1. 【地域×アート】東京から通いながらアート活動を一緒に始めませんか?

    更新日:2020/08/02

    【地域×アート】東京から通いながらアート活動を一緒に始めませんか?

    地域活性化に取り組む “福業” サークル
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    0390daa8d5-MNG00209.JPG

    都内から通える千葉県市原市の里山でアート作品の企画・制作を行なうメンバーを募集!「ちば眺望百景」に選出された「見晴台」を舞台に、地域のもったいない資源(竹・古着・廃材)を活用した作品を作ります!

    活動テーマ
    活動場所
    • 千葉
    • 東京
    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    活動頻度

    週0〜1回

    募集対象

    20・30代の方ならどなたでも!
    (会社員を中心に、大学生やフリーランスのメンバーが参加中!)

    注目ポイント
    • 北川フラム氏が総合ディレクターを務める市原市主催の国際芸術祭「いちはらアートミックス」出展企画として実施!
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生

    募集詳細

    はじめまして!

    私たちは、都内で働く20~30代の会社員やフリーランス、大学生らが集まり活動しています!





    ■概要

    着物や廃材・竹など、放置された「もったいない」地域資源を材料にアート作品をつくる仲間を募集!



    都内から1時間。千葉県市原市の里山エリアにある「見晴台」を舞台に、地域の「もったいない」資源を材料にアート作品を制作します!

    さらに、地域にある空いているスペースの発掘をすべく、地域の方々とZOOMでつなぎ、ヒアリングを行なうオンラインワークショップを実施します!


    最終的には、2021年春に開催される「房総里山芸術祭 いちはらアートミックス」に出展!アートミックスに向けた作品制作&作品設置場所(空きスペース)の開拓を行なうプロジェクトです!





    ■ 活動場所

    見晴台は、千葉県による「ちば眺望100景」にも選定。オープンガーデンとして地域に開かれた敷地内には、かつて使われていたツリーハウスがあったり、眼前には見渡す限りの里山が広がっています。



    ■活動内容

    ①布(地域の方々から頂いた古着や着物など)
    ②木材(桶の廃材や桐の端材)
    ③竹(地域に繁茂する竹林から伐採)

    を材料として使用したアート作品を作ります!

    ④市内の「空いてるスペース」を発掘します!

    ⇒空き地、活用されていない公園、手つかずの自然が残された里山・・・などを市民の皆さんにリサーチして発掘します!




    ■活動のゴール

    ①市原市内にある「空いてるスペース」を発掘する!

    ②見晴台&発掘した「空いてるスペース」でアート作品を制作する!


    2021年3月~5月に開催される、市原市主催のトリエンナーレ「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス」に出展決定!(市民参加枠の「おもてなし交流プログラム」の一環として採択されました)



    ■ 活動の背景

    【過去3年間の活動を通じて、数多くの「もったいない」地域資源を目撃。その度に、もどかしさを感じた】

    私たちの団体では、2017年から千葉県市原市で活動しています。
    地域にあるもったいないモノゴトを≪いと・惜しい≫と表現し、≪いと・惜しい≫地域資源を活用した地域活性化プロジェクトを企画・実施してきました。

    あまり使われていない公共施設を活用し、地域内外の住民が交流するイベントを行なったり、観光地ではない普通の農村の隠れた名所を紹介するマップをつくったり・・・。


    今回のプロジェクトでは、アートに関心の高いメンバーが集まり、自分たちのこだわりを盛り込んだ作品制作に取り組みたいと思っています。




    【目の前で大量の着物が捨てられている現実。放っておけますか?】

    「軽トラ3台分も捨てたんだよ」
    地域の方々へヒアリングを行なっていると、そんな話を耳にしました。話の主は70代の方。軽い脳梗塞で倒れて以降、息子たちに実家にある大量のモノの整理を促されたそうです。その結果、タンスの肥やしになっていたような着物等の衣類や、食器、布団などを大量に廃棄したそうです。


    大変ショックな話でした。
    私たちから見れば、捨てられた着物等は「お宝」に近いのです。モノと一緒に蓄積された思い出やエピソード。これらはかけがえのないものですし、モノ以上に価値があったのかもしれません。

    私たちに「表現」する力があれば。捨てられていったモノたちの「活用できる場所」を作ってやれれば・・・悔しくて仕方がありませんでした。


    • 78aecb5be9-fgjk.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    地域での活動の様子をご紹介!


    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    • 59aebfff54-_IMG_3297.JPG
    • 326c723b41-_IMG_8816.JPG

    団体情報

    Articles 2dbacd8f4a jjj
    Square small 3e978b9f5b picture 1594104055

    地域活性化に取り組む “福業” サークル

    “地域と自分の「しあわせ」を生み出す “福業” を実践する”
    設立年

    2017年

    法人格

    任意団体

    地域活性化に取り組む “福業” サークルの団体活動理念



    ====================

     地域と自分の「しあわせ」をつくります

    ====================



    〈地域の課題解決〉と〈参加者の自己実現〉を両立させた活動を "福業"と名付け、地域だけではなく自分自身も「しあわせ」になれるようなプロジェクトを行なっています!

