1. ホーム
  2. 千葉のボランティア募集一覧
  3. 千葉での地域活性化・まちづくり系ボランティア募集一覧
  4. 駅舎の装飾に挑戦!千葉のローカル線をデザインで盛り上げる企画・製作メンバー募集!

更新日:2021/06/22

駅舎の装飾に挑戦!千葉のローカル線をデザインで盛り上げる企画・製作メンバー募集!

市原はたちトロッコ運営チーム

基本情報

9b5e92270f-_8D5A2128.jpg

千葉県市原市を縦断する「小湊鉄道」2駅の壁面や、駅前にある足湯・階段式の展望台などを装飾します!
コロナで成人式が中止になった新成人を招待し実施するイベント「市原はたちトロッコ」の一環として開催!

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動頻度

週0〜1回

募集対象

・10~30代の方を募集します!学生から会社員・フリーランスまで様々なメンバーが参加中!
・経験は不問です!チームメンバーと一緒に、装飾のアイデアを企画し、製作作業を実際に行なえる方を募集しています!(企画のみ、製作のみ、でも大丈夫です)

対象身分/年齢
募集人数

3名

関連スキル

募集詳細

コロナの影響で式が中止になった新成人を、トロッコ列車に無料招待!

地元の新成人たちの思い出作りをお手伝いするイベント「市原はたちトロッコ」運営チームです!



私たちは、都内在住の10~30代が集まり、週末に千葉県市原市に通いながら、地域活性化活動を行なっています!




その活動の一環として、2021年3月31日に、「市原はたちトロッコ」を開催しました!

当日は約30名の市原市内の新成人が参加!




当日の様子は、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」にて密着取材して頂きました!



大好評につき、次回は2021年8月に規模を拡大して開催決定!(3日間の開催となります)



このページでは、イベント当日にトロッコ列車が停車する2駅の、駅舎壁面や駅前の装飾・デコレーションを企画し、その制作までを行なうメンバーを募集しています!



詳細は、ご応募頂いた後に、Zoomにてご説明させて頂きますので、興味のある方はまずはご応募お願いいたします!


高校生・大学生から20・30代の社会人まで、様々なメンバーが集まり活動しています!




=========

  活動内容

=========


■概要

小湊鉄道の「養老渓谷駅」と「上総牛久駅」の装飾の企画・製作



【養老渓谷駅】




足湯があります!




※前回(3月)の様子



足湯には花飾りを設置したり、外壁には黄色い飾車を作りました!





【上総牛久駅】



駅前には、展望台を兼ねたトイレがあります。

「大人の階段」として、装飾をしたいと考えています!



※上総牛久駅の装飾は今回初めてのチャレンジとなります!




■活動スケジュール(予定)

【~6月中旬】

・装飾の企画(Zoom打合せを週に1度のペースで行ない、ブレストをしたいと思います)

・現地下見



【6月末~】

・装飾の試作、製作開始(他のメンバーと協力しながら、手分けして展示物等の制作を行ないます)


【8月上旬】

・製作完了


【8月12日】

・設営作業


【8月12・14・15日】

・「市原はたちトロッコ」本番当日(立会い、参加した新成人への説明など)


【8月16日以降】

・撤収作業





■実施体制

主催:市原はたちトロッコ実行委員会

(事務局:20・30代による地域活性化団体「のろし」)
特別協力:小湊鉄道株式会社
後援(予定):市原市、市原市教育委員会、市原商工会議所



■「市原はたちトロッコ」運行日

2021年8月12日(木) 10:23五井駅発〜養老渓谷駅〜14:55五井駅着

2021年8月14日(土) 18:17五井駅発〜上総牛久駅〜20:26五井駅着

2021年8月15日(日) 18:17五井駅発〜上総牛久駅〜20:26五井駅着




================

 市原はたちトロッコについて

================


新型コロナウイルスの影響で、一生に一度の成人式が中止となってしまった市原市の新成人のために、貸し切りトロッコ列車を運行するプロジェクトです。


トロッコ列車の旅を楽しむだけではなく、地域で活動している方々や市原の自然に触れることで、地元・市原の魅力を再認識できる機会を提供したいと思っています。


今後も継続開催することで、市原と関わる若者を増やし、市原の新たな風物詩として「市原はたちトロッコ」が定着することを目指します。

画像30

画像32

画像31



===========

  第1回実施内容

===========

【日時】2021年3月31日(水)10時~15時
【対象】2021年1月に、市原市の成人式に参加予定だった新成人の方
【参加人数】29名
【参加費】無料

★養老渓谷



10:23 五井駅 出発


春爛漫の里山を駆け抜けるショートトリップのはじまり。仲間との久々の再会に高まる気持ちを抑えつつ、出発の時を待ちましょう。特製ヘッドマークにも注目です!出発したら、特製ノンアルコールドリンク「いちはらシャンパン」で乾杯!市民の皆さんから寄付頂いたシャンパングラスを使用しています!

