1. 山間部の小学校跡をリノベし、未来を創るビジネスを多角的に企画・推進する!

    更新日:2020/10/02

    山間部の小学校跡をリノベし、未来を創るビジネスを多角的に企画・推進する!

    NPO法人 More繁盛
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    af6aee56df-hanze190615_035.jpg

    繁盛(ハンセ)地区は、縁起のいい名前とオープンな気質の地域です。「おもしろき繁盛をもっとおもしろく」をテーマにNPO法人を立ち上げ、持続可能な未来のため多角的事業化を推進する仲間を募集しています!!

    活動テーマ
    • 耕作放棄地
    活動場所
    • 兵庫 宍粟市 一宮町上岸田576 旧宍粟市立 繁盛小学校 (地図)
    • 兵庫 神戸 志塾あるま・まーた (地図)

    【兵庫県宍粟市繁盛地区】

    兵庫県宍粟市にある小学校(廃校を地域活動の拠点やゲストハウスにリノベーション中)を中心に、農業・自然体験、特産品開発・販売、地域交流・国際交流の活動を現地のメンバーと共同で実施しています。

    【兵庫県神戸市東灘区】

    神戸市にある拠点では、関西地区全体におけるイベントの広報・企画、特産品やゲストハウス、ジビエレストランの運営・企画など現地と都市部をつなぐ位置づけで企画・提案を中心に行っています。

    必要経費

    無料

    繁盛地区は姫路から車で1時間ほどかかります。(公共交通機関が非常に不便)。

    希望としては、自家用車・バイク・レンタカーなどで直接、来訪いただける方を歓迎しています。

    繁盛地区における大きなイベントなどの活動に関しては、宍粟市山崎町までは公共交通機関がありますので、山崎~繁盛間であれば、送迎対応も検討させていただきます。(人手に限りがあるので、対応が難しい場合もございますのでご了承ください。)

    その他の活動場所の場合は、交通費はご負担をお願いします。

    活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

    繁盛地区での活動は農作業など季節や時期によって必要なタスクが変わります。一日だけでもお手伝いいただけると助かることがたくさんあります。

    毎年、新企画のリリースや継続案件の強化を行っていきますので、長い目でみてご協力いただける方を歓迎しています。

    募集対象

    【年齢】

    30代まで


    【求めること】

    ★ More繁盛の活動にある程度、注力する余裕のある方。(NPO発足直後の事業立ち上げ段階ですので、スピード感と責任感が必要になります)

    ★ メールやLINE、SNSなどでの連絡に対し、社会人としての良識をもって、1~2日以内で返信、回答することが可能な方。

    ★ コスト意識・納期遵守の意識をもって活動に協力いただける方。(経営意識をもちつつ泥臭いこともする必要があります)

    ★ できること・できないこと、得意・不得意を明確に意思表示して、仕事に対して責任感とチームワークをもって取り組んでいただける方。


    【スキル(なくてもよいですが、あればとってもありがたい!)】

    ★ まずは体力(体を動かす活動も多いので、元気な人は大歓迎です!)

    ★ DIY(田舎は材料の宝庫です!特に木工スキルは役立ちます。電気・機械系に強い人も歓迎)

    ★ 接客(レストランやゲストハウスの対応で協力してほしいです)

    ★ 調理(地元産の無農薬のお米、野菜、ジビエをつかってレストラン・日本酒バー運営、特産品開発~製造~販売をやっていきます)

    ★ SNS マーケティング(繁盛の活動やいいところをPRするサポートをお願いします)

    ★ 英語力(外国人と一緒に行うイベントもあります。外国語ができるとたすかります。)

    ★ なにか特技があれば、役に立つことはたくさんあります!ぜひ教えてください!

    注目ポイント
    • 過疎地のまちづくりモデルの認定をうけたNPOで、農村活性化という日本全体の課題に使命感を持って向き合える
    • ゲストハウス、ジビエレストラン、自然・農村体験、特産品開発、国際交流イベントなど経営視点で取り組みビジネススキルを鍛えられる
    • 「農村地区&都市部」や「日本人&外国人」など様々な人たちが関わる企画が多くあるため、広いテーマや多角的な視点を持つことができる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    募集人数

    3名

    関連スキル
    • 翻訳/通訳
    • マーケティング/SNS運用
    • ライティング

    募集詳細

    • ad179b34b6-DSC00463.JPG

      鹿肉と猪肉を焼く米田会長。こわもてだけどすごくやさしくオープンマインドな方。新しい企画もどんどん応援してくれます

    • 33cc2a96bb-IMG_20200325_185752.jpg

      ジビエ料理を開発中。しっかりと下準備すれば非常においしいジビエ肉

    • b4e36f7da6-IMG_20200703_125423.jpg

      大好評のジビエランチ!焼き野菜と驚くほど好相性。ご飯の形も箸置きも「ひょうたん」です

    • a6ac6b1794-takenoko2019_168.jpg

      タケノコほりほり。意外と良い運動になります

    • 9ebc2f076e-singly_communitydevelopment_recruiting_78883_sub1.jpg

      子供たちの学び舎、繁盛小学校。生まれ変わって子供も大人も、日本人も外国人もみんなが集まる地域活性化の拠点として活躍します

    • 41f1903dfb-DSC08758.JPG

      繁盛の旗印はひょうたん。ハロウィンに「ジャック・オー・ひょーたん」をつくりました。いろんな国の人がつくったのでみんな個性あふれる仕上りです

    • fc12790ed0-taue1806_195.jpg

      無農薬でつくる田んぼ。繁盛のお米を楽しみにしてくれる方たちがいます。生き物にも人間にもやさしい里山をめざして。

    • 9cef17c65c-inekari_530.jpg

      稲刈りが終わりました。ここからお米になるまでもうすこし手間がかかります。繁盛の山並みと秋の空は青くきれいです。

    • 9e1a71196d-singly_communitydevelopment_recruiting_78883_sub1.jpg

      More繁盛の推進役、石本さん。神戸~繁盛を行き来しながらやるべきことはすべてやりきる。まさに獅子奮迅の活躍をする方。

    More繁盛の思い

    NPO法人More繁盛は、宍粟市協働まちづくり推進モデル団体の認可を受け、


    「おもしろき、繁盛をもっとおもしろく!」


    をスローガンとして活動していきます。



    幕末の志士、高杉晋作はこんな歌を詠んでいます。


    「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり」



    どんなことでも自分の考え方ひとつ、「思考」次第でおもしろくなる!