    画像3

    画像9







    ======================

     「いと・惜しい」地域資源を活用しています

    ======================



    地域の「いと・惜しい(=もったいない)」モノゴトを発掘・活用した地域活性化プロジェクトを行なっています!

    いらなくなった古着や着物、増殖した竹、使われていない公共施設などの「いと・惜しい(もったいない)」地域資源を活用しています。

    地域活性化に取り組む “福業” サークルの団体活動内容





    私たちは、都内近郊の20・30代による地域活性化団体です!

    会社員を中心に、フリーランス、大学生など様々なメンバーが約30人ほど集まり活動しています!






    千葉県市原市を中心に、東京から地域に通いながらイベント・アート・マップ制作・動画配信など、様々な地域活性化プロジェクトを行なっています!






    〈地域の課題解決〉と〈参加者の自己実現〉
    を両立させた活動を "福業" と名付け、30人あまりのメンバー各々が自分のやってみたいことを地域で実践中!!








    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



     現在行なっている活動をご紹介します!!



    ーーーーーーーーーー

     のろしチャンネル
    ーーーーーーーーーー

    地域で「これから何かやってみたい!」というあなたに見て欲しい30分間の生放送!

    コロナで地域に行けなくなった「のろし」がお送りする毎週3日間の生放送!のろし新メンバーへのインタビュー(月曜)、市原でまちづくりに取り組むプレイヤーとの対談(水曜)、「地域で何かやりたい」仲間たちのオンライン交流会(日曜)を放送中!

    画像7






    ーーーーーーーーーーーーーーーー

     遊休不動産の活用プロジェクト
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    市原市にある公共施設「旧・鶴舞青年の家」を舞台に、地域内外の住民が交流できるイベントを企画・運営しています!
    (BBQ大会、地域の盆踊りで屋台出店&子供向け映画上映会、駅前広場を貸し切った野外イベント)

    画像28

    画像17

    画像10

    画像30







    ーーーーーーーーーーーーーーーー

     見晴台でのアートプロジェクト
    ーーーーーーーーーーーーーーーー


    「ちば眺望100景」に選ばれた見晴台を舞台に、地域に繁茂する竹を活用したアート作品制作プロジェクトです!

    近隣の竹林から伐採した大量の竹と、かつて使われていたツリーハウス跡や着物・木材など様々な「いと・惜しい」地域資源を組み合わせ、作品の構想から制作、お披露目イベントの開催までを行なっていきます!

    ※市原市主催のトリエンナーレ「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス」出展企画

    画像17

    画像13

    画像14

    画像15





    ーーーーーーーーーーーーーー

     いちはら "福業" スクール
    ーーーーーーーーーーーーーー

    都内在住者向けの人材育成・関係人口創出プログラム「いちはら"福業"スクール」の企画・運営を行なっています!

    参加者は1泊2日で市原のNPOや市民団体を訪ね、活動を体験しながら取材を行ない、その中で聞き取った「いと・惜しい」地域課題を解決する地域活性化プロジェクト("福業")を起案。その後も継続的に市原と関わりながら、"福業"を実践しています。

    ※令和元年度 千葉県市原市「市民公益活動支援補助」採択事業

    画像12

    原さん撮影 (26)

    画像11







    ーーーーーーーーーーー

     地域紹介マップ制作
    ーーーーーーーーーーー

    中房総エリアの玄関口・市原鶴舞インターチェンジ(圏央道)近くにある高速バスターミナル「市原鶴舞バスターミナル」の利用促進を目的に、地域の食事処やモデルコースをまとめたマップやポスター等の紙媒体一式の制作を担当させて頂いています!

    ※委託:市原鶴舞IC周辺まちづくり協議会

    画像15

    画像29






    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


      これまでに実施した活動をご紹介!



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     布や木材のアップサイクル品づくり
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    地域の方々から頂いた着物や古着などをリメイクした作品を制作しました!

    布を活用した「キメコミアート」作品や、廃材を活用した「飾り棚」を制作。さらに2018年12月には市原市主催のアートイベント「アートいちはら2018」に出展、作品の展示や来場者の方へ「つまみ細工」のワークショップを行ないました!(2018~2019年)

    画像16

    画像18

    画像19





    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     「地域への関わり方」を起案するイベント

     TRAVEL HUB MIX × のろし
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    株式会社パソナ様(TRAVEL HUB MIX)等と協働し、地域に関わってみたい会社員等を対象に、地域でやってみたいプロジェクトを考えるワークショップやイベントを企画・運営しました!(2018~2019)

    画像23

    画像24

    画像25




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「移住」に代わる言葉を考えるプロジェクト
    (株式会社FromTo × のろし)
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    お試し移住サービス「ふらっと住」を展開予定のベンチャー企業・株式会社FromTo様との協働プロジェクト。

    都内会社員・フリーランスの方々を対象にした「ふらっと地域を訪ねて実現したい活動のアイデア」を考えるワークショップの企画・運営などを行ないました!

