1. 東日本大震災復興志縁学生ボランティア

    更新日:2020/08/04

    東日本大震災復興志縁学生ボランティア

    海の見える命の森学生委員会
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    8546b49a45-IMG_20190813_151153.jpg

    海の見える命の森での夏のボランティアに多くの方に参加していただきたく思い、ウェブサイト編集、SNS運営などの広報活動をする高校生、大学生を募集。

    活動テーマ
    • 防災
    • 減災
    • 新型コロナウイルスの影響によるオンラインボランティア
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 宮城

    オンラインにて活動しています。

    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    募集対象

    震災、復興関連のボランティアをしたいけど、知識がない。ボランティアやってみたいけど、やったことがない。広報をメインとした、一からの活動なので、熱意があれば大歓迎!

    注目ポイント
    • 震災と復興の現状について知れる!
    • 被災地復興に興味のある同世代と友達になれる!
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    10名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作
    • マーケティング/SNS運用

    募集詳細


    『海の見える命の森』実行委員会は東日本大震災で被災した宮城県・南三陸町の有志で2016年にスタートしました。

    東日本大震災で、生きることの根底には自然の支えがある事を学びました。本震災から我々が得た学びと気づきは後世への資産でありその伝承は次代を担う人々にとって大切なことです。後世に伝えねばならない事、祈りたい事、残したい事…

    8月までは今夏の参加者を募るため、インターネットを駆使した広報活動をします。オンラインですので、全国、はたまた全世界で活動できますので、少しでも興味のある方は一度お問合せください。

    学生にはインターネットが使いこなせるという武器があります。一緒に情報を発信しましょう。

    現在、学生委員会は現在19名で活動しています。随時新規メンバーも募集していますので、ご応募お待ちしております。


      • 332e1822f7-line_778260138076038.jpg

      体験談・雰囲気

      このボランティアの体験談

      昨夏にうみもりでボランティアをして、一番の感想は今回の経験を今度は私から発信していかなければならないということ。震災から8年が経ってもまだまだ復興しきれていなかった。ボランティアで行こうと行動に起こせない人ほどそういう現状には無知であるとコーディネーターが言ってて、その人たちにもどうにか伝えることが今回のボランティアの最後の活動だと言われた。そこで、私は今夏の参加者を募るための広報活動をしています。一緒に活動してくれるやる気のある学生の応募お待ちしております!!

      このボランティアの雰囲気

      ボランティア日程や内容は柔軟に対応してくれる!

      一緒に活動している仲間がいて心強い!

      特徴
      • 初心者歓迎
      • 友達が増える
      • 短時間でも可
      雰囲気
      • 成長意欲が高い

      団体情報

      海の見える命の森学生委員会

      設立年

      2016年

      法人格

      任意団体

      海の見える命の森学生委員会のボランティア募集

      海の見える命の森学生委員会の職員・バイト募集