こちらのボランティアは応募受付を停止しています。

  1. ホーム
  2. 埼玉のボランティア募集一覧
  3. 埼玉での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 【社会人メンバー募集】「トロッコ成人式」運営メンバー募集!平日夜と週末に活動!

更新日:2022/08/16

【社会人メンバー募集】「トロッコ成人式」運営メンバー募集!平日夜と週末に活動!

市原はたちトロッコ実行委員会
  • 活動場所

    埼玉, 千葉, 東京他1地域 (首都圏各地から千葉県市原市に通いながら活動をしています)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    社会人

  • 活動日程

    2022/09/01~2023/03/31

  • 活動頻度

    週0〜1回

2022年08月29日に応募受付を再開予定です。
この募集の受入団体「市原はたちトロッコ実行委員会」をフォローして、
応募受付を再開した時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

578ad16799-member_communitydevelopment_recruiting_86456_main.jpg

新成人を貸切トロッコ列車に招待した「トロッコ成人式」を中心に、若者が地元に関わるきっかけとなるプロジェクトの企画運営を行なう新メンバーを募集!
週末に地域に通いながら活動しませんか?

活動テーマ
活動場所

首都圏各地から千葉県市原市に通いながら活動をしています

必要経費

無料

活動日程
  • 2022/09/01~2023/03/31
活動頻度

週0〜1回

■毎週1回、Zoomにてミーティングを実施。
(月曜日20時半~、もしくは木曜日21時半~いずれか都合のいい方にご参加ください)

■月に1回、週末に市原市にて活動を実施。
(第2日曜日、もしくは第3土曜日、いずれか都合のいい方にご参加ください)

募集対象

20~30代の社会人の方

注目ポイント
  • テレビ朝日で密着取材も受けた注目企画!今年度の運営メンバーを募集!
対象身分/年齢
募集人数

3名

特徴

募集詳細

ページをご覧いただきありがとうございます!


今回は、「市原はたちトロッコ」というプロジェクトの運営を一緒に行なって頂ける20・30代の仲間を募っています。


以下を読んで頂き、内容に共感頂けましたら、ぜひご連絡ください!

まずは一度、Zoomにて面談をさせて頂ければと思っています。



メンバーの様子↓




★ニュース★

8月15日(月)にトロッコ運行しました!

運営メンバー引き続き募集中です!




↑2022年3月29日に行なった「市原はたちトロッコ」の様子



2022年5月に発行された、市原市役所による広報誌「広報いちはら」(市内全戸配布)の表紙として取り上げて頂き、市長との対談もさせて頂きました!




==============
 市原はたちトロッコとは?
==============

市原市の南北に縦断しているローカル線「小湊鉄道」のトロッコ列車を貸切、地元の新成人を招待して行なう、いわば「トロッコ成人式」です。



2021年3月末に初開催し、市原市の新成人約30名が乗車しました!

▲テレビ朝日「スーパーJチャンネル」にて密着取材して頂きました



乗車中はもちろん、途中の停車駅では、地元・市原の自然や人情を感じられる様々な企画を行ないます。



また、2年目となる今回は、1日限りのただのお楽しみイベントではなく、「はたトロ」に乗車した新成人たちが、その後も地元に関わり続けられるようなプロジェクトも並行して企画したいと思っています。



※2021年度実施体制

主催:市原はたちトロッコ実行委員会(事務局:のろし)

特別協力:小湊鉄道株式会社

後援:市原市、市原市教育委員会、市原商工会議所




==================
 市原の新しい風物詩をつくりたい!
==================

はたトロが目指すものは、「市原の新しい風物詩を作る」ということです。


これから10年かけて、市原に以下のような光景を作っていきたいと思います。こんな未来を、私たちと一緒に作っていきませんか?



