1. 【2020年3月】フェアトレードとエシカルを学ぶ旅

    更新日:2019/10/15

    【2020年3月】フェアトレードとエシカルを学ぶ旅

    特定非営利活動法人LOOB JAPAN + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    b7acc5de95-fairtradetour_2019.jpg

    現地のフェアトレード生産者を3つ訪問します!
    貧困からの脱出を目指す生産現場から、エシカル消費、環境破壊、貧富の差について学びませんか?

    活動テーマ
    • フェアトレード
    • 自立支援
    活動場所
    • フィリピン LOOB Share House, Mandurriao, Iloilo City, Iloilo, Philippines (地図)

    イロイロ市

    必要経費
    • 54,000〜54,000円

    フィリピン・イロイロ市現地集合(日本~フィリピンの国際航空券は別途手配)

    活動日程
    • 2020/03/08~13
    募集対象

    大学生、社会人向け、16歳以上15名まで

    注目ポイント
    • 1. 現地フェアトレード生産者訪問(伝統の指輪、アップサイクル製品、生チョコ製作体験)
    • 2. 学校で児童にSDGsを教える活動
    • 3. フィリピン料理体験
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    15名

    募集詳細

    "フェアトレード&エシカル消費"が学べるLOOBのスタディツアー!

    フェアトレード&エシカル消費について、どれくらい知っていますか?貧困層の手工芸制作の現場に入り、生産者との交流を通して、SDGsの中でも特に目標12:「つくる責任・つかう責任」について掘り下げます。消費活動が世界を動かしていける可能性を体感できるツアーとなっています。


    日本人スタッフの通訳が付きますので、海外初めての方もぜひお気軽にご参加下さい!




    ★募集概要★

    日程: 2020年3月8日(日)~3月13日(金)-5泊6日

    研修場所: フィリピン・イロイロ市

    研修費: 54,000円(+航空券約6万円)

    *お友達2名の参加でそれぞれに3,000円引き


    [参加費に含まれるもの]
    ● 申込金10,000円
    ● 賛助会費3,000円
    ● イロイロ空港送迎 *推奨便のみ
    ● 現地滞在費(移動費、食費込み)
    ● 研修活動費、訪問先調整費など
    ● LOOBのTシャツ1枚


    [参加費に含まれないもの]
    ● 日本~イロイロまでの航空券60,000円~
    ● 海外旅行保険3,000円~
    ● お小遣い5,000~10,000円~
    ● 推奨便は事務局にお問い合わせください。(推奨便以外のご利用の方はイロイロ空港片道送迎1,200円発生します)


    第1次〆切: 2020年1月17日(金)(定員に満たない場合は募集継続します)
    事前研修: 2020年2月中 (都内で予定しております。遠方の方もLINEで参加して頂けます)

    • 活動ポイント

    • 1. 現地フェアトレード生産者訪問(伝統の指輪、アップサイクル製品、生チョコ製作体験)
    • 2. 学校で児童にSDGsを教える活動
    • 3. フィリピン料理体験
    • 4. プレゼン発表会
    • 5. イロイロ市観光/ギマラス島ホワイトビーチ

    活動スケジュール


    午後
    3月8日
    (日)
    午前便で日本→マニラ到着、
    夕方イロイロ到着(*指定到着便)
    夕食歓迎会/自己紹介などシェアハウス宿泊
    3月9日
    (月)
    オリエンテーション/NGO&SDGs講座 / フィリピン文化紹介
    先住民族コミュニティ訪問 / 指輪作り体験 / イロイロ市内観光 / 最新モールシェアハウス宿泊
    3月10日(火)ごみ処理場コミュニティ訪問 / 家庭訪問&インタビュー / 制作体験
    学校でのSDGs授業準備 / フィリピンのトロピカル料理体験シェアハウス宿泊
    3月11日(水)農家支援の生チョコのお店へ / 生チョコ作り体験
    プレゼン発表 / 学校で児童にSDGsを教える活動シェアハウス宿泊
    3月12日(木)ギマラス島へ出発! / トラピスト修道院 / ホワイトビーチへ / 無人島スノーケリング /ビーチでバーベキューシェアハウス宿泊
    3月13日(金)イロイロ出発、午後便マニラ→日本帰国

    *3月8日(日)の指定到着便 フィリピン航空 PR2386 / PR2145 / PR2147

    それ以外のフライトでは別途ピックアップ費用(1,200円)発生いたします。





    ★募集概要★

    ここが面白い!5つの活動ポイント!

    このツアーは、現地のユースボランティアが一緒に行動します。彼らと一緒に下記の活動を行い、最終日にグループで活動のアウトプット(プレゼン発表会)を行います。



    ①フェアトレード生産者訪問(製作体験)

    予定している訪問先は、●最貧困層の先住民族コミュニティ(伝統的な指輪作り)

    ●ごみ処理場のアップサイクル生産者(バッグやアクセサリー作り)●農家支援の社会起業家女性(カカオから生チョコ作り)となります。



    ②学校で児童にSDGsを教える活動

    フィリピンの教育現場を訪問し、子ども達にSDGsを教え、一緒に考える活動です。教えることで学びが深まります。ゲームなどを通して楽しく交流しましょう!子ども達も日本人と交流できることをとても楽しみにしています。



    ③フィリピンのトロピカル料理体験

    フィリピンの有名な料理といえば?アドボやレチョン?トロピカルなスイーツにも挑戦しよう!実際にローカルな市場に出かけて材料選びから。現地ボランティアと一緒に作ります。



    ④プレゼン発表会

    1~3までの体験が終わったら、最終日にオープンフォーラムで一緒に研修を振り返り、プレゼンを発表します。英語での発表となりますが、苦手な方には日本人スタッフがサポートできます。



