1. ホーム
  2. 滋賀のボランティア募集一覧
  3. 滋賀での福祉・障がい・高齢者系ボランティア募集一覧
  4. ゴールボール競技運営スタッフ養成講座(オフィシャル・クリニック)参加者募集

更新日:2021/09/18

ゴールボール競技運営スタッフ養成講座(オフィシャル・クリニック)参加者募集

日本ゴールボール協会

この募集の受入法人「日本ゴールボール協会」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

f7f21f199a-activo-main.jpg

ゴールボール競技のオフィシャル業務を担当するスタッフ(競技運営スタッフ)のための講座です。オフィシャルスタッフには、ゴールジャッジ、ボールの回収やタイマー操作などの役割があります。

活動テーマ
開催場所

(午前の部)吉身会館・公民館/(午後の部)守山市民交流センター

必要経費

無料

開催日程

受付 9:30~10:00
講義 10:00~11:50
移動 11:50~12:00
昼食休憩 12:00~13:00
実技講習 13:00~15:30
質疑応答 15:30~16:00
※進行状況によって時間が前後する可能性があります。

募集対象

18 歳以上でゴールボールに関心のある健康な方ならどなたでもご参加いただけます。

注目ポイント
  • ゴールボールはパラリンピック公式種目
対象身分/年齢
募集人数

60名

募集詳細

オフィシャルクリニックは、オフィシャル業務を担当するオフィシャルスタッフ(競技運営スタッフ)のための講座です。ゴールボールは、ひと試合につき2人のレフェリーのほか、4人のゴールジャッジがコートの隅に残り、ボールがゴールのラインに触れたか、あるいは越えたかを確認します。オフィシャルスタッフにはこのようなゴールジャッジのほか、ボールの回収やタイマー操作などの役割があります。


オフィシャルクリニックを受講していただくことで、国内で開催される大会のオフィシャルスタッフになれるほか、ゴールボール日本代表の強化合宿にも参加できるようになります(ただし、大会ごとにオフィシャルクリニックを受講していただく必要があります)。


ゴールボールに関心のある方、レフェリーやオフィシャル業務に興味のある方、18 歳以上で健康な方は、ぜひ受講して私たちの仲間として一緒に活動をしませんか?


日時:2021 年 9 月23 日(木・祝)
会場
(午前の部)吉身会館・公民館
(午後の部)守山市民交流センター
対象: 18 歳以上でゴールボールに関心のある健康な方
参加費:無料
定員:60名程度

持ち物:上履き、筆記用具、昼食

申込〆切:2021 年9月 17 日(金)

その他:2週間前より、ご自身で体調チェックをしてください。 当日、37.5°以上の発熱のある方の参加はできません。


ゴールボールとは

「音の騙し合い」や「静寂の格闘技」とも言われ、スピード感あふれる頭脳的で激しいパラ・スポーツ(障害者スポーツ)です。パラリンピック競技の中では唯一、健常者・晴眼者が行う競技をアレンジしたものではないという独自性の高い競技です。パラリンピックやIBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟)公認の国際大会では事前にクラス分けの判定を受けた視覚障害者でなければなりませんが、アイシェード(目隠し)をすることで晴眼者も視覚障害者とともに楽しめる球技です。空間認識能力、コミュニケーション力、自信を向上させるインクルーシブ(包摂的)なチームスポーツです。ゴールボールは、1946年に第二次世界大戦の元兵士のリハビリのために開発されました。それ以来、世界中でプレーされるようになり、現在では100カ国以上の国で男女が競技としてプレーしていると言われています。

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

法人情報

“見つけよう可能性!極めよう心眼! ともに楽しもうゴールボールを!”
代表者

梶本 美智子

設立年

1994年

法人格

一般社団法人

日本ゴールボール協会の法人活動理念

私たち日本ゴールボール協会は、ゴールボール競技を通じて障害の有無を越え交流しあい、スポーツ・文化活動 に参加する機会を作り出すことで、共生社会(ノーマライゼーション社会)の実現に貢献することを協会の基本理念とし、 すべてのステークホルダーに、新たな価値を提供します。

日本ゴールボール協会の法人活動内容

1、 ゴールボールの普及・振興に関する事業

2. 選手の育成・強化に関する事業

3. 障害者スポーツの理解・啓発・発展に関する事業

4. ゴールボールの審判員・コーチ・スタッフ等の養成に関する事業

5. ゴールボールの国際大会等への選手・審判・コーチ等の派遣、強化及び 指導等に関する事業

6. その他、当法人の目的を達成するために必要な事業

活動実績

1994年
日本ゴールボール協会設立

1994年

2004年
アテネ2004パラリンピック競技大会 女子チームが初出場で銅メダルを獲得。

2004年

2008年
北京2008パラリンピック競技大会 女子チームが2大会連続出場 結果7位

2008年

2012年
ロンドン2012パラリンピック競技大会 女子チームが史上初の団体競技で金メダルを獲得。

2012年

2016年
法人格を取得し、 一般社団法人日本ゴールボール協会へ組織変更。

2016年

リオ2016パラリンピック競技大会 女子チームが4大会連続出場 結果5位

2016年

2021年
東京2020パラリンピック競技大会 女子チームが5大会連続出場 銅メダル獲得

2021年

東京2020パラリンピック競技大会 男子チームが初出場でベスト8

2021年

日本ゴールボール協会のボランティア募集

日本ゴールボール協会の職員・バイト募集