1. 【インターン募集】不登校生むけ授業プランを教育ベンチャー経営者と一緒につくる!

    更新日:2019/09/23

    【インターン募集】不登校生むけ授業プランを教育ベンチャー経営者と一緒につくる!

    学習支援塾ビーンズ + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    d94ccdddf9-beans_3.jpg

    ビーンズは「子どもたちのやりたいことを見つけて、子どもたちの未来を『カタチ』にする塾」です。
    今後の事業拡大・よりよい授業を提供することを目指し、一緒に事業をつくっていくインターンを募集します。

    活動テーマ
    • いじめ
    • 不登校
    • 子育て/育児
    勤務場所
    • 東京 新宿区 新宿区新小川町5ー22 マンション豊友 (地図)
    待遇

    無料

    勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年間)

    勤務頻度

    週2〜3回

    募集対象

    大学生・大学院生・社会人(高校生は不可)

    【下記の想いを持っている方を求めています!】
     ・起業や会社経営に興味がある方
     ・学校教育に課題を感じている方
     ・子どもたちに学校外の居場所を作りたい方
     ・子どもへの教育プランをつくっていきたいという方

    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    2名

    募集詳細

    ●活動内容:塾代表と共に塾運営に参加

    【授業プラン作成】

    ・先輩インターンとともに子どもたちの「居場所支援」や「集団授業」のプランを作成



    【事業戦略】

    ・代表、先輩インターンとともに事業課題の把握、課題解決案の検討

    ・子どもたちの現状把握や、教育プランを創り上げるのに必要な情報の収集・分析・整理・考察


    【事業計画書作成】

    ・経営層の提示する事業計画に関する書類・資料の原稿づくり(PowerPoint、Wordソフトを使用)

    ・各種助成金の申込書式の執筆

    ・起業家育成プログラムへの申込書式執筆

    ・その他、新しい業務の企画を代表、先輩インターンとともに検討・立案


    【渉外】

    ・各種会議・打ち合わせへの同行、参加

    ●学べること・経験できること

    【組織運営面】

    ・代表直轄のインターンチームでの活動となるため、「経営者視点で活動」をする経験を積むことができます

    (経営者の日々の活動に触れていただきます)

    ・理念や理想を形にしていくことに加え「会社経営を支える」実務に触れる経験を積むことができます

    ・経理責任者との協働作業の機会もあり、会社運営の核となる経理・労務の基礎や金融機関との

    折衝の経験を積むことができます


    【コミュニケーション力・スキル面】

    ・チームの仲間となる先輩インターンから、資料作成の方法を学ぶことができます

    ・塾代表の直接指導のもと資料作成する場合もあります

    ・PowerPoint、Wordソフトの基本的な使い方をお伝えします



    ===============================

    ●必須条件「子どもが好きなこと」

    活動場所は、学習支援塾ビーンズです。塾のど真ん中でタスクを進めていくことになるため、常に子どもと触れ合いながらの作業になります。また、自分たちの作っている事業計画が本当に子どもたちの抱えた問題に寄り添ったものになっているかを考えていただくためにも、子どもと接することが好きな方に参加していただきたいです。


    ●必須スキル「パソコンを問題なく扱えること」

    ①Google系サービスを多用しますので、IT系にアレルギーがないこと

    ※初心者でも安心してください。ヤル気があれば、どんどん教えます!

    ②タイピングの速さがある程度あること・ブラインドタッチができること

    ③文章作成能力

    ④Excelなど表計算ソフトで簡単な関数をつかえること

    なお、パソコンに関しては備え付けのものがありますので、基本的にはパソコンの持参は求めませんので、

    ご安心ください。


    ●歓迎スキル「デザイン系のスキル」

    ①Adobeソフトを使った経験があること(illustratorでチラシを使ったことあるなど)

    ②動画制作ソフトを使って経験があること

    ※資料作成・広告制作に活用していただければと思います


    ●採用の基準「インターン経験で求めるものがはっきりしていること」

    今後インターン採用を進めるにあたり候補となる方に対してには、

    ・インターンで、どんなことをやりたいか

    ・インターンに関わらず、これからの時間をどう過ごしたいか、どんな学びを得たいのか

    という意思表示をしていただきます。

    ※インターン参加日数の頻度や参加できる時間よりも、参加への動機、取り組みへの真摯さを確認します。

    詳しくは面談時にワークシートをお渡しした際にお伝えします。


    ===============================

    ●インターン活動までのステップ

    1.面談

    以下のような内容について話します。

    ・ビーンズのインターンでやりたいこと

    ・日本の教育にあなたが感じる課題について

    また、面接で使う課題(ワークシート)をお渡し、記入方法をお伝えします。


    2.面接

    「書き上げたワークシートと履歴書」をお持ちください。

    ワークシートには、

    ・今後のご自身の成長プラン、インターンで経験したいこと

    ・インターンで成長したいポイント、得たいスキル

    をお書きください。


    3.採用・活動開始

    採用はメールにて通知いたします。

    その後、インターンの採用書式を記入いただきます。

    ===============================

    ●参考:今までのビーンズが獲得した助成金や通過したプログラムなどの実績

    助成金の例

    ・東京都 創業助成事業


    融資の例

    ・西武ソーシャルビジネス成長応援融資「CHANGE」

    ・東京都 女性・若者・シニア創業サポート事業


    アクセレータープログラムの例

    ・花王社会起業塾(社会起業イニシアティブ)

    ・東京都アクセレータープログラム(TOKYO STARTUP GATEWAY)

    体験談・雰囲気

    このインターンの体験談

    【自己紹介】

    ビーンズインターンの長澤と申します。大学では経済学を学んでいます。

    大学3年生ですが、高校の同級生の多くは既に大学を卒業して就職しております!