    画像21

    画像22








    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    ===========

     ★直近の活動案内★

    ===========


    直近の活動予定は以下の通りです!

    興味がございましたら、お気軽に見学・ご参加下さい!!



    ※プロジェクトによって活動日が異なりますので、興味のある日程にご参加下さい!
    (全部の活動日に参加すると、かなり多忙になってしまうかと…汗)

    また、どの日程も初心者歓迎ですので、お気軽にご参加下さい!


    ーーーーーーー


    8月1日(土)

    Zoomもしくは対面(永田町)


    16時~ 団体説明会
    17時~ のろし全体ミーティング

    画像2


    「地域で何かやってみたい!」という思いを持った仲間が集まる団体説明会「けむりの会」。17時からは「のろし」の月一の定例ミーティングを引き続き行ないます!のろしメンバーと交流しながら、アットホームなイベントです!(Zoomもしくは対面でも参加可能)

    ※毎月第一土曜日に実施しています。次回は8月1日(土)16時~団体説明会、17時~全体ミーティングを予定しています!


    ーーーーーーー


    7月12日(日)


    千葉県市原市訪問!
    「見晴台アートプロジェクト」活動日

    画像3

    画像4

    地域にある「もったいない」資源を活かしたアート作品を作る本プロジェクト。地域に繁茂した「竹」や、地域のおばあちゃんの家に眠ったままになっている「着物・古着」、物置に放置されていた「廃材(木材)」などの素材を活かした作品づくりを行なっています!


    7月12日(日)は、緊急事態宣言以降初めての地域訪問。初めて参加するメンバーも多いので、地域の散策や竹を切ったりアート作品の構想を練るディスカッションなどを行ないます!


    ・ 9:00 都内集合
    ・10:30 市原市見晴台到着
    ・10:30~12:30 見晴台でアート制作
    ・12:30~13:30 食事
    ・13:30~15:00 鶴舞散策
    ・15:00~16:00 作業続き・片付け
    ・18:00都内解散


    ーーーーーーーー


    7月19日(日)

    市原市への訪問
    市内唯一の木造廃校での打ち合わせ!

    画像6

    画像5

    2019年度に実施した「いちはら"福業"スクール」1期生の藤原さん(上記写真右)が企画したプロジェクトに関して、地域の方々と打ち合わせを行ないます!

    会場は、市原市に唯一現存する木造校舎を活用した施設「内田未来楽校」にて、同施設を管理されているNPOの方々との打ち合わせです!打合せに同席したい方、募集です!

    画像7

    画像8




    ーーーーーーー

    7月23日(木・祝) or 24日(金・祝)


    市原市訪問!
    里山のオリーブ園でのイベント運営のお手伝い!

    画像10

    画像10

    市原にある「オリーブコミューン」。100本のオリーブが植えられ、地域内外から老若男女問わず様々な人が行き来するオープンガーデンです。

    この日は、2020年6月に実施したクラウドファンディングに関連したイベントが行われるそう。野菜を収穫したり、特製ピザ窯でピザを焼いたり…そんなイベントのお手伝いに伺います!

    活動実績

    2017年
    団体設立(アクティボで集まった数人で初回ミーティング実施)

    2017年10月

    千葉県市原市に初訪問!初回活動実施

    2017年12月

    2018年
    布・木材のアップサイクルプロジェクト開始

    2018年04月

    市原市営「市原鶴舞バスターミナル」のマップ・ポスター等の制作委託(以降毎年受託)

    2018年05月

    (株)パソナと協働し、東京駅前の観光案内所「TRAVEL HUB MIX」で主催イベント実施

    2018年09月

    市原市主催アートイベント「アートいちはら2018秋」出展

    2018年12月

    2019年
    遊休不動産活用プロジェクト(鶴舞青年の家でのイベント開催)開始

    2019年05月

    「いちはら“福業”スクール」が、令和元年度 市原市市民公益活動助成 採択

    2019年07月

    見晴台アートプロジェクト開始!

    2019年09月

    (株)FromToと協働で「移住に代わる言葉を探すプロジェクト」開始(都内でワークショップ・イベントの共催など)

    2019年10月

    市原市主催「中房総国際芸術祭 いちはらアートミックス」出展企画として採択

    2019年12月

    2020年
    緊急事態宣言発令に伴い、生放送番組「のろしチャンネル」開始

    2020年04月

    コロナ以降初の、地域を訪問した活動を実施(地域での活動再開)

    2020年07月12日

    地域活性化に取り組む “福業” サークルのボランティア募集

    地域活性化に取り組む “福業” サークルの職員・バイト募集