こちらのイベントは募集が終了しています。

  1. <3月中>~テロと紛争の解決に向けて~オンライン個別説明会

更新日:2020/03/31

<3月中>~テロと紛争の解決に向けて~オンライン個別説明会

NPO法人アクセプト・インターナショナル
メインビジュアル背景画像

基本情報

65441ac03e-event_international_recruiting_77127_main.jpg

~テロと紛争の解決に向けて~3月オンライン個別説明会
今般のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大に伴い、2020年3月度イベントは、オンラインでの個別説明会に変えてのご案内です!

活動テーマ
開催場所
  • オンライン開催

PCと安定したネット環境があればどこからでもご参加いただけます。

必要経費

無料

開催日程

お申込みフォームよりご希望の日時をお選びください。

注目ポイント
  • 実際に会場に行かなくても、遠隔で参加できる
  • NPO職員から直に話を聞ける
  • ケニアに駐在したメンバーから話を聞ける
対象身分/年齢

募集詳細

=======================

  ~テロと紛争の解決に向けて~

   3月オンライン個別説明会

=======================


今般のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大に伴い、2020年3月度イベントは、オンラインでの個別説明「テロと紛争の解決に向けて~個別説明会~」に変えてご案内いたします。

こんにちは。

アクセプト・インターナショナル職員の秋葉です。

テロと紛争の解決をミッションに掲げるNPO法人アクセプト・インターナショナルの職員として、現場に足を運びつつ、国内での広報活動にも取り組んでいます。



2011年、当法人の前身団体は、多くのソマリア難民が生活するケニアで活動を開始しました。


それから9年目。

私たちは国連とも協力しながら、社会の中で排除され、ギャングになってしまったソマリア人の若者たちを受け入れて彼らの過激化を予防したり、彼らが社会に戻るための支援をしています。


2017年には地域三大ギャング組織の一つ・カリフマッシブを解散。現在は、解散後の就労支援のための新プロジェクト立ち上げ、プロジェクトの実施・改善を行っています。



彼らの違法性の高い行為を減らすとともに、彼らがさらに過激化し、テロリストになる道を選ばないために以下のような取り組みを実施してきました。


◎意識改革プログラム

参加者が現状加担している反社会的行為から距離を置き、「未来の社会を創る主体者」となるために、自身あるいは社会の問題を解決する姿勢を身につけることを目指しています。


自身が抱える課題を解決するための参加型議論や、解決のための具体的なアクションをとるテイク・アクションなど、4つのプログラムを実施しています。

※積極的に議論に取り組む参加ギャングたち。

※現状を変えるためのアクションとして、小学校を訪問して、学校に通い続ける重要性を伝える参加ギャング。実際の行動が意識の変化を促進します。


◎薬物更生プログラム~Cheer up Somali Sports Project~

現地のクリニックと協働で、ギャングがマリファナなどの薬物依存から抜け出すための取組みをします。また、ギャング組織や薬物以外の居場所を創るために、ギャングメンバーで構成されるサッカーチームをつくりました。

※みんなサッカーが大好き。ギャング組織の解散のきっかけの一つが、サッカーでした。


◎スキルトレーニング

経済的な自立を目指して、実際の就労につながるスキルを身に着けます。同時に、彼らが抱える生活習慣上の就労への課題を解決するためのライフスキルトレーニングを実施します。また、社会的な不和を抱えるソマリア人とケニア人の若者が合同で研修することで、彼らの相互理解の促進も目指します。

※日本から寄付されたスマートフォンを練習台に、修理スキルを獲得中。



当日の活動説明会では、当法人の担当者1名がテロと紛争の現状やケニアで行われている具体的な活動などをお話していきたいと思います。


あなたのご参加を心よりお待ちしております!


※オフラインでの活動説明会の様子



▼日程

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2020年3月7日(土)~2020年3月31日(火)



▼実施形態

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

オンラインでの1対1形式での対話セッション(1枠30分)



▼内容

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

活動概要のご紹介・質疑応答、アンバサダー制度のご案内



▼主な対応者

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◎秋葉 光恵

1992年生まれ。London School of Economics and Political Science(LSE)開発学修士、University of St.Andrewsテロ対策コース修了。学生時代から心理的アプローチを通じた平和構築に関心を持ち、関連するNGOや国際機関でのインターン、ノーベル平和賞受賞者サミットへの参加を経験する。卒業後は、独立行政法人国際協力機構(JICA)に入構。暴力的過激主義者を対象とする脱過激化・社会復帰支援の独自性や重要性への共感から2018年11月に転職して現職に至る。2020年度ロータリー財団平和フェローへ就任予定。


◎山崎 琢磨

1997年、神奈川県生まれ。慶應大学法学部政治学科でアフリカ研究会に在籍中。NPO法人アクセプト・インターナショナルケニア事業部メンバー。4年間にわたりケニア事業部の活動に従事。2019年9月まで1年間にわたり現地に駐在し、スマホ修理スキルを用いた元ソマリアギャングの収入創出事業を立ち上げる。



▼参加費 / 接続

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・参加費:無料

・接続:ZOOMを使用しての接続を予定

※お申込み後、詳細を送付します。



▼申込方法/詳細

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

本フォームより、ご希望の日時を選択してください。

お申し込み後2日以内にご連絡いたします。



▼注意事項

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

希望日の2日前までのお申込みをお願いいたします。

希望者多数の場合には抽選でのご案内となる旨ご了承ください。

なお、当日の録音/録画はご遠慮下さい。

体験談・雰囲気

このイベントの体験談

▼ケニアのプログラム参加者の声

「偏見を捨てて、俺たちの話を聞いてほしい。それが俺の社会に対する唯一の願いだ。」(21歳)

「社会からどう思われているかはわかっている。それでも、やり直したいんだ。」(25歳)


▼イベント参加者の声

・20代女性(学生)

「自分と同世代の人が始めた活動と知って、とても刺激をもらいました。」

・30代男性(社会人)

「改めて、国際協力と関わりたいと感じるいい機会になりました。」

・50代男性(社会人)

「活動の背景にある論理まで、よく理解できた。」

法人情報

NPO法人アクセプト・インターナショナル

“テロを止める、紛争を解決する”
代表者

永井陽右

設立年

2017年

法人格

NPO法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

アクセプト・インターナショナルの法人活動理念

『テロを止める。紛争を解決する。前例がないならば、私たちが挑戦する』アクセプト・インターナショナルはテロと紛争の解決を目指して活動する世界でも数少ないNPO法人です。

アクセプト・インターナショナルの法人活動内容

ソマリア、ケニア 、インドネシアなどテロリスクの高い地域で、テロリストやギャングなどの暴力的過激主義者を受け入れ、彼らの脱過激化と社会復帰を切り口とした平和的なアプローチでテロと紛争の解決を目指します。

アクセプト・インターナショナルのボランティア募集

アクセプト・インターナショナルの職員・バイト募集