春になると、満開の菜の花と桜の中を、二十歳が乗ったトロッコ列車が駆け抜けていきます。

その列車に向かって沿線から地元の人たちが手を振ったり、停車駅の駅前には、その日限りのマルシェが開かれ、大勢の人が詰めかけている。そんな風景が目に浮かびます。


夏になれば、はたトロの参加者が地元の夏祭りでお神輿を担いでいます。
「また来年もよろしく!」
「今度打ち上げやるから、顔出してよ!」
地元のおっちゃんたちから、やまないラブコールの嵐。地元で生まれ育った若者たちが、少しずつ、地元の輪の中に入っていくきっかけになるでしょう。



秋には、市内各地の稲刈りや野菜の収穫のお手伝いに行き、農家さんと一緒に炊きたての新米を頬張る。

農作業の大変さを体感すると同時に、農業の課題や求められていることを、若者たちは現場で知ることになります。



冬は、はたトロに参加した有志メンバーが市内の廃校の校庭で年越しカウントダウンイベントを企画。

年末年始に帰省してきた市原出身の若者たちが再会する場になります。

「やっぱりこれがなきゃ年は越せないな!」

「市原に帰省してきてよかった!」

多くの若者が口をそろえてそう言うくらい、市原の年末になくてはならないものとして定着するでしょう。



・・・と、これらはあくまでも「妄想」ですが、このように、春に行なう「トロッコ成人式」をきっかけに、1年間を通じて地元市原に若者が関わり続けられるような、そんな取り組みに進化させていきたいと思っています。


そして、10年目の開催となる2031年には、はたトロが市原の新しい風物詩になっているような、そんな未来を目指して、私たちは活動しています。




========
 求める人物像
========

今回は、私たちと一緒に、はたトロの企画や運営について、中心的に動いて頂ける方を募集したいと思っています。


■人数:3名程度

■年齢:20~30代の社会人の方

■マインドなど

・「市原の新しい風物詩を作りたい」というビジョンに共感いただける方

・企画が出来る方

(イベントなどの企画や、文化祭実行委員などの経験がある方)

・人と関わるのが好きな方

・前向きで明るい方(どんなことがあってもポジティブにとらえられる方)

・主体的に活動を行なえる方(不明点があれば、いつでも何でも聞いてください)

・自分のやってみたいことを考え、形にしたいという意思のある方


■参加時のお願い

・定例の打合せ(毎週月曜日の20時半~Zoomにて)や、トロッコ運行当日(8月15日(月)の予定)に参加出来る方

・週末に市原に来て、活動が出来る方(毎月第3土曜日に活動中です

・8月以降も、継続して企画運営に関わりたいと思って下さる方


※市原市とのゆかりがない方でも問題ございません。

※様々なことを書きましたが、まずはあなたの「やってみたい!」という気持ちを大切にします!ご不明点や不安なことなどございましたら、まずは「応募」していただき、メッセージ欄などでお気軽にご相談ください!





======
 活動内容
======

今回募集している方とは、以下のような活動を行なっていきたいと思います。

(本人のやる気や興味関心に合わせて、チームに分かれて分担して取り組む予定です)


①企画と当日の運営

・2022年8月15日(月)のトロッコ運行当日の乗車前・乗車中・乗車後に行なう企画の立案

・運行当日の協力者(参加者、スタッフ、小湊鉄道や協力・協賛企業や団体等)との連絡・調整 など


②参加者の集客

・SNSでの情報発信

・市原市内の飲食店等へポスターやチラシの掲示を依頼しに行く(現地での営業活動) など


③資金調達(クラウドファンディング等)

・スポンサー向け資料の作成

・クラウドファンディングページの作成、支援者募集活動 など


④8月以降の活動内容検討

・トロッコに乗車した若者たちと一緒に、市原市でどんな活動を行なうかの企画

・2023年以降のトロッコ運行や乗客、地域の方を巻き込んだ企画の計画 など




===========
 「のろし」について
===========

20・30代による地域活性化団体です。市外在住の会社員やフリーランスを中心に、約30名のメンバーが活動しています。地域の「いと・惜しい」(=もったいない)モノゴトを活かした活動を実践中。2017年、市原市鶴舞地域にて活動を開始し、イベント企画運営やアート作品づくり、地域紹介マップのデザイン、人材育成塾の運営などを行なっています。2021年夏には、埼玉県行田市でも活動開始し、耕作放棄地を開墾し野菜づくりに取り組んでいます。


  • 74ed5b0b50-BG9A1518.jpg
  • bd9d49ed3b-8D5A1764.jpg
  • a36b4b64a3-_8D5A1928.jpg
  • b989a96afc-_8D5A2087.jpg
  • 4079042f78-_8D5A2013.jpg
  • 881f3b7f04-8D5A1759.jpg

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

============
 2021年度実施内容
============


▲当日のドキュメンタリー動画



【日時】2021年3月31日(水)10時~15時
【対象】2021年1月に、市原市の成人式に参加予定だった新成人
【参加人数】29名
【参加費】無料

★養老渓谷



10:23 五井駅 出発


春爛漫の里山を駆け抜けるショートトリップのはじまり。仲間との久々の再会に高まる気持ちを抑えつつ、出発の時を待ちましょう。特製ヘッドマークにも注目です!出発したら、特製ノンアルコールドリンク「いちはらシャンパン」で乾杯!市民の皆さんから寄付頂いたシャンパングラスを使用しています!

