こちらのイベントは応募受付を停止しています。

  1. ホーム
  2. 環境・農業系ボランティア募集一覧
  3. フードロスについて考える会

更新日:2021/05/07

フードロスについて考える会

mirai-*未来* -SDGsを考える

2021年05月14日に応募受付を再開予定です。
この募集の受入団体「mirai-*未来* -SDGsを考える」をフォローして、
応募受付を再開した時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

6dcdfc14e7-IMG_3244__1_.JPG

日本は大量の食べ物を廃棄しています!持続可能な社会に貢献するためにも「フードロス問題」について幅広く学び、一人ひとりが正しい知識を持つことを目指します☆

活動テーマ
開催場所
必要経費

無料

開催日程

随時開催(開催期間:1日限り)

募集対象

東京・埼玉・千葉在住の20~30代の方

注目ポイント
  • 食を通じた様々な問題を考える機会になる
  • サステナブルな思想と相性のよい東洋哲学を通じて、多角的な視点を培える
対象身分/年齢

募集詳細

🌎活動のご紹介🌎

 フードロスの問題に関して、現状を知り、問題解決に向けた意識を高めるための

「オンライン勉強会️」を開催しています。全4~5回です。

 勉強会を通じて、一人ひとりの意識が変わっていくことを目指しています。


<オンライン勉強会の内容>

 ☆学び ~フードロス問題の現状を共有~

 ☆シェア ~一人ひとりにできること・意識改革のためにできること~


<人数・所要時間等>

 ★3~4人集まれば随時開催しています。

 ★zoomを使って、1時間程度です。


🌎募集メンバー🌎

 主に、

 ・10代後半から30代の方

 ・東京/千葉/埼玉在住の方

  (サークルメンバーは約15人、20~30代がメインです。男女比4:6)


🌎立ち上げの想い🌎


 私がフードロスについて、立ち止まって考えるきっかけとなったのは、

 大学生のときでした。


 コンビニバイトで、毎日大量のお弁当やスイーツ、パン、から揚げ等の廃棄を目にする日々・・・


 こんなたくさんの廃棄の量が、

 全国の店舗で発生していたら、

 どれだけもったいないことを、私たちはしているんだろう・・・

 日本の恵まれた食環境と、大量の廃棄の矛盾を感じながら働いていました。


 フードロス問題には、もったいないということだけではない、様々な社会問題が凝縮されていると思います。

 一人でも多くの人に、その問題を知ってほしいと考えました。
 社会で起こる問題は、結局は、私たち一人ひとりの心の集合が、投影したものなのかもしれませんね。


 ぜひ、一緒に学び、話し、フードロスをはじめ環境問題にメスを入れていくキーパーソンになっていきましょう。

  • 331ea67896-IMG_3245.JPG

体験談・雰囲気

このイベントの体験談

20代、保育園栄養士として働いています。

もともと過食症だった私。食欲は収まらず、食べては吐くを繰り返していました。

友達の紹介で、大好きな食べ物について考えられるのなら、とサークルに参加。

自分にとっても社会にとっても、winwinな考え方を学べました。

仕事の傍ら、新しい視点を学べるいい機会となっています。


------------------------


30代、事務職で働いています。

環境問題には、私たち一人ひとりの意識改革が必要だと思っていたものの、

何から始めたらいいか悶々としていました。

サークルで、同じ関心を持った人と話していると、そのモヤモヤが少しずつはれ、

まずは自分が意識改革をしていこう、そう前向きに考えられるようになったと思います。

特徴
雰囲気

団体情報

法人格

任意団体

mirai-*未来* -SDGsを考えるの団体活動理念

社会を変える第一歩、それは「自分の意識改革」から。

mirai-*未来* -SDGsを考えるのボランティア募集

mirai-*未来* -SDGsを考えるの職員・バイト募集