1. 【オンライン可】しんどさを抱える高校生にプログラミング学習支援を行う仲間募集!

    更新日:2020/07/04

    【オンライン可】しんどさを抱える高校生にプログラミング学習支援を行う仲間募集!

    NPO法人CLACK
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    0955b1dc1f-member_children_recruiting_73451_main.png

    経済的・環境的に困難を抱える高校生に大阪の西中島南方にて、継続的なプログラミング教育、キャリア教育の機会を提供し、将来の選択肢を広げ、自分自身で自分の人生を切り拓いて行けるように伴走します。

    活動テーマ
    • 教育格差
    • 不登校
    • チャイルド・プア
    • 経済格差
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • 大阪
    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

    活動頻度

    週4〜5回

    週2回以上で関われる方を募集します。(リモート作業も可)

    募集対象

    大学生、社会人
    しんどさを抱える高校生に寄り添っていける人

    注目ポイント
    • 未経験からプログラミングで案件を行えるようになるまでの伴走支援
    • 様々な困難な背景を持った高校生に継続的に関わる
    • 地域の企業・学校・NPOとの連携
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    5名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作
    • マーケティング/SNS運用

    募集詳細

    ◇ プログラミング講師
    HTML/CSS、Ruby から Ruby on Railsを用いたWebアプリ作成までのサポート。

    基本はProgateというオンラインの教材で自習形式で行い、わからないところを質問してもらうというスタイルです。
    実際に、Progate以外にローカル環境でのサイト模写やWebサービスを作ったりもするので、周辺知識もあると嬉しいです。

    ◇ キャリア教育の企画・運営

    ・ロールモデルセッション:様々な生き方・働き方をしている社会人・大学生を招いて、将来の選択肢を広げるための機会提供。どんな方を呼ぶか、どういった内容を話してもらうかなどを企画・運営します。
    ・自己分析ワーク:高校生が自分自身の過去・現在・将来について考えるためのワークショップの企画・運営をします。

    ・お金や自立して生活していくのに必要な知識のワークショップ:一人暮らしにかかる費用や奨学金などといったお金の話から基本的な生活習慣の話や質問のコツといった社会生活をおくっていく中で必要な知識などを知るためのワークショップの企画・運営をします。


    ◇ 広報・ファンドレイジング
    上記のCLACKの活動をSNSやWebサイト、ブログ記事やプレスリリースによる活動内容の発信と資金調達。

    ◇ アンバサダー
    広報などのオンライン活動やイベントへの参加。

    このほか、事業戦略や学校・企業連携など、やる気次第でさまざまな業務に携わることができます。

    これらの活動を通して、子どもたちだけでなく関わるメンバーも成長·自己実現できるような組織でありたいと考えています。

    現在15名ほどのメンバーで活動していて、社会人・大学生の比率はちょうど半々くらいです。




    子どもたちが生まれ育った環境に関係なく、希望を持ち、わくわくして生きていける社会の実現に向けて、一緒に楽しんで活動していく仲間をお待ちしています。


    「将来に希望が見えない」「やりたいことが見つからない」「これから何をすればいいのか分からない」

    こういった声を高校生の口からよく耳にします。
    特に経済的に困難な状況の高校生ほど、この傾向は強いと感じています。
    どうすればこの子たちが将来に希望を持ち、もっとワクワクして生きていけるのか。

    様々な選択肢を知った上で、自分自身の意思で前向きな進路選択を出来るのか。 そういった考え方・実行の仕方を半年間のプログラミング教育・キャリア教育を通じて、 高校生に身につけていってもらいます。

    CLACKと一緒に高校生の将来の可能性を引き出す伴走をしていきませんか。


    現段階でプログラミングの技術・指導力に自信がなくても、しんどい状況の高校生の力になりたいという想いさえあれば大丈夫です。

    ほぼプログラミング初心者でも100時間以上の研修(社会人のエンジニアによるフォロー有)と子どもへの接し方やファシリテーションなどをしっかり学んでもらえば、あなた自身も成長しつつ、生徒の力になれるはずです。


    CLACKは生徒だけじゃなく、関わるメンバー全員が成長や自己実現をできるような組織でありたいと思っています。

    (とはいえ、生徒の人生に大きな影響を与える立場でもあるので、中途半端で投げ出さないという強い気持ちは持ってもらいたいです)

    一緒に楽しみながら高校生の人生を変えるきっかけとなるような伴走をしていきませんか。

    • cf6bfc88d6-20190915_115314.jpg
    • edb9466e1a-member_children_recruiting_73451_sub1.jpg

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    メンバーの声

    CLACK運営voice1

    私はCLACKが目指す社会や、「生まれ育った環境に関係なく子供が将来に希望を持ちワクワクしていける社会」や、目の前の子供の可能性に向き合い、活動していくメンバーに惹かれ、携わりました。

    CLACKが目指していく社会を作っていけるために、活動や想いを発信したいと思っています。

    一人一人の思いや応援が大きな力になっていることを日々実感します。


    プログラミング講師voice2

    僕は高校生のときに大学生や社会人の話をほとんど聞くことなく大学に進学しました。

    その結果的に大学とのミスマッチが起きています。

    選択肢が見えていないがために選択を誤ってしまう。そんな高校生を減らしたいと思ってCLACKに携わっています。

    また、プログラミングを通して選択肢を広げるだけでなく、実現の手段まで提供できればと考えています。

    生徒らの成長を見て、日々充実感を覚えています。


    キャリア教育企画voice3

    わたし自身高校生の時に、会える人が限られていることにとても窮屈さを感じていました。

    似たような境遇にいる人たちの助けになれたらと思い、CLACKに携わっています。

    ここに来る高校生は多くの一歩進んでいる人に会えること・環境を提供していけるように意識しています。

    実際に100のやりたいことリストなどを作成し、今の自分の欲求を深掘りしたり、20代の起業家たちとのイベントを通して、 生徒の将来のやりたいことへのモチベーションの変化を見ることができました。

    このボランティアの雰囲気

    基本的に学校や一般的な学習塾と違って、飲食や自分の好きなタイミングでの休憩なども講師・生徒含め(他の人のプログラミング学習の妨げにならない限り)自由です。

    講師も生徒もあまり隔たりなく1人の人間として関わりあっています。

    黙々とプログラミングに取り組んでいます。

    事務所で最新のVR体験をする生徒

    特徴
    • 学校終わりから参加
    • 資格・スキルを活かせる
    • 交通費支給
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:60%、女性:40%

    法人情報

    “好きを引き出し、安心して挑戦できるように伴走する”
    代表者

    平井大輝

    設立年

    2018年

    法人格

    NPO法人

    CLACKの法人活動理念

    「生まれ育った環境に関係なく、子どもが将来に希望を持ち、わくわくして生きていける社会」の実現

    CLACKの法人活動内容

    経済的・環境的にしんどさを抱える高校生への

    ・プログラミング学習支援

    ・キャリア教育

    の無料・継続的な提供


    活動実績

    2018年
    任意団体として活動スタート

    2018年06月

    クラウドファンディングを実施し、180万円集める

    2018年09月

    1期生10名に対し、半年間の対面でのプログラミング学習機会の提供開始

    2018年10月

    2019年
    1期生修了&NPO法人化完了

    2019年03月

    2期生15名に対し、半年間の対面でのプログラミング学習機会の提供開始

    2019年05月

    2期生修了&3期生受け入れに向けて準備開始

    2019年12月

    CLACKのボランティア募集

    CLACKの職員・バイト募集