画像25

画像30

画像30

画像31

画像30



11:09~11:24 上総牛久駅 停車

最初の停車駅は、いちはら南部の玄関口・牛久。お揃いのハッピを着た「出張牛久商店街」の皆さんが、商店街の人気商品をトロッコまで出張販売!お買い物タイムです!

画像27

画像28

画像30



11:50~12:11 里見駅 停車

続いての停車駅は里見駅。ここでは「鶴舞踊りの会」の皆さんが踊りでお出迎え。「民謡なんて…」と侮ることなかれ。一緒に体を動かすと、気分転換になりますよ!

画像27

画像28

画像29

画像30



12:38~12:50 養老渓谷駅 停車、折り返し

トロッコの終点・養老渓谷駅に到着。駅前にはこの日限りのお花畑が登場!特別なデコレーションが施された養老渓谷駅は、思い出の一枚を撮るのにピッタリです!

画像28

画像29

画像30



13:20~13:22 里見駅 停車

風鈴への絵付け体験を車内で実施します!風鈴は回収し、8月の「市原はたちトロッコ」にて展示します!(8月は浴衣トロッコとして実施予定)

画像30

画像31

画像32




13:48~14:09 上総牛久駅 停車

みんなで集合写真を撮りましょう!トロッコ列車の旅も終わりに近づいてきました・・・。

画像31

★トロッコ




14:55 五井駅 帰着、解散

おかえりなさい、五井駅に帰ってきました。皆さんのはたちの思い出の1ページとなれば幸いです。別れを惜しみながら駅のホームで記念撮影して、再会を誓います!また会いましょう!

画像31

画像32



===========
 2021年のチラシ
===========

はたトロ_チラシ_03_表

はたトロ_チラシ_03_裏

特徴
雰囲気
男女比

男性:20%、女性:80%

  • 85a5ac7c7d-8D5A2324.jpg
  • 1c3cf193c7-DSCF3156.JPG
  • 1d429c07b5-DSCF3121.JPG
  • 0d7b60118e-_DSC_5946.jpg
  • b6a338a9dc-_8D5A2388.jpg

団体情報

市原はたちトロッコ実行委員会

代表者

間野圭子

設立年

2021年

法人格

任意団体

市原はたちトロッコ実行委員会の団体活動内容

千葉県市原市にて「市原はたちトロッコ」の企画・運営を行なっています!



私たちは千葉県市原市を拠点に活動するボランティア団体です。 市原の温かさを若者に再発見してもらいたくて本イベントを開催いたしました。‟新しい成人式の形"として市原の新たな風物詩になれるよう、 今後も継続的に開催いたします。



※2021年度実施体制


【主催】

市原はたちトロッコ実行委員会(事務局:のろし)


【特別協力】

小湊鉄道株式会社


【後援】市原商工会議所


【協力】

元祖いかやき八幡宿 / はちぐみ / 企業組合情熱市原ワンハート / 2020スマイルフラワープロジェクト / 出張牛久商店街 / ♯牛久にカフェを作りたいんだ / 鶴舞踊りの会 / 馬立保育所 / 市原市役所 / テレビ朝日「スーパーJチャンネル」 ※順不同・敬称略。

活動実績

2017年
本プロジェクトの事務局を務める地域活性化団体「のろし」設立。千葉県市原市で活動開始

2017年

2021年
「市原はたちトロッコ」構想がスタート(大学生メンバーからの発案)

2021年01月

「市原はたちトロッコ」初開催!!

2021年03月

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」放映

2021年04月

第二弾となる「はたトロサマー」を3日間に拡大し企画(しかし、線路崩落によるトロッコ運休により開催中止)

2021年07月

2022年
2年目となる2022年度「市原はたちトロッコ」開催を決定

2022年01月

市原はたちトロッコ実行委員会のボランティア募集

市原はたちトロッコ実行委員会の職員・バイト募集