こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 平成30年7月豪雨ボランティア第4陣(新神戸集合解散/1泊2日)

    更新日:2018/08/18

    平成30年7月豪雨ボランティア第4陣(新神戸集合解散/1泊2日)

    日本財団学生ボランティアセンター + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    28ca27b4b1-singly_disaster_recruiting_70941_main.jpg

    7月6日~7月8日にかけての豪雨により被害に遭われたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。
    Gakuvoでは、情報収集と現地での受け入れ調整を行い、学生をボランティア活動に派遣します。

    活動テーマ
    • 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)
    活動場所
    • 広島
    必要経費

    無料

    Gakuvo支援金 1,000円
    ボランティア保険(各自加入)
    食事代、銭湯代

    活動日程

    06:30 新神戸駅近辺集合 (詳細な集合場所については申込み者の方にご連絡します)
    07:13 新幹線で三原駅へ出発
    08:55 三原駅着
    09:00 マイクロバスで竹原市へ出発、バス内にてオリエンテーション(後半)
    10:00 活動現場着、活動開始
    16:00 活動終了
    16:30 入浴、食事
    18:30 振り返り
    22:00 就寝

    =2日目=
    08:00 出発
    09:00 活動現場着、活動開始
    14:00 活動終了
    14:30 入浴
    15:30 振り返り
    16:15 出発
    17:10 三原駅着
    17:24 新幹線で新神戸駅へ出発
    19:59 新神戸駅着
    20:10 新神戸駅近辺解散

    募集対象

    お申込みは、下記からお願いいたします。(ACTiVOからはできません)

    ・心身ともに健康な20歳以上の男女大学生
    (未成年の方は、ご両親の承諾を得てからの参加をお願いいたします。)
    ・被災者の方の立場にたって、力になりたいという気持ちを持つ方
    ・高い意識をもって参加できる方
    ・居住地の社会福祉協議会でボランティア保険天災プラン(最高補償額のもの)に加入していただける方
    ※各自治体によって補償額や補償内容が異なります。必ず確認し、自己の責任において加入をお願いいたします。

    注目ポイント
    • 平成30年7月豪雨被災地での活動
    対象身分/年齢
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    20名

    募集詳細

    2018年7月6日から7月8日にかけて、発達した低気圧の影響を受けて、西日本の広い範囲を中心として記録的な豪雨となり、各地に土砂災害や洪水などによる被害をもたらしました。特に広島県・岡山県・愛媛県においては、甚大な人的被害や住家被害をもたらしました。

    その後の記録的な猛暑により、平成30年7月豪雨の被災地域でのボランティアの活動時間は限られたものとなっています。

    ただでさえボランティア不足が叫ばれる被災地。

    被災地では今なお、多くの力が求められています。

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える

    法人情報

    Usersmainimg
    Avatar

    日本財団学生ボランティアセンター

    ※ 公益とは、公益目的事業 を主たる事業として実施しており、その公益性を認められた団体です。

    代表者

    小宮山宏

    設立年

    2010年

    法人格

    公益財団法人

    日本財団学生ボランティアセンターの法人活動理念

    日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)は、学生ボランティアの育成を目的に設立されました。チーム「ながぐつ」プロジェクトとして、東日本大震災の被災地へ数多くの学生ボランティアを派遣するほか、様々な取り組みを行っております。

    日本財団学生ボランティアセンターの法人活動内容

    ・チーム「ながぐつ」プロジェクト運営

    ・各種イベントの開催(セミナー、講座など)

    ・学生ボランティア団体向け基金-Gakuvo Style Fund-

    日本財団学生ボランティアセンターのボランティア募集

    日本財団学生ボランティアセンターの職員・バイト募集