画像25

画像30

画像30

画像31

画像30




11:09~11:24 上総牛久駅 停車


最初の停車駅は、いちはら南部の玄関口・牛久。お揃いのハッピを着た「出張牛久商店街」の皆さんが、商店街の人気商品をトロッコまで出張販売!お買い物タイムです!

画像27

画像28

画像30





11:50~12:11 里見駅 停車


続いての停車駅は里見駅。ここでは「鶴舞踊りの会」の皆さんが踊りでお出迎え。「民謡なんて…」と侮ることなかれ。一緒に体を動かすと、気分転換になりますよ!

画像27

画像28

画像29

画像30




12:38~12:50 養老渓谷駅 停車、折り返し


トロッコの終点・養老渓谷駅に到着。駅前にはこの日限りのお花畑が登場!特別なデコレーションが施された養老渓谷駅は、思い出の一枚を撮るのにピッタリです!

画像28

画像29

画像30




13:20~13:22 里見駅 停車


風鈴への絵付け体験を車内で実施します!風鈴は回収し、8月の「市原はたちトロッコ」にて展示します!(8月は浴衣トロッコとして実施予定)

画像30

画像31

画像32




13:48~14:09 上総牛久駅 停車


みんなで集合写真を撮りましょう!トロッコ列車の旅も終わりに近づいてきました・・・。

画像31

★トロッコ




14:55 五井駅 帰着、解散


おかえりなさい、五井駅に帰ってきました。皆さんのはたちの思い出の1ページとなれば幸いです。別れを惜しみながら駅のホームで記念撮影して、再会を誓います!また会いましょう!

画像31

画像32




◎チラシ

はたトロ_チラシ_03_表

はたトロ_チラシ_03_裏




◎主催団体「のろし」について

20・30代による地域活性化団体です。都内在住の会社員・大学生・フリーランスなど、約30名のメンバーが活動しています。地域の「いと・惜しい」(=もったいない)モノゴトを活かした活動を実践中。2017年、市原市鶴舞地域にて活動を開始。以後、イベント企画運営やアート作品づくり、地域紹介マップのデザイン、人材育成塾の運営などを行なっています。

201908全員_横長

  • 2043c0e75e-member_communitydevelopment_recruiting_82708_sub1.jpg
  • 80b507f9d3-DSCF3610.JPG

体験談・雰囲気

このボランティアの体験談

3月開催時の様子を記録した、ドキュメンタリームービーが完成しました!


特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

  • 22c52da9fb-_8D5A1915.jpg

団体情報

市原はたちトロッコ運営チーム

代表者

間野圭子

設立年

2021年

法人格

任意団体

市原はたちトロッコ運営チームの団体活動内容

コロナの影響で式が中止になった市原の新成人を招待したトロッコ列車の旅を企画しています!市原の自然と人情を味わいながら、地元での新たな思い出を作る。それが「市原はたちトロッコ」です!


トロッコ列車の旅を楽しむだけではなく、地域で活動している方々や市原の自然に触れることで、地元・市原の魅力を再認識できる機会を提供したいと思っています。


今後も継続開催することで、市原と関わる若者を増やし、市原の新たな風物詩として「市原はたちトロッコ」が定着することを目指します。



活動実績

2017年
任意団体「のろし」(「市原はたちトロッコ」運営団体)設立

2017年10月

2021年
「市原はたちトロッコ」構想を発案

2021年01月

小湊鉄道さまへ「市原はたちトロッコ」の実施プランをご提案。承認いただく

2021年03月

第1回「市原はたちトロッコ」開催(市原市の新成人29名参加)

2021年03月31日

第2回「市原はたちトロッコ」開催予定

2021年08月

市原はたちトロッコ運営チームのボランティア募集

市原はたちトロッコ運営チームの職員・バイト募集