こちらの海外プログラムは募集が終了しています。

  1. 【カンボジア】教育支援NGOリアル体験スタディツアー※無料空港ピックアップあり

    更新日:2019/03/23

    【カンボジア】教育支援NGOリアル体験スタディツアー※無料空港ピックアップあり

    一般社団法人CBB
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    d78926af0f-florian-hahn-364844-unsplash.jpg

    経済成長の続くカンボジア。

    一方の取り残される農村の人々。

    そこでフリースクール運営に奮闘するカンボジア人たち。

    そんな彼らのお手伝いをしながら「リアルなカンボジア」を一緒に体験しましょう。

    活動テーマ
    • 国際交流
    • 自立支援
    • 教育格差
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • カンボジア プノンペン (地図)
    必要経費
    • 59,000〜94,000円

    ※航空券別途4万円~7万円
    ※現地集合/解散のため航空券は各自取得になります。
    ※申し込み後、オススメの航空券を丁寧に紹介いたします。

    活動日程

    全日程「8泊9日」です。

    航空券取得は参加1か月以上前を目安にお申込みください。

    募集対象

    ◆日常での生活で何か物足りない人

    ◆将来やりたいことが見つからない人

    ◆海外で挑戦してみたい人

    ※過去の殆どの参加者はお一人での申し込みです。
    ※大学生以外でも参加可能です
    ※英語が苦手な方でも参加可能です。

    注目ポイント
    • 村で頑張る若者と一緒にスクール運営を経験できる
    • 観光地でない村の子どもと触れ合える
    • 現地の大学生と自然に交流できる
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    30名

    関連スキル
    • ライティング

    募集詳細

    国際協力NGO CBB主催スタディツアー!

    こんな方対象のスタツアです。


    ◆日常生活でどこか物足りない


    ◆将来やりたいことが見つからない人


    ◆海外で挑戦してみたい人


    ※LINEのプライバシー設定「IDによる友だち追加許可」等の関係でLINE IDが検索できない事例が多くございます。申し込み後3日以内弊団体より連絡がない場合は、メールのご確認をお願い致します。



    なぜカンボジアなのか。

    年7%成長を続け経済フロンティアとしても注目されるカンボジア。


    一方の経済成長から取り残される農村の人々。


    貧困学生たち。


    そんな彼らのリアルと向き合うスタツアです。



    スタディツアー概要

    ◆費用:69000円

     含まれる費用:現地交通費、宿泊費、観光費、農村食費、通訳人件費、農村訪問費、農村ホームステイ費

     参加1か月前までに楽天銀行法人口座までお振込みください。


    ◆募集人数:計30名


    ◆日程:8泊9日(無料空港ピックアップあり)

    ◆主なプログラム:初日研修、プノンペンにて大学生交流、ポルポト関連観光地訪問、農村ホームステイ、フリースクールでの授業体験、先生とのディスカッション、村散策、アンコールワット訪問


    • 4e465462c4-4.jpg

      フリースクール

    • defcf809da-jeshoots-com-722888-unsplash.jpg

      無料空港ピックアップあり

    体験談・雰囲気

    この海外プログラムの体験談

    カンボジアの子供たちと触れ合えたことがすごく嬉しかったです!

    無邪気な笑顔で近寄って来てくれたり名前を呼んでくれたりする子供たちが本当に可愛かったです。

    (23歳女性)



    初めて会った子達でもフレンドリーにこんにちはって言ってくれたり、あなたの名前は?私の名前は〜って自己紹介もしてくれて本当に人懐っこくて可愛いと思ったし、すごく積極的に日本語を使っていて身になっているんだなと思いました。

    (20歳女性)



    スタツアは私にとって沢山のことを学んで感じて考えて、たくさんの人と出会えてハッピーかつ貴重な2週間でした!ほんとに参加してよかったです。

    (20歳女性)

    この海外プログラムの雰囲気

    日本人と接するようにカンボジア人と接する、そんな真摯な雰囲気です。


    一人参加の方が多く、テンションの高すぎず低すぎない、そんな空間です。

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 真面目・本気
    関連大学
    • 愛知教育
    • 北九州市立
    • 成蹊
    • 同志社
    • 東洋
    • 日本
    • 広島
    • 法政
    • 北海道
    • 山形
    • 立教
    • 立命館
    • 早稲田
    男女比

    男性:30%、女性:70%

    • d9868916b7-humphrey-muleba-775493-unsplash.jpg

      プノンペンの様子

    • 0810810f17-cbb_photo.jpg

      フリースクール

    法人情報

    “全ての子ども達に教育へのフリーなアクセスを”
    代表者

    高橋昌祐樹

    設立年

    2011年

    法人格

    一般社団法人

    団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

    CBBの法人活動理念

    すべての子供たちに教育へのフリーなアクセスを

    CBBの法人活動内容


    自転車支援


    貧困で自転車が買えない、距離が遠くて学校に通えない子どもたち。


    そんな子どもたちに自転車支援を行い、登校時間の短縮で家事と学業の両立を可能にしてより多くの子が退学せずに学び続けられる環境を整えています。


    自転車支援は2011年から始まり現在では289名の子どもたちに自転車を提供しました。



    大学進学支援


    貧困の高校生を対象に、一次選考をCBBが、二次選考を大学側が行い奨学金を提供しています。


    奨学金を提供するだけでなく雇用創出プロジェクトを実施し、お金がない子でも進学できるように仕組みを作っています。



    CBBスクール


    語学の習得の有無で所得が変わるカンボジアで日本語、英語の語学力を身につけ、生活の糧にしてもらおうと願い開校したフリースクールです。


    詰め込み型の授業のみではなく、文化紹介や歌などの情操教育、スピーチなどの発信を大切にする授業を通して考える力を身につけ、自身で未来を切り開ける学生を育てたいと考えています。


    住み込みで学生を育て、教師を務めたりスクールのマネジメントを担当したり社会に出て必要な力を身につけられるような人財育成にも力を入れています。


    活動実績

    2011年
    CBB設立

    2011年

    CBB設立

    学校までの距離が遠い子への自転車支援を開始

    2013年
    プノンペン事務所開設

    2013年

    ローカルオフィスをオープン

    大学進学支援を開始

    2014年
    累計支援者数300名突破

    2014年

    貧しい子供300名に自転車支援

    2015年
    CBBスクールオープン

    2015年

    CBBスクールを地方の街にオープン

    2016年
    村でフリースクール開設

    2016年

    拠点を村に移転

    2017年
    オンラインスクールを開校

    2017年

    CBBスクールオンラインを開始

    2018年
    ミャンマー・ラオスへ

    2018年

    調査のため2カ国へ

    2019年
    退学した子供向け「住み込みプロジェクト」開始

    2019年

    退学した子供たちが復学出来るように支援開始

    CBBのボランティア募集

    CBBの寄付募集

    CBBの職員・バイト募集