    ⑤市内観光&ギマラス島へ

    もちろん学ぶだけじゃなく、イロイロ市内を散策してスペイン・アメリカ・日本統治の面影に触れたり、大自然あふれるギマラス島に遊びに行きます。みなで研修の疲れを癒しましょ。



     - - - -- - - -- - - -- - - -- - - -- - - -- - - -- - - -

    フェアトレード&エシカルツアーでフィリピンの状況を把握した後、語学学校でしっかり英語を学びたい方は、イロイロ市の学校機関Green International Technical College(GITC)をお勧めします。


    ●LOOB1週間+GITC2週間 2020年3月8日(日)~3月28日(土)
    ●LOOB1週間+GITC3週間 2020年3月8日(日)~4月4日(土)


    こちらについてもお気軽にお問い合わせください。


    • 9f6f7dd721-20190904_Day3_191007_0022.jpg

      教育格差について学び、子ども達と交流

    • 4b90ba5733-201993_Day2_191015_0096.jpg

      座学もしっかり

    • 456c8a2c00-201993_Day2_191015_0145.jpg

      生産者とおしゃべりしながら制作中

    • f7167188e1-201995_Day4_191015_0058.jpg

      カカオ農家を支援する女性起業家

    • 9ba8ac45a4-201996_DAY5_191007_0004.jpg

      エシカルなライフスタイルとは?

    • f087c50cf5-20190904_Day3_191015_0014.jpg

      教育格差について学び、子ども達と交流

    • a8149b9382-20190904_Day3_191015_0096.jpg

      ごみから生まれ変わったポップな小物たち

    • 8cd13212db-20190904_Day3_191015_0106.jpg

      ごみから生まれた学校のリサイクルコーナー

    • 29706fd1b5-20190904_Day3_191007_0124.jpg

      貧困から脱却するためのモノづくり

    体験談・雰囲気

    この海外プログラムの体験談

    規模は小さいながらも「フェアトレード」の現場(生産側、購入側)を自分の目で見れ、また直接話しをすることができ、本当に良かった。


    LOOBはフィリピンのことを考えている団体だと思った。

    この海外プログラムの雰囲気

    世界を変えたいという熱意を持っている人が多い。運営側のLOOBは、参加者の意向をしっかり理解して、運営してくれていた。(A. T氏)

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    関連大学
    • 旭川
    • 慶應義塾
    • 上智
    • 千葉経済
    • 中央
    • 早稲田
    男女比

    男性:20%、女性:80%

    • 51f03f882c-20190904_Day3_191015_0117.jpg

      現地NGO LOOBユーススタッフが運営しています。

    • d0df67543e-201995_Day4_191008_0122.jpg

      フェアトレードに興味のある人・大募集!

    法人情報

    Articles c67f104ba9 sdgs
    Square small 4fc5409487 1 author image 58user

    特定非営利活動法人LOOB JAPAN

    “Shaping a sustanable future thru empowering youth”
    代表者

    小林 幸恵

    設立年

    2001年

    法人格

    NPO法人

    LOOB JAPANの法人活動理念

    本会は、(1)日本とフィリピンの子ども、青少年および一般社会人が、文化的かつ教育的な人的交流を通じ、国籍、年齢、性別、肌の色、信条を超えて相互理解と友好親善を深めるとともに、(2)フィリピンの低所得者層を対象としたコミュニティ開発、教育・医療支援、環境保護、自立支援などの支援活動を推進し、奉仕精神を育て、地域の発展に寄与することを目的とする。

    LOOB JAPANの法人活動内容

    (1) 途上国における地域協力・国際協力事業(国際ワークキャンプ/生計支援事業)

    (2) 途上国の子ども達への教育・医療支援事業(教育サポート/医療サポート)

    (3) 途上国の困難な状況にある地域・世帯への物資支援事業(物資・衣類寄贈/災害支援)

    (4) 国際理解・青少年育成事業(英語研修&ソーシャルアクション/スタディツアー)

    (5) その他目的を達成するための必要な事業(1~4のための募金活動/説明会/広報活動)

    活動実績

    2001年

    2001年06月

    現代表が大学在学中の1995年に名古屋YMCAが主催するフィリピンワークキャンプに参加。青少年の健全な成長が世界から貧困と戦争を減らす最良の手段と信じ、1998年にマニラに単身渡航。その後、NGOや日系企業での経験を経て、2001年春にフィリピンYMCAの元メンバーと共にNGO LOOB Inc.を設立。

    2001年08月

    第1回スタディツアーで日本全国から14名のボランティアを集め、コミュニティワークや農村ホームステイを成功させた。同年教育サポート事業スタート(10名からスタート)

    2006年

    2006年

    英語研修&ソーシャルアクションプログラム(ESAP)事業開始

    2007年

    2007年04月

    ノンフォーマル教育である「週末子ども英語アクティビティ (WeKEA)」をイロイロ市周辺で開始。

    2009年

    2009年01月

    第2回かめのり賞(2009年1月9日授賞式)

    2014年

    2014年08月

    日本でも東京都に特定非営利活動(NPO)法人LOOB JAPANとして登記完了。

    2016年

    2016年10月

    グローバルフェスタ 外務省写真展『NGO部門最優秀賞』受賞(2016年度)

    2018年

    2018年

    環境省グッドライフアワード『サステナブルデザイン賞』受賞(2018年度)

    2018年12月

    フィリピンで受け入れた日本人ボランティア数は2,300人、フィリピン人ボランティアを入れると3,600人に上る。

    2019年

    2019年08月

    フィリピン・イロイロ市大学機関であるGreen International Technical College(GITC)および株式会社With The Worldと提携し、SDGsアカデミーを企画・創設

    LOOB JAPANのボランティア募集

    LOOB JAPANの職員・バイト募集