して、明日、シドニー経由で日本へ帰国するそうです。


    この海外プログラムの雰囲気

    オーストラリアにもたくさんNGOがあり、その1つCVAは、オーストラリア政府や州政府から委託を受けた環境保全活動をしている団体です。

    CAVの活動に参加しているのは、多くがヨーロッパや韓国からの若者で日本人は2割程度です(夏休み中は少し増えます)。環境保全活動をしながら英会話の勉強にも役立つこでしょう。

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 活動外交流が盛ん
    • 外国人もいる
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    企業情報

    Square tiny 1 author image 331user
    Square small 1 author image 331user

    バンザイ・インターナショナル

    代表者

    河野順一

    設立年

    2001年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    バンザイ・インターナショナルの企業活動理念

    会社案内 バンザイ・インターナショナルについて

    バンザイ・インターナショナルは、留学やワーキングホリデー、海外ボランティア&インターンシップなど、海外生活体験を通して、社会貢献できる人材を育成することを目的として、カウンセラーとして10年以上勤めた会社(地球の歩き方・成功する留学)を退職した二人が中心になって2001年3月1日に設立しました。

    ワーキングホリデーはもちろん、当社の特徴でもあるボランティア&インターンシップ・プログラムで、養護学校や病院、老人ホーム、孤児院、幼稚園・保育園、小中高校、NGOなどに数多くのボランティア(インターン)を派遣したり、お金や物など寄付し、支援してきました。

    2007年6月に行われた赤十字の年1回の感謝祝賀パーティーで当社から派遣した日本人インターンの功績が評価され、現地スタッフが表彰式に招待されました。

    2007年11月に北欧留学情報センターと提携。デンマークのワーキング・ホリデーや北欧手芸留学の手配を始めました。

    2010年9月末、旅行会社(株式会社ゼン・インターナショナル)と提携、同じオフィスで営業開始しました。

    社長の河野は、ワーキング・ホリデー体験者の集いの会(ワーキング・ホリデーのOB・OG会)の代表をしています。

    2013年5月から、厚生労働省から一般社団法人JAOS海外留学協議会が委託を受けた事業(GlobalACE/海外インターンシップやワーキングホリデーを活用したキャリア形成支援プロジェクト)に委員として当社の河野が参加しています。海外インターンシップやワーキング・ホリデーの専門家の1人として、国のプロジェクトに参加しています。

    経営理念

    留学、海外生活体験を通して、国際平和と社会貢献できる人材を育成する 一翼を担う。

    親切、丁寧、格安を心がけ海外の学校の入学手続き代行業務やワーキング・ホリデー、海外体験型プログラムを提供することにより、多くの方が海外留学や海外生活体験を身近に体験できるよ う努力する。

    「社会貢献を仕事にする」を会社のモットーにして、海外ボランティアやインターンシップのプログラムを企画・販売。 利益が上がれば、その一部を社会に還元する。 (収益の一部を海外のNGOや福祉施設に寄付しています)

    バンザイ・インターナショナルの企業活動内容

    ・海外の学校への入学手続き代行

    ・ワーキング・ホリデーや海外留学、海外ボランティア・プログラムなどの海外体験型プログラムの企画・販売

    ・海外旅行損害保険の取扱い

    バンザイ・インターナショナルのボランティア募集