    繁盛地区のような過疎地には、ヒト・モノ・カネは本来あまりありません。


    しかし、だから何もできないと思うのではなく、

    「何もないからこそ、面白いことができるじゃないか!」

    という思いを大切にしています。


    見方を少し変えれば、もともと「おもしろきこと」を持っている田舎である繁盛地区を、

    もっと(More)おもしろくしていき、地域創生に繋げたいと思っています。

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 土日中心
    雰囲気
    • 真面目・本気
    • 外国人もいる
    関連大学
    • 兵庫県立大学
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    法人情報

    “おもしろき 繁盛をもっと おもしろく”
    代表者

    米田正富

    設立年

    2020年

    法人格

    NPO法人

    More繁盛の法人活動理念

    リノベーションした山間部の小学校跡を活動拠点とし、

    繁盛(ハンセ)という縁起の良い地名と縁起の良いモノ(瓢箪)をコンセプトに、

    これから訪れる日本の過疎地の生き残りをかけてNPO法人More繁盛は地域活性に貢献します!



    【More繁盛が目指す「もっと〇〇な田舎」】


    ●地域住民×都市部の人々との交流が「もっとオープン」な田舎

    ●新しい企画・事業に意欲的に楽しく取り組む「もっとチャレンジ精神」をもつ田舎

    ●繁盛地区が関西・中国地方の観光の重要なハブとして機能する「もっといろんなものをつなぐ」田舎

    ●里山の「もっと価値を見出す」ブリコラージュの思想があふれて工夫と創意にみちた田舎

    ●国際交流やモノからコトをいい仲間・友達・家族と一緒に「もっと体験」できる田舎


    そんな「もっと〇〇な田舎」をMore繁盛は創造します!


    More繁盛の法人活動内容

    More繁盛は多角的に事業を展開しています。

    活動実績

    2019年
    旧繁盛小学校前で休耕田を使った農薬不使用でのお米づくり体験(田植え)

    2019年06月15日

    【目的】


     無農薬米の米作りや自然体験を通じて、都心部(大阪・神戸・西宮)からファミリー層を誘致し、昔ながらの手植えでの田植え体験・薪での炊飯を体験してもらう。

     また、今年、5月より借り上げた、More繁盛の拠点としての、旧繁盛小学校を拠点としてイベントを開催し、地元の方の協力も方含め認知を広めていく。


    【事務局所感】


     昨年に続き2回目となる、無農薬米でのお米づくりを通じての体験イベント。今回より、本格的に地域外からの参加者を募り、参加費を頂く形式で実施。また、初となる、マイクロバスでの外国人の誘致も実施。

     あいにくの大雨であったが、参加者には田植え・食事と1日楽しんで頂けたと思う。今後、さらなる人員(目標100人)を呼び込める集客構造と大人数に対応できるMore繁盛としての受け入れ体制の確立が必要。




    草取り&そうめん流し&鮎のつかみ取り

    2019年08月03日

    【目的】


     6月の田植え参加をメインとした、年2番目の無農薬米の米作りイベント。

    田植え後の苦労である、草刈りの経験と揖保川での鮎のつかみどり、切り取った竹を使用したそうめん流し・スイカ割りを実施。

     米づくりだけでなく、四季を感じる

    自然体験イベントを実施していく。


    【事務局所感】


     昨年まではお米づくりのみでのイベントであったが、今回初めて、鮎のつかみ取り及びそうめん流しなどの四季と自然を感じれるイベントを実施。

     また、夏の暑い時期であったが、案外参加者の感想では、昔ながらのタガヤシを使った草取りが楽しかった模様。

     お米を生産する立場であれば日々の草刈りはしんどい作業でしかないが、たまにイベントとして開催すると、都会の方には十分に楽しんで頂けることが分かった。

     魚のつかみどりや、そうめん流しは、子供のみならず大人も十分楽しんでもらえることが分かった。




    無農薬のお米の収穫とひょうたんランプづくり、ジビエBBQ

    2019年10月19日

    【目的】


     6月田植え・8月の草取りの次の3番目の稲刈りイベントの実施。手狩り・はさがけなどの昔ながらの稲刈りを経験してもらう。

     食事は9月に収穫済みの繁盛米と地元で獲れたジビエのBBQを参加者と一緒に楽しむ。

    また雨天時の対応として繁盛のひょうたんを室内でワークショップをする企画も並行で実施。


    【事務局所感】


     収穫時期に雨が続き、6月田植えの田んぼでは実施できず、当日も雨の中実施。今回はファミリー層はキャンセルの為、外国人を中心に少人数で実施した。

     餅つきも稲刈りも外国人にとっては初めての経験であり、日本の文化に触れること、自然の中で体験することの価値を改めて感じた。

     また、ひょうたんランプの作成については各国の色づかいが見れ、制作工程で文化の違いも見られて面白かった。



    More繁盛のボランティア募集

    More繁盛の職員・バイト募集