    (詳しい事情はビーンズのHPで…)

    ビーンズには当初、科目授業を教える講師として採用されました。
    その後、インターンとしての活動も開始しました。

    【ビーンズのインターンに参加したきっかけ】
    代表の塚崎が参加していた花王社会起業塾というアクセレータープログラムの事業計画書の一部を書く機会を頂いたのがきっかけです。

    【事業計画書をつくるのは楽しい】

    ロジックの甘さが許されないという点においては事業計画書は論文と同じです。

    しかし、事業計画書にはさらに、熱いパッション・一目で分かるほどの簡潔さが求められます。

    この2点を盛り込むのには大変苦労しましたが、同時に新鮮でもありました。

    また、分かりやすく熱い思いを伝えるという作業の過程で自分の思想がさらに完成されていくのには、

    大変興奮しました。

    【アクセレータープログラムで出会う人がアツい!】

    そして、完成度の高い事業計画書が出来上がったこともあって(?)無事に社会起業塾の選考を通過することができました。

    そこで、塚﨑さんにプログラムの現場に連れて行ってもらったのですが、そこには普通の大学生生活の中では見ることができない刺激的な光景が広がっていました。

    具体的にどのような人間がいて、どのようなことを喋っていたのかを説明する余裕はありませんが、

    とにかく「社会起業家の熱意ってすごいし、クセがありすぎる人間が多すぎる!」と感じました。

    この経験もインターンに参加しようと思ったきっかけの一つです。


    【最初は教育に関心なかった。インターンの経験を通して日本の教育課題に気づく】

    実は、ビーンズへ参加した当初は教育に対して今ほど興味関心がありませんでした。

    自分自身は少なくとも教育面では恵まれた環境で過ごしていたので、参加当初は「海外旅行に行くためのお金の足しにできたらいいな」くらいの何とも軽薄な動機でした(笑)。

    しかし、ビーンズにくる子どもと触れ合い彼らが抱える課題を肌で感じ、先述のように事業計画書の作成を手伝うという現場と思考を往復する日々の中で

    「日本の子どもの現状はかなりやばい。子どもの未来=みんなの未来なんだからどうにかしなくては」という気持ちが私の中で芽生え始めたのです。

    私がビーンズを通して気づいた教育の課題は

    ①子どもの自尊心が低すぎること

    ②子どもが社会を知る機会が少なすぎること

    ③子どもに自分がやりたいこと・やっていることを発信する力や機会がないこと

    の3点にまとめられると思います。

    現状のビーンズのリソースでは上記3点の課題を解決することはできません。

    ですから、この課題の解決に共に取り組む仲間がもっと欲しいと思っています。

    【もっと仲間を増やして、教育の課題を解決したい!】

    私(とビーンズ)が考える教育の課題を解決するためには、ビーンズはさらに外部に飛び出していきます。

    そして多くの組織や人にビーンズの理念や、解決したい課題を共感してもらい、

    「仲間が多くて影響力のあるビーンズ」を目指していきたいです。

    現在、私は新しいアクセレータプログラムに挑戦するための事業計画書を作成しています。

    自分が感じている教育の課題や、解決への思いを文字化する過程で自分の勉強不足やスキルのなさを痛感しますが、

    自分が作った事業計画書で仲間が増えるかもしれないと思うと、相当なやりがいを感じます。

    そして、このような取り組みにやりがいを感じられるような人はビーンズのインターンを楽しめると思っています。

    ぜひ仲間になってください!

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    企業情報

    Usersmainimg
    Avatar

    学習支援塾ビーンズ

    代表者

    塚﨑 康弘

    設立年

    2015年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    学習支援塾ビーンズの企業活動理念

    <ビ―ンズの目的>「子どもたちが自分のやりたいことを思い切りやれる場所へ送り出す」


    学習支援塾ビーンズの企業活動内容

    学習支援塾ビーンズは、不登校の子どもたち専門の個別指導塾として2015年新宿区で創業しました。

    現在は通学状態に関わらず、小学校高学年から高校生の子どもたちへ向け心のケアから受験対策まで行っています。

    今、ビーンズは「子どもたちが自分の進路を想像することができない」という課題に取り組んでいます。

    この課題解決には「子どもたちが社会とのふれあい・多様な大人との出会うことが必要である」と考えました。

    そこで子どもたちが様々な大人たちと出会えるスペースを塾内に設置し、子どもたちが自分の興味を掘り下げるワークショップを行っています。

    取り組む社会課題:『不登校』

    活動実績

    2015年
    アップシードビーンズ株式会社創業

    2015年08月

    東京都中小企業振興公社「創業助成事業」採択(事例集に掲載される)

    2015年09月

    2017年
    新宿区から取材を受け、PR動画を公開

    2017年03月

    ビーンズ×日本財団CANPAN共催授業 「寄付ってなに?」を実施

    2017年12月

    2018年
    東京都「創業NET」にてインタビュー公開

    2018年07月

    「花王社会起業塾」に採択される

    2018年09月

    2019年
    東京都 女性・若者・シニア創業サポート事業(融資)に採択される

    2019年02月

    西武ソーシャルビジネス成長応援融資「CHANGE」に採択される

    2019年06月

    学習支援塾ビーンズのボランティア募集

    学習支援塾ビーンズの職員